王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

03
Sat
2015

新年早々悲しい報せ

あけましておめでとうございます。

昨年大晦日の夕方から既に酒浸りだった管理人、
元旦も鯨飲馬食でネットにもアクセスせずに爆睡、
2日の朝、そろそろいただいたコメントへのお返事と
みなさんのところに新年の挨拶回りを・・・と思った矢先、
カリの保護主でもある親友から電話が。


太郎が急死した・・・と。


太郎というのは、カリの兄貴で、
外猫時代ケンカ太郎と呼ばれ、数々の武勇伝をもつコワモテくん。
エイズキャリアながら、元気に過ごしていたから、
一瞬、友人が何を言ってるのかにわかに理解できず。
同居のエキゾチックショートヘアのピオは心臓病で
今も通院しているから、ピオのまちがいじゃ?と正直頭を過ぎったのだけれど。


ことの経緯はというと。

2日の朝、友人が寝ている寝室の隣の部屋から、
大きな叫び声?のような雄叫びが2度ほど聞こえ、
その声で目覚めた友人。何事?と異変を感じたところに、
その鳴き声の主である太郎、隣室から走ってきて友人のベッドの中に潜り込んだ、
と同時に、失禁。
そして、そのまま動かなくなったと・・・

パニクる友人、かかりつけの動物病院に連絡するも正月休み、
とりあえず、人工呼吸みたいなことや心臓マッサージなどネットで検索しながら施したが、
もうぴくりとも動かない・・・

しばらくして、動物病院からコールバック、
心臓病でピオが診てもらっていたから、慌てて連絡してくださったんでしょう、
蘇生することは無理だろうけれど、とりあえず動物病院へ。

解剖するわけでもないから正確な死因は特定できないけれど、
おそらく、血栓 による突然死であろうと。
猫の突然死のほとんどが、血栓によるものらしい。

昨日まで元気に走り回っていた太郎、
去年の12月には健康診断もして、問題なしのお墨付きをもらっていたのに、
あまりに突然のお別れ・・・

コワモテなのにものすごい甘えん坊だった太郎だから、
雄叫びをあげたあと、友人の寝るベッドの中に飛び込んできたのは、
きっと、かーちゃんなんとかして!という思いからだったんじゃ・・・

友人にとってもベッドの中でちゃんと最期を看取れたのが、せめてもの救いかも。
苦しんだ様子のない、とても穏やかな顔でした。

今日もこれから友人宅で弔い酒です。
荼毘に付すのは明日。


150103_taro.jpg
太郎「新年早々お騒がせしてすまんにゃ。これから虹の橋先輩のカリに挨拶しに行ってくるけん」


太郎、享年12歳でした。


150103_karishogatu.jpg
帰省中のカリ「兄ちゃん憎まれっ子やのに、虹の橋に来るの早すぎるわ 」


2015年も、その日その時その一瞬まで、悔いのないよう大切に。


今年も、ロック・ビブ・金四郎ともども変わらぬお引き立てのほど、
何とぞよろしくおねがいします。


ご挨拶訪問が遅くなりそうです、ごめんにゃさい。




himeojigi.gif 2つのランキングに参加中です =^. .^=
 bn_mixtato.jpg 
         =^. .^= 応援ありがとにゃ〜

関連記事
スポンサーサイト

23 Comments

Chikaぽん  

明けましておめでとうございます。
ブロ友さんに新年のご挨拶周りをと最初に開けた姐さんのブログ・・・
悲しいお知らせに私も呆然としております。
血栓・・・太郎君の様子から察するに心臓に回っちゃったのかな。
苦しかっただろうね・・・最後にお母ちゃんの所に走ってきたって泣けたよ(ノд-。)クスン
今日は姐さんが来てくれてご友人もどんなに嬉しいか。
私もライたんの時に友人が駆けつけてくれて、凄い嬉しかったもん。
慰めの言葉よりも一緒にいてくれるってことがね。
太郎君のご冥福を心よりお祈りします。

2015/01/03 (Sat) 17:55 | EDIT | REPLY |   

kotora  

明けましておめでとうございます。

ああ…亡くなり方が小虎の時と似ている…。
小虎は心臓発作でしたが…。
人工呼吸を試みて病院へ…。小虎は一応蘇生してもらいましたが、あれは私への形だけのものだったのだなと…後から請求書を見てわかりましたが。
血栓とか発作はねえ…。
人工呼吸、私はその直前に動物病院で習っていたにもかかわらず、難しいですよ。素人にはしかも鼻小さいし…。(鼻からやれと教わった)
しかも同じ茶虎白さん。
ああ残念でしたねえ…。
ご冥福をお祈りいたします。

2015/01/04 (Sun) 00:10 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

突然死ですか・・・
正月早々悲しいですね。
血栓・・・
その鳴き声からしてかなり苦しかったのかな。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2015/01/04 (Sun) 08:39 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

あけましておめでとう。
やっとパソコン開いてどれどれ?と思ったら涙でた。
苦しさの中での行動にうるうる。
あちらとカリちゃんと再会の盃を酌み交わしてね。

2015/01/04 (Sun) 09:58 | EDIT | REPLY |   

矢羽  

言葉がうまく見つかりませんが・・・
苦しむ時間が短かったこと、おかあさんの腕の中でお空へ行けたこと
あるようでなかなかないことだと思います。
血栓、検診のときに見つけるつもりで検査しないとわからないと思うし
猫の血管疾患(血栓)はわんちゃんに比べて少ないようなので
猫の場合は腎臓や心臓に重点を置くのが普通ですものね。

太郎ちゃん、いまごろはカリちゃんと会って2人で虹の国をお散歩してるかな。
ご冥福をお祈りします。

2015/01/04 (Sun) 10:20 | EDIT | REPLY |   

nico.  

予想もしていない、愛猫との別れ・・・
世の中にはあまりに無情であまりに
辛い試練があるものですね・・・。
ご友人の立場を自分に置き換えると、辛くて
辛くてたまらない。
予想も兆候もなく、突然可愛い我が子を
失うなんて。

太郎くんのご冥福を心からお祈りします。
カリたんとも無事会えますように。そして、
特派員としてまたご友人の傍にちょくちょく
戻ってきてほしいですね。

2015/01/04 (Sun) 11:51 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃん  

余りに突然で、おかあさんも何が起こったのか分からなかったでしょうね。
お辛かったでしょうね。
病でなくすのも辛いのに、突然の別れは、あまりにも非情。
でも、おかあさんの胸の中で旅立つことができてよかった。

太郎くん、もうカリちゃんに逢えたかな。
太郎君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2015/01/04 (Sun) 14:18 | EDIT | REPLY |   

まかない  

突然のお別れはつらいですね。。。
飼い主さんの気持ちを察すると切なくて痛いです。
最後にベッドに飛び込んできてくれたのはせめてもの救いでしょうか。

太郎さんのご冥福をお祈り致します。
カリちゃん、スモちゃん、ビリちゃんと仲良く遊んでるかな。

2015/01/04 (Sun) 14:39 | EDIT | REPLY |   

なっぷ  

ああ

遅くなったけどカレンダーありがとー!
今年もよろしくデス!
と言いに来たら…
太郎ちゃん、突然ですか。龍たんと似てるなあ。うちも血栓だったのかな。鳴いたりしないで、走ってそのままバタリだったけど似てる。年も12歳だった
いつ旅立っても後悔のないように一緒にいるときを大切にせねばね。

2015/01/05 (Mon) 08:37 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/05 (Mon) 09:40 | EDIT | REPLY |   

めんまねえちゃん  

太郎さん. . .
おうちのひとのところに走ったんですね、最後。
なんか. . . 悲しい. . .
長く苦しんでないのはまだしもなのかもしれませんが、
会ったことがない子でもとても寂しいですね. . .

ゆっくり眠ってください。

なるとのときは人工呼吸、最初は成功したけど、
2回目はだめだったの、思い出しました. . .

2015/01/05 (Mon) 11:13 | EDIT | REPLY |   

みきぽん33  

突然のお別れ、お友達もなかなか受け入れられないお気持ちで
いらっしゃることでしょう
心からお悔やみ申し上げます。
ウチはマサがずっとコレステロールの数値が高いので
他人事とは思えません。

ご挨拶が大変遅くなりましたが
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました
今年も仲良くしてくださいね

2015/01/05 (Mon) 13:11 | EDIT | REPLY |   

pie  

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ほんと新年早々辛いお知らせでしたね。
12月には元気のお墨付きをもらっていたか。。。
本当にいつどうなるか分からないですね。
うちの奴らもついに二匹とも10歳を超えたので
これからもっと色々出てくるんだろうな。
心を強く持っていないとね。
リアムもおかげ様で通院終了しました。
カートはまだ時々吐きますが頻度は大分落ちてきてるので
このままゆっくりでいいので終息してくれればと思っています。

2015/01/05 (Mon) 16:23 | EDIT | REPLY |   

REI  

遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

辛いですね。 健康診断で問題なくても、こういう事もあるんですねえ・・。
うちの猫がとりあえず元気でいてくれるのは、一種の奇跡みたいなものかと、
いつも他のこういう事を見ると思います。
太郎さん、命を持って教えてくれたありがとう。
猫との時間を大切にしますね。
カリ皇太后とそちらの世界でブヒブヒ言わせて下さいね。

2015/01/05 (Mon) 18:36 | EDIT | REPLY |   

まりまお  

明けましておめでとうございます。
太郎君・・・突然だったんだね。
なぜ・・・って切なくなってしまうね。
飼い主様の心が少しずつ癒えますように。
今年も牛君とモジャ君とミケ姫の
賑やかなブログを楽しみにしています。
これからもどうぞ宜しく☆

2015/01/05 (Mon) 19:36 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

ほんと、なんて言ったらよいのか・・・。
飼い主さんのお気持ちを察すると胸が痛くなります。
血栓だったのですね・・。
健康診断でお墨付きをもらっていたのに・・・。
亡くなられたのが2日、カリさんと同じ2日の日ですね。
身を持って飼い主さんに知らせてくれた太郎くん・・せめて飼い主さんのそばで亡くなられたのが救い・・なのかな・・?
太郎くんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
今ごろ天国のカリちゃんと会えているのかな?

2015/01/05 (Mon) 19:59 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/05 (Mon) 20:07 | EDIT | REPLY |   

ぷ〜めぐ  

カレンダーありがとうございました。
招き猫ちゃんと一緒に本棚に飾ってます。

ご友人の猫さん、健康診断で元気だったのに突然12歳でなんて、辛い思いをされていることでしょうね。
もう一匹の猫さんもどうか寂しがりませんように・・・

太郎くん、これからは天国でカリさんと安らかに暮らせますように。


2015/01/05 (Mon) 22:37 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

Chikaぽん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
血栓、心臓になのか肺につまったのかどちらかはわかりません。苦しかったのかなぁ、
太郎もパニクったんだと思う。でもほんとに安らかな表情でした。

kotoraさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
そうでしたね、小虎くん・・・ 事前に人工呼吸のやり方学んでたんですか。
友人は猫への人工呼吸の正しいやり方がわからず、ネットを見ながらだったので
やり方が正しかったかどうか気にしていたのだけれど、血栓が原因の場合は、一旦蘇生したとしても
そう長くはもたないし、その後が苦しいと医者に言われたそうで、少しは気が楽になったかもしれません。

やらいちょうさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
お正月早々、訃報ってのもどうかとも思いましたが、猫飼いにとって他人事ではないのですもんね。
苦しかったのかなぁ・・ 表情はとても穏やかでした・・・カリよりも。

まろにゃんさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
雄叫びあげて、たぶん太郎もパニクってたのかもしれない。で、友人のふとんに潜り込んできた。
うちの猫たちなら誰もそうはしないだろうと思うと、太郎はほんとにべったり猫だったんだなと。
そう思うと余計に、友人が感じる喪失感はハンパないだろうなぁとも。

2015/01/06 (Tue) 03:04 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

矢羽さん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
血管疾患って、犬に多いんですか。確かに血栓があるかどうかの検査なんて通常の健診ではできないけれど、
血液検査結果でリスクはわからないのかなぁ。中性脂肪とか動脈硬化とか。ニンゲンみたいに。
そうなんです、雄叫びはあげたけど、太郎にとってもあっという間のデキゴトだったんじゃないかな。
だから、ほんとに安らかな表情でした。

nico.さん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
ニンゲンでも血栓の検査なんて普通の健康診断ではわかりませんものね、中性脂肪や
コレステロールでリスクをよみとるぐらいで。友人に、健康診断をしたのちに、
血栓で倒れて九死に一生を得たのがいます。ニンゲンも気をつけないと。

茶々にゃんさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
そうだったようです、何が起こったかわからない・・ 特に朝で寝ぼけてたこともあったようだから。
だからこそ、最期、自分のところに飛び込んできてくれたことの意味の大きさ、
唯一の救いのようであり、その後の喪失感はハンパないみたい。うちの子たちには
ありえないだろうなぁ、最期パニクって飼い主の布団に入ってくるなんてこと。^^;;

まかないさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
茶々にゃんさんへのコメントにも書いたけれど、最期に飼い主のふとんの中に入るって、
飼い主にとっては救いのようであり、ベッドが辛い想い出の場にもなってしまって、
昨日はベッドで眠る気になれなかったそうよ、思い出してあまりに辛くて。
辛い気持ちが癒えるまでには時間かかるからなぁ・・・

2015/01/06 (Tue) 03:24 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

なっぷさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
龍たんもそうだったかぁ・・  友人が通勤途中でふぅっと気を失って路上で倒れ心肺停止状態になったけど
その後九死に一生を得て今元気にしていますが、原因は血栓だったんだよね。
本人の意識には苦しみはまったくなかったそう。龍たんは間違いなく苦しんでないけれど、
太郎も苦しんだ時間があったとしても短かったから救いかな。穏やかな顔だったし。

今年も、巨大化していくくうたんを楽しみにしているわ。(笑)

鍵コメさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
また連絡します。

めんまねえちゃん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
そうなんです、友人の寝るベッドにかけこんだ・・・ いつも友人と一緒に寝てる甘えん坊だったから、
ほんと、おかーちゃんなんとかして!って駆け込んだんだろうなぁと思うと、涙。
なるとちゃんの人工呼吸、めんまねえちゃんがしたの? 人工呼吸方法覚えた方がいいかなぁ。

みきぽんさん
太郎と太郎の飼い主である友人に、お悔やみの言葉をありがとう。
そうですよね、突然死を目の当たりにするって、どうやって気持ちに折り合いつければいいのか、
想像つきません。カリは13カ月の闘病だったから、心の準備はできていたけれど、それでも・・・
マサくん、コレステロールの数値高いんですか。心配ですね。うちもちゃんと健康診断しないとなぁ。

こちらこそ、よろしくお願いします。あらためてご挨拶にうかがいます。

2015/01/06 (Tue) 03:43 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

pieさん
健康診断結果もどこに着目するかってこと、あるのかもしれません。
特に、友人ちのもう1匹の猫が心臓病なので、獣医もそっちの子に意識がいってたかもなぁ・・・
心を強くもつ、そうですね。言うは易しなんですが・・・^^;
リアたんもよかった。あぁ、ビブを健康診断に連れて行かないとなー。

REIさん
太郎にお悔やみの言葉をありがとう。
ニンゲンでもそうだけど、健康診断結果って、けっこう当てにならないことがあるから、
結局、なるようになるってことなのかなぁとも。だからこそ、今を大切にですね、猫ともヒトとも。
実は、太郎とカリ、一緒にいたころはあまり仲良くなかったんですよねぇ、
虹の橋でどうしてるかなぁ・・ (^-^;)

まりまおさん
太郎と友人にお悔やみの言葉をありがとう。
飼い主の心はどうしてってぐらい、なかなか癒えないよねぇ・・ 太郎のことでカリのこと思い出して、
ひとり夜中に号泣しちゃいましたよ、酒もかなり入ってたから余計に激しく。(^-^;)
牛君とモジャ君とミケ姫って・・(笑) 姫はいりません、不思議ちゃんでよろしいですわ。
お年賀状ありがとう、こちらこそよろしくね。

2015/01/06 (Tue) 03:59 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

Re: タイトルなし

おむおむさん
太郎と友人にお悔やみの言葉をありがとう。
ちょうどメールをいただいていたところだったから、渦中にお返事書いて心配させてごめんなさいね。
お心遣いありがとう。そうなんです、1月2日と3月2日。
太郎は外に出たがる子だったので一時期出していて、ケンカしてエイズキャリアになったので、
それがあって、ミッフィーちゃんが戻って来なかったときにはほんとに心配しました。
エイズ発症ではなく血栓でいくとはなぁ・・・

鍵コメさん
太郎と友人にお悔やみの言葉をありがとう。
太郎は1歳頃に外猫とのケンカでエイズキャリアになりました。が、エイズの発症はまったくなくて、
歯や口内も健康だったんですよね。ほんと何が起こるかわからんわ、猫にもニンゲンにも。

ぷ〜めぐさん
太郎と友人にお悔やみの言葉をありがとう。
もう1匹の猫ピオはエキゾチックショートヘアで、普通寿命が13歳と言われているのにただいま16歳!
しかも心臓病で一時は危篤状態にまでなったのに、今は元気で獣医もびっくり。
実は太郎とは仲があまり良くなかったから、もしかしたら、ピオにとっては余生を安寧に送れるかも。

2015/01/06 (Tue) 04:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment