王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

20
Tue
2014

LIFE with CAT@奈義町文化センター

CATEGORYその他
先週の木曜日5月15日、カン太ママの四十九日でした。

仏教発祥の地インドでは、この四十九日を「元の生」から「次の生」への中間、準備期間とし、
日本では、この世からあの世である浄土を目指しての審判の期間とされ、
四十九日後、仏になるとされているようです、宗派によっても違うのでしょうが。
審判期間でも仏になってからも、魂は時空を自由に行き来できるようですから、
ふと思い出したり何か感じたりする時には、すぐそばにいる・・・ということらしいですよ。^ ^

先月の4月28日、カン太ママの一回目の月命日の日に、
ご霊前にお参りにご実家にうかがってきました。
ちょうどカン太ママの生まれ故郷で、彼女の同級生有志によって企画された
写真家haruの写真展「LIFE with CAT」が開催中ということもあって
それを観ることもかねていたのですが、
間の悪いことに、28日は文化センターそのものの休館日、あとで判明。( ´△`)

が、なんと! ご家族がお願いしてくださったのでしょう、
わざわざ開けてくださったのです。

140520_LwC_nagi0.jpg
写真展サインも、同級生の手によるもの。

文化センター入ってすぐの空間が、写真展会場となっていて、

140520_CwL_nagi2.jpg
右側も広々とした吹き抜けの明るいロビー空間なのですが、
休館日だったので消灯、天気もあいにくの雨だったために、少し暗くなっています。

140520_LwC_nagi3.jpg

140520_LwC_nagi4.jpg

岡山クレドで開催した『LIFE with CAT』の時の写真は全て展示。
ディスプレイもすべて同級生が。

140520_LwC_nagi5.jpg
140520_LwC_nagi6.jpg
140520_LwC_nagi7.jpg
140520_LwC_nagi8.jpg
展示の順番は、会場にあわせて、写真の意図を考えながら変更したとのこと。

来場者メッセージノート。
140520_LwC_nagi9.jpg
この表紙と裏表紙のかんちんイラストも、同級生の手によるもの。かわいい。
140520_LwC_nagi10.jpg

クレドで開催した個展と今回の写真展に関する記事の一部。
140520_LwC_nagi11.jpg
このほかにも掲載され、追加取材も受けられたとか。
140520_LwC_nagi12.jpg
案内チラシやカードも、もちろん同級生有志によるもの。


140520_LwC_nagi13.jpg

同級生たちにも深く愛されていたカン太ママをあらためて強く感じられた
とってもあったかで優しい写真展でした。

この日は平日だったこともあって、ここの町役場で働いてらっしゃる同級生に
学生時代のカン太ママについて、少しお話を聞くことができました。

中学時代のカン太ママの印象はというと、
バスケットで華麗にシュートを決める姿がとてもかっこよくて、
優秀でスポーツ万能でとってもステキな女性、とのことでしたよ。


この日はあいにくの雨で、私ひとりでうかがったということもあって、
お昼の津山駅到着から夕方おいとましての津山駅まで、
お母さまと妹さんに、ずっとアテンドしていただきました。

彼女の卒業した中学や高校(稲葉浩志の後輩にあたるんだそう)の近くを通りながら
その当時の話をお聞きしたり、よく一緒に食事にいったという中華レストランで
お気に入りメニューから好みについてのあれやこれやについて話したり、
ご自宅にうかがってからは、写真を拝見しながら彼女のたくさんの
想い出のエピソードをうかがって・・・

そして、カン太とさくらちゃんに会って、抱っこ!
あの幻猫とまで言われていたカンチンが、抱っこさせてくれるなんて。( ´▽`)
私にとって初めてのロシアンブルー抱っこが、カンチンとさくらちゃんに。

お庭の彼女の誕生記念樹を眺めつつ、帰り際には、点ちゃんにもご挨拶。

なのに、写真、まったくなし。( ´△`)

5時間もご一緒していたのに、逆に話し込んでしまっていたせいで、
写真を撮るという意識がまったく吹っ飛んでました。
おいとまする直前に、写真撮ってないことに気がついたのだけれど、
うっかり電車1本乗り過ごしてたりしていて焦り気味で
なんかこう、慌てて撮るという気にもなれなくて。


既にご覧の方も多いと思いますが、元気なカン太とさくらちゃんの写真は、
5月7日にお参りに行かれたまろにゃんさんねこのおかんさん
しっかり撮ってくれてますので、そちらでご覧くださいね。(^-^;)


140520_kin.jpg
金四郎「ほんま、最近とみに写真撮らんようになってるし」

140520_vive.jpg
ビブ子「撮っても、芋虫金四郎やら、逆光でこんなんやし」

ええの。ちゃんと見たもの・聞いたもの・感じたものは、
脳と胸の中に、しっかりと刻まれてるから。(のはず^^;)

小さい時からついこないだまでのカン太ママにまつわるエピソードをうかがって、
彼女の、人を惹きつけてやまない愛される人柄をあらためて強く感じつつ、
その寄ってたつところを深く知ることができた一日でした。


はるちゃん、近くにきたらまた知らせてね〜 ( ´艸`)



himeojigi.gif にゃんきんぐににゃんにゃちゅう〜 =^. .^=
    
            =^. .^= オーエン アリガトニャ~





♥♥里親さん、絶賛募集中♥♥
kuni_mikekiji_banner.jpg
クニさんのお知り合いが保護された
めっちゃかわいいきじトラと三毛の子猫です。(関西)
詳細は、写真をクリック!



**里親さん・一時預かりさん募集中**

かわいい子揃いですよ。ヨロシクです。( ´艸`)
関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

やらいちょう  

本当に夢中になっている時は
写真を撮ることなど頭から消えてますからね。
素晴らしいひとときだったじゃないですか。
ぱんとらさんだけでなく
ご家族にとっても嬉しいひとときだったのでは?
スポーツ万能だったんですね。
あの超癒し系からはちょっと想像できないかも。
あ、天国からシュートが飛んでくるかもですねww

2014/05/20 (Tue) 07:07 | EDIT | REPLY |   

Gavi  

ステキな展示会に会場の方も素敵にご配慮だったんですね^^
会場のお花からも、カン太ママおねえちゃん、みんなから愛されてるのがよぉく分かるよ。
お写真、おねえもアタシのお写真だけだよぉ (* ̄m ̄)ウフッ
ステキなひと時よかったのにゃ。

2014/05/20 (Tue) 09:54 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

じっくり長いこと話を伺えたのね。
カン太ママがカン太ママである一部を垣間見て
納得したでしょ?
私もそうだった。
本当に素敵なお母さんと妹ちゃん。
エピソードも多かったお父さんにも実際に逢えてたらとも思った。

「言わんとってー」 「もっとはるこさらいい話もあるぞ」なんて
同席していて言っていたに違いないけど。

今では涙より、笑顔でいろんな事を思い出せる。
本当に素敵なカン太ママ♡

2014/05/20 (Tue) 13:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/20 (Tue) 15:50 | EDIT | REPLY |   

Kotora  

うんうん、むしろ夢中になってると写真撮るの忘れちゃいますよね。
それよりなによりお話!ですよね。
カン太ママ、ドイツにも来てくれるかな~?

2014/05/21 (Wed) 02:49 | EDIT | REPLY |   

みろく  

ときの流れは はやいものですね。
かんたママさんは 生きた証をたくさんの人の心に残していかれましたね。

2014/05/21 (Wed) 09:16 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  


写真のひとつひとつは見えなくても、その透明感とみずみずしさが伝わってきます。
ほんとにたくさんの人から愛された、そして今でも愛され続けてるカン太ママさんですね。

関係ないんだけど...........ワシの仲良しのギタリスト、3月に初めての子供が生まれ(男の子)、その子の名前が『かんた』くんって言うんです。(^^)

2014/05/21 (Wed) 12:23 | EDIT | REPLY |   

ANKO  

カン太ママさんは存じ上げていなかったけど素敵な方だったのね。
何かを残せる生き方。私もそうありたいと。

2014/05/21 (Wed) 12:29 | EDIT | REPLY |   

■管理人です  

やらいちょうさん
しゃべり方や雰囲気は超癒し系だけど、内面的には正義感強くてはっきり意見も言うまっすぐな人だったでしょう、
実際、中学時代、その学校初の女子生徒会長に立候補して選出されたんだって。
それまでは生徒会長は男子と決まってたらしく、それっておかしい・・・と思って立候補。
その時の演説が評判にもなったらしい。とにかく行動的でもあったんだね。( ´艸`)

Gaviちゃん
うん、ほんと町ぐるみで愛されてる感じでした。そういうことってそうあることじゃないよねぇ・・・
おねえちゃんは、Gaviちゃんの写真撮ってくれてるんだから、それで十分よ。( ´艸`)
ワタシは、うちのにゃんずの写真すら撮ってないから、最近カメラから遠ざかったからか、
レンズ向けると逃げられちゃうんよー。( ̄∀ ̄||)

2014/05/21 (Wed) 16:08 | EDIT | REPLY |   

■管理人です  

まろにゃんさん
さすが。まさに「おかーさんそこまで言わんでいいやん」って言ってるかもね〜と話してたんですよ。
そうね、おっとり雰囲気はお父さま似なのかもね。
私は、ブログとメールと少々の電話のおつき合いだけだったけれど、
これほど心を強く動かされ深く揺さぶられる女性ってちょっといない。
まろにゃんさんはつきあいも長くて仲良かったから、ほんといろいろ思い出されるだろうね。

鍵コメさん
わざわざご丁寧にありがとうございます。あらためてメールしますね。

2014/05/21 (Wed) 17:42 | EDIT | REPLY |   

■管理人です  

Kotoraさん
きっとドイツにも飛んでってるよ〜。( ´艸`)
ドイツ便、来週末までには送るね〜〜。

みろくさん
病院でも婦長さんにアイドル並みだと驚かれてたそうです、プレゼントの数がはんぱなくて。( ´艸`)
ほんとにそうですね。でもやっぱり若すぎる、生きた証を残すには・・・

とろろ姉さん
写真のひとつひとつが見えなくてごめんねー。(笑) <そういう意味じゃないことわかっとるけどね。^^;
かんたくん!元気な良い子に育つんだよ〜。( ´▽`)

ANKOさん
そう、何かを残す生き方ではなく、残せる生き方。そう簡単なことじゃないですよね。
彼女は、やわらかで明るくて優しくて・・・というはもちろんだけど、
何より人として誠実で、信頼できる女性でした。 

2014/05/21 (Wed) 18:03 | EDIT | REPLY |   

Kotora  

ありがとうございます!
楽しみにしてます~!

2014/05/22 (Thu) 02:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment