王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

15
Wed
2015

病理診断:肺がん

えーっと、今日も文字多く長いですよ。

昨日、病理検査結果と抜糸のために鬼院長病院へ行ってきました。

150414_rock_.jpg
行きの猫足車の中で、神妙な面持ちのロックン

果は、厳めしい漢字が並んだタイトルに示した通り、
残念ながら、期待していた寛解率の高い気管支腺癌ではなく、
予後のあまり芳しくない 肺癌(細気管支肺胞癌/肺胞上皮型)と検査報告書にあるから、
いわゆる細気管支肺胞上皮癌(さいきかんしはいほうじょうひがん)じゃないでしょうか。

ちなみに、我が家にはタバコを吸う人間はいないので、副流煙が病因にはなりません。

実は、10分以内に吐くという症状が、昨日も出ていたので、
もしかしたら膵臓原発の肺転移なのでは?と気がかりだったから、
肺原発のがんということがわかって、管理人的には少しほっとしたところもありました、
転移はわかる範囲でまだないということと、膵臓原発じゃないということで。

ただ鬼院長、自分の見立てでは寛解率高い気管支腺がんの可能性を読んでいたからか、
シビアな病理診断に落胆が大きく(苦笑) 、逆ギレ気味で論理的な話がほとんどできず。
まぁ想定内でしたが、院長、医師としてどうなのよ的な対応でありつつ、
マンガのような笑うしかない人格障害っぷりを露呈。

例えば。
体重を量ったところ、手術日(10日前)の3.95kgから3.3lgに減っていたので、

あぁ、また減ってしまってる・・・ と私が思わず声に出したところ、

こんなの減ったうちに入らない! と怒鳴る。

3月中旬には4.2kgあったのに・・ とあえて言うと、

それ、どこで計ったの?!と真意をはかりかねる質問をされるのでおずおずと、
前の病院で・・・と答えたら、

それは測り方がおかしいんでしょ!と一喝。て、おかしいのは院長。


レントゲンを撮り、それを眺めつつ、検査報告書をあらためて見ながら、

ったく、気管支腺がんじゃなく肺がんだって。人間でも肺がんは治癒率低くて・・・
でも、そんな風
(病理診断にあるよう)には見えないんだけどなぁ とひとりごとのように語る。

肺原発なんですね、 と私が言うと、

当たり前でしょ!だから肺がんって診断なの! と逆ギレ。まぁよくあること。( ´△`)

いや、今も食欲なく食べて10分で吐く症状が出るので、
もしかしたら膵臓あたりに原発があるのかと・・・
 と言ってみたんだが、

それに対しては、スルー。無言。( ̄_ ̄||)


カリの時には、検査報告書(最悪な内容だった)に従って簡単に説明してくれたけれど
今回はそれもなく、報告書を渡されただけ。

その報告書の中に、胸膜播腫の危険性や他の肺葉への転移の危険性がある
という表記があったので、勇気を出して(苦笑) 尋ねてみた、

胸膜播腫の危険性というのは・・・?

文字通りがんがそこかしこに散るってことでしょ!
もう そんな言葉に惑わされなくていいから!!
と激昂。

いや、惑わされるもなにも、病理診断のコメントにあるんですけど・・・ ( ̄∀ ̄||)

この日も、緊急オペが入ったり、またその中の子が重篤な状態に陥ったりして、
病院内はけっこうばたばたと落ち着かない状態で、
ロックンの診察も中断に継ぐ中断。

2度目の中断のあと、

食欲がないのは問題ないと思うけど、血液も検査しておくから

ということで速やかに採血。
しばし、待合室(といってもほぼオープン)で待つことに。

結局、ここまで、まともに診断結果や今後のことの話はしていない。

血液検査結果が出て、再び診察室に。

血液検査はまったく問題ないから、
今食べないのも絶対に食べるようになるから、気にしなくていい


と院長。そのあとに今後の話が続くのかと思ったら、
あわただしく次の患者に移行。おいおい。( ̄_ ̄||)

まぁ、この病院は院長が会計をやるので、
だいたいその時に(他の患者が待つ中で) 今後の話をすることが多く(プライバシーゼロ)
詳細はその時だなと、待合室に戻る。

しかし、あらためて思うけどこの対応って、初めて鬼院長病院に来て、
しかもがん宣告という飼い主にとって精神的ストレスマックスな診断でされたら、
耐え難いことだと思うよ、やっぱり。
今回は、経験済みの覚悟の上で来てるから、流せるけれど。

計。
再診料・血液検査料・X線検査料で、
¥7,780
安い方だと思います。

ちなみに、前回の治療費ですが、
CT検査・開胸肺腫瘍摘出手術・内視鏡検査・病理検査・入院4日・内服薬10日
その他麻酔・抗生剤注射・点滴等々入れて、

¥200,340

金額だけみると高いけれど、これだけの検査と手術、入院いれれば、
一般的な病院だとこの倍前後はすると思います。
高度医療をうたっているところでは、100万近くするらしい。

もとい。
後の治療方針はというと、

何もしない。毎月レントゲン撮るから、1カ月後に来て

と。

猫に抗がん剤は効かないから。猫に抗がん剤やったって仕方ないんだから・・

とその後に耳タコの話を続けて言いそうだったので、さすがにここは、

前の猫は、院長に抗がん剤処方していただきましたけど

と言ってやったら、

どこだったっけ? 

乳がんです!

あぁ、乳がん、あれは仕方ない

ったく、これですよ。まともな医者の対応とは思えません。( ̄ー ̄||)

ぜここまで院長の人格障害っぷりを細かく書いているかというと、
実は、何人かの方から、鬼院長の病院はどこか?いざという時にお願いしたいかも・・・
という問い合わせがあり、その返事にも一応、
手術の腕と見立てはいいが論理的対応できず、性格・人格に問題あり と書いたんだが、
ここは、具体的にこういう対応をされるということを知っておいてもらった方が、
診てもらうのがよいかどうかの判断がしやすいだろうと思い、記す次第。


局、この日の最後の院長との会話をまとめると、

今すぐどうこうなるとは思えないんだが、
いつどうなるかは今はわからない。
ともかく、なってしまったものは仕方がないんだから、
明るく楽しくやっていった方がいいよ

今あまり食べないのは、心配しなくていい、絶対食べるようになるから。
もともと猫は吐くのが仕事のようなものだし


と、半笑いで言いながら診察室に戻っていきましたよ。

いやぁ、言いたいことはわかるし、基本的に私も抗がん剤は最初からやる気ないし、
異論はないんですよ、でも楽しくやってって言うけど・・・

アンタが怒鳴るから、楽しくなくなるんじゃないか!(^-^;)


そんな幼稚な院長の病院ですが、それでも診てもらう気になりますか?(笑)


帰宅してから、細気管支肺胞上皮癌についてネットでいろいろ調べてみたら、

wiki「肺癌」より
細気管支肺胞上皮癌
細気管支肺胞上皮癌(さいきかんしはいほうじょうひがん、Bronchioloalveolar
carcinoma; BAC)は肺腺癌の亜型で、形態学的に細気管支上皮・肺胞上皮に類似
した高分化腺癌である。全肺癌の3-4%を占める[9]。他の非小細胞肺癌と比較する
と若年者、女性に多く、進行は比較的緩徐で喫煙との関連が薄い[10][11]。


人間の場合にせよ、進行は比較的緩徐の一文・・・ 光明です。

ちなみに、院長は呼吸器専門じゃありません、専門は脳神経(てんかん等)。
あれだけ毎日忙しくしていたら、最新の文献に全方位であたることもできないだろう。
これ、案外、猫気管支腺がんの亜型じゃないんだろうか。いい方に解釈したい。

ということで、wikiにある進行は比較的緩徐というのと
院長のそんなに悪いとは思えないというつぶやきを支えに、

なってしまったものは仕方ない、明るく楽しく おおらかにいこう

の精神でまいりますんで、
みなさん、これからもロックンに元気玉送ったってくださいな。( ´▽`)


帰宅後のロックン、無事お勤め終了、釈放 の身となりケージから解放されて、
部屋中をうろうろうろうろうろうろ徘徊。

院長の言った通り、普通に食べてます。( ´艸`)

写真は満足に撮れなかったのだけれど、

150415_rockin.jpg

金四郎が、ロックンを気にして何度か自ら近づいていってたのが印象的。
いいヤツです、金四郎。

それに引き換え、ビブちはお約束のシャー!!連発。( ´△`)

そのあたりの様子は、またこんど。


こんな内容だとコメントのしようもないと思うのだけれど、
先だってコメント欄閉じててご面倒をおかけしてしまったようなので、
一応あけておきます。

無理せんでええからね。^^



himeojigi.gif 負けるなロックン! =^. .^=
 bn_mixtato.jpg 
     =^. .^= 応援ありがとございますにゃ〜

関連記事
スポンサーサイト

26 Comments

やらいちょう  

う〜ん、そうでしたか。
でも「明るく楽しく」
大切な事だと思います。
猫さんは何も解らないわけだし・・・。
楽しく過ごすことが
病巣に効く一番の特効薬なのかも。
ロックン、大丈夫。
皆んながついてるから。

2015/04/15 (Wed) 08:00 | EDIT | REPLY |   

Gavi  

ロックん、ぱんとらおねえちゃん、おつかれさま!
ロックん、すごいのにゃあ!大手術だったのにもう抜糸でケージ釈放にゃ!
やっぱロックん、さすがだと思うのにゃ!^^b

院長先生・・・ちょびっと・・・っていうかかなぁりお子様みたいなのにゃあ!
でも・・・もし、院長の当初の見立てと違ったお病気だったとしても、ゆっくりゆっくり進行していくってことだよね。最悪の場合でそうだってことだよね?
にゃんこの1年はお家の人の4,5年だもの。ゆっくりゆっくり2年で10歳分、5年で25歳分、10年なら50歳分!
うまく言えないけど・・・もしお病気だったとしても一生分生きられちゃうんだよね。
血液検査もOK!
体重へっちっゃたのは大手術のあと、自力でごはん食べたくなったのも最近だもの。少しずつ少しずつごはんもたくさん食べられるようになって、少しずつ少しずつ体重も増えて・・・それにつれてどんどん元気になってくと思うのにゃ。
アタシも12歳、あと何年生きられるか分かんないけど・・・ロックん、一緒にゆっくりゆっくり毎日を過ごして、いつか気がついたら猫又さんになってた!って、そういうにゃん生もいいと思うのにゃあ!大丈夫!ゆっくりゆっくり一緒に猫又さんになるにゃ!

2015/04/15 (Wed) 10:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 11:13 | EDIT | REPLY |   

ANKO  

人格に...うちがお世話になってる病院の院長もw
こっちはとにかく話し好きで延々と持論やあれこれを話しだすと止まらないの。
待合室でも目が合うと延々と^^;
でも動物が愛おしくてたまらないんだなってことがよく分かる。
鬼院長もきっとそうなんだろうなぁ
やだうちの院長、最近見かけないのは他のスタッフから止められてるんじゃないかとw

結果が出た以上それを受け入れるしか無いけれど、
どう向き合って行くかはその人・猫次第。
クヨクヨと暗く悲しい日々よりも、どーんと前向きに明るく過ごす。
そのほうが免疫も上がって良いに決まってる!と私も思います^^V

2015/04/15 (Wed) 11:50 | EDIT | REPLY |   

まかない  

こういう状況のときは、いつも何て言っていいのか分かりません。。。
でもね、ロック王子とぱんとらさんが一日でも長く「明るく楽しく」過ごせるように祈ってますよ。

鬼院長、難しい人ですね。
でも、見立てと手術の腕がいいのなら、口だけうまくて抗がん剤を使いたくて仕方なさそうな
医者よりもずっといいのかなと思ったり。
でも行く時には心の覚悟がいりますね。

2015/04/15 (Wed) 13:02 | EDIT | REPLY |   

矢羽  

また寒い~(TへT)もうイヤっ。身体がきつい。ううう。
鬼院長ね、私がかかってる矯正歯科の院長とそっくりなのよ。
短刀直入で頭の回転が速すぎで(笑)
子供を矯正につれてきたお母さんが怖がって医者を変えてしまうことも多いのだ。
私は(自分もそれ系だからか)そういう人とすごく馬が合うので
矯正中楽しくてたまらなかった。

ロックン。
思うんだけど、病理での数字が全てじゃないし
なんでもそうだけど経験でピンときたことって大抵当たってない?
うちのみみは尿比重なんて数値的にみたら腎不全手前、なんだけど
食事含めの生活やその他の数字、みみの様子みて
先生はその数値はみみの正常、と判断した。
(みみが2~3歳の時。今は尿比重も問題なしです)
経験からくる勘は重要だよー。
それにロックンを実際に見たのは鬼院長なんだから。

食事は内視鏡で見てて噴門なども問題ないんだろうから
そのように言われてるんだと思う。
身体を冷やさないようにして、ゆっくり少しづつ

明るく楽しくのんきにめざせ寛解しちゃお!(*゚∀゚)=3

みみと一緒におにょんき応援するからね~覚悟すべし(笑)

2015/04/15 (Wed) 13:47 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

やらいちょうさん
明るく楽しくは、大切なことだと私も思うんですが、
あのすぐに怒鳴りまくる鬼院長に言われるとねぇ〜・・( ̄∀ ̄||)
寛解率が高い気管支腺がんを願ってたけれど、まぁしかたないです。
今は元気だから、とにかく楽しんでもらおう。って、何しようか。(笑)

Gaviちゃん
Gaviちゃんいつもありがとねー。まったく問題なく抜糸できたよー。
その通り、鬼院長はGaviちゃんよりずーっと子どもだと思うわ。(^-^;)

んー・・ ゆっくりゆっくりだといいんだけれど、
猫の細気管支肺胞がん上皮型って、残念ながら予後はよくないらしいんだ。
けっこう進行の速い子もいるらしい。まぁ、がんはその子の細胞の暴走だから、
個体の数だけ種類があると思った方がいいからね。
特に、ロックンはたまたまの早期発見だったから、それはラッキーだったかも。
進行は比較的緩徐ってあったのは、wikiの人間ので、しかもそれも諸説あるらしいんよ。
なんだけど、私は、良い方に解釈して前向いていこうって思ってる。
Gaviちゃんと一緒に猫又さんになれるように、
ストレスのかかる無理ながんばりはせずにのんびりいこうと思ってるよー。( ´▽`)

2015/04/15 (Wed) 15:13 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

お疲れ様でした。
はーしんどの先生だわね。
ただでさえ精神的に落ち込む飼い主にダメージ与えすぎw
ただお会計はお安いですね。
我が家のかかりつけ医は猫に抗がん剤は効かないと明るくいい放ったわ。
カリちゃんの相談した時に。

病気を抱えていても、日常生活が普通に送れるなら
それにこしたことない。
猫にあるのは未来だけ。らしいから。
明るくそれなりに元気な日常生活を長く送れるよ、きっと!

ジジシャツ欽ちゃん、ウシ柄シャツが気になるのか!?ww

2015/04/15 (Wed) 16:13 | EDIT | REPLY |   

Chikaぽん  

鬼院長…腕は確かなんだろうけど、相対したら私は立ち向かえないわ~きっと…
診療代も安くて助かるけど…

せめて気管支腺癌でありますようにと祈ってたけど肺癌だったのね。
進行は比較的緩徐であるならば、病気と上手く付き合って
腫瘍が再発しないように祈ってるよー!
楽しく明るく過ごそう!!色々溜まって気晴らししたくなったら、いつでも一献お付き合いするので遠慮なく声掛けてね!
頑張ろう~!

2015/04/15 (Wed) 16:34 | EDIT | REPLY |   

みるふぃーゆ  

こんばんは

鬼院長、すごいキャラだね
私きっとオドオドあたふたしてしまいそう
でも腕が確かなのは信頼に尽きるしね

『明るく前向きに』に賛成!
泣いても笑っても時間は同じく過ぎていくもの
ロック王子もぱんとらさんの笑顔が一番好きだよ

でも、無理はしないでね
私も遠くからですが元気玉送りつづけますね

2015/04/15 (Wed) 21:00 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  


ワシの仕事仲間にも、悪性腫瘍が発覚して 切除 → もちろん、転移する可能性もあっただろうけど............それからどこにも転移も再発もせず 元気に(アルコールも摂取して!^^;)10年以上経ってる!って人..............何人も居ます!


ロックンもそうだったらいいんだもんね!!
そうなりますように!!!
いや、そうなりますって!!!(^o^)


鬼院長よ、偶然とも言える ロックンの腫瘍を発見、即切除、それはありがとう!!
でも、飼い主の質問にも答えず無言。。。スルー。。。そして気にさわったら怒鳴り散らす..............それはアカン!!
院長、動物目線であるとは思うけど、人間として生きてる以上、人間にも関わっていかなアカンよ。。。。
人間だって動物だ! ミミズだってオケラだってアメンボだって みんなみんな生きているんだ、友達なんだよ。

...........とにかく、ロックンの傷が癒えてこれまで通りに暮らしてくれますように!!(^^)
ぱんとらさん、また会おうね〜〜〜〜!!
飲んで、楽しい話もいっぱいしよう!!


2015/04/15 (Wed) 23:27 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/16 (Thu) 03:15 | EDIT | REPLY |   

ケイママっち  

わかってて、こちらが開きなおってないと、追い打ちかけるようにハンマーで頭連打されるような気分になっちゃうかも(苦笑)
価格を抑えてるのも、猫自身のことを考えて、治療費のことで
躊躇しないで可能な治療は受けてほしいって気持ちの表れなんで
しょうけど、あとほんの少し飼い主さんへの愛情もあると助かるかも(^^;)

ロックン。
診断上は楽観はできなくても、症例がすべでじゃないと
私は思ってるので。
良い方に診断を覆して先生も驚いたって子の話も
実際ありますから、ぱんとらさんの気持ちが「楽しく」は
むずかしいと思うけれど、ロックンが「楽しいな~」って
感じて生活してってくれるのは、きっと一番いいことに
違いないと思うので…応援しかできない身だけれど、毎日
いっぱい元気玉送り続けますから、ロックンの目力を信じましょう!!

神妙なお顔だけど、ロックン。キラキラのグリーンイエローの
瞳がとっても綺麗よ。
たくさんたくさん、おかあさんに甘えちゃえ(^^)

2015/04/16 (Thu) 08:48 | EDIT | REPLY |   

nico.  

早い段階での切除、転移は現時点ではみられない、との
こと。ロックンは昔もギリギリの生命の危機から脱した、
スーパーラッキーボーイですから。ありったけのでっかい
元気玉をロックンとぱんとらさんに送ります!!
鬼院長の言をそのまま受け入れるのはちょっと抵抗がある
けど^^;それでも明るく快活に暮らして幸せホルモン分泌
しまくって、免疫アップだ!!!

鬼院長・・・もうちょっとちゃんとしたヒトを想像してましたが、
体重のくだりで「これほどとは・・・」と絶句しました^^;

2015/04/16 (Thu) 12:33 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

鍵コメさん
鬼院長と対峙していると、飼い主に忍耐力がつきます、まちがいなく。( ̄∀ ̄||)
一部のヒトたちにはカリスマなんだろうなぁ。
あと、男性にはここまでひどい態度をとりません。年齢関係なく女性に傍若無人。
あきらかに、女性に対する幼児的甘えの発現なんじゃないかと。(^-^;)キモイ

ANKOさん
ANKOさんちのかかりつけ獣医さんは、人格的に云々・・・なんて言ったら失礼にあたる、
熱心なお医者さまって感じ。^ ^
鬼院長は・・・ 一部ではアスペなんじゃないの?なんて疑惑まで。(爆)
そうですよね、クヨクヨと悲しい日々を飼い主が送ってれば猫たちにもそれは必ず伝わるから、
健康体まで悪くなりそう。( ̄∀ ̄||)
無理に明るくする気力もないけれど(苦笑)、まぁ自然体で向かいますわ。

2015/04/16 (Thu) 14:38 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

まかないさん
私もまかないさんと同じく、飼い猫2にゃんずをがんにしちゃいましたよ、って、
私もまかないさんも自分たちがそうさせたわけじゃないのに、辛いよね。
鬼院長、あの手術の腕と見立てと正義感でもって、性格がまともだったら、
生きたレジェンドになってると思う。診察受けようとしたら何ヶ月先・・・なんてことになってしまうかも。
鬼院長と他のまっとうな医者とを使い分けたいのだけど、他のまっとうな医者が見つかりません。( ´△`)

矢羽さん
じぇじぇじぇ〜っ、矢羽さんってば自分もそれ系って、女鬼院長モドキなのー?! (笑)
私の友人の上司が、ソレ系で、社内でアスペルガーじゃないかって言われてるらしいよ。( ̄∀ ̄||)
なので、ここんとこ鬼院長のことをアスペ院長と呼んでます。(笑)

みみちゃんの先生、名医みたいだよね。一瞬考えたんだけど、やっぱりかなり遠いので断念。
身体を冷やさないようにということで、カリのときにたくさんセーターをもらったので探してるんだが、
どこにしまったかわからん。( ´△`)
そうそう、おにくフェスタのお肉類、やっぱりうちの子たちには豚肉が圧倒的人気。
牛肉やラムはあげてきたけれど、豚肉をあげたことなかったからかも。
鶏肉は手羽中も苦戦。飼い主いただき、うまうま。( ´▽`)

2015/04/16 (Thu) 14:51 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

まろにゃん
ほんま、しんどい医者よ。日常のストレスを飼い主女性に発散する甘えの権化。
男性にはそこまで怒鳴らないから屈折したマザコンかもな。どーでもええけども。
鬼院長も、猫に抗がん剤は効かないと常々言っていたんよ、脳につながるナントカ管に
人間にはフタ?があるけれど、猫にはないから抗がん剤が脳にダダ漏れするんで、
効くだけの量を投与できないから、ムダだと。
カリの手術終わるまではずーっとそう言ってたのに、術後、抗がん剤をやってみるか・・・となった。
病理の結果、転移性の乳がんで、実際想像以上に転移していて、
アドリアシンで実際に病理診断より延命した子もいるというデータがあったからなんよね。
カリが当初の3者の見立て(鬼院長とセカンドオピニオンとがんセンターの院長)より
倍以上の期間延命したのは、抗がん剤のおかげなのかなんなのかはわからんけれど。

あはは、私もそう思った、金四郎、ウシ柄シャツが気になるのか?って。( ´▽`)

2015/04/16 (Thu) 15:07 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/16 (Thu) 15:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/16 (Thu) 15:55 | EDIT | REPLY |   

矢羽  

ふたたび矢羽です!
えーあーうーーーん(*≧m≦*)ノンベで鬼ではあるかもなー。ふふふん。
さておき
明日からちょいとバレエ見にフォルモサ行ってきます。
パワスポ龍山寺でロックン元気祈願してくるからね!
北投の湯の花とかも考えたけど(北投温泉は世界に3箇所あるがんに効く温泉のひとつ)
硫黄のにおいはいやだろうから。
月曜日にまたこちらに参上しますヽ(*^∇^*)ノ

お肉ね、ブタ食べたってことはBやE(黒胡麻)を欲してるとか
Gaviちゃん言ってるように、冷やしたいとかあるのかも。
鶏はぱんとらさん食べて、身体をあたためてくださいませ。
ゆっくり飲んでおつまみ食べてるぱんとらさんの様子で
ロックンも安心すると思うよ。

うちの病院の腫瘍外来&O先生のセカオピもありだと思うし
これまたGaviちゃんのほうがお詳しいけど
今、投薬ないなら漢方という可能性もあると思うよ!
ロックン、私の気と胃腸の強さをあげるのでがんばれ!

2015/04/16 (Thu) 16:02 | EDIT | REPLY |   

海月  

鬼院長ってたしかに初心者が診てもらったらその対応に泣きそうだ…
しかしロックんにとって心強い医者って気がするわ。
食欲もお通じも回復してきててよかった。
金ちゃん、いいやつだな・°・(ノД`)・°・
ビブちも「ウー」じゃなくて「シャー」だったのは気を遣ってのことかも。
ぱんとらさんも看病で疲れが出ないようご自愛くださいね。

2015/04/16 (Thu) 17:18 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

Chikaぽん
立ち向かおうとすると玉砕することになるので(爆)、
子どもがぎゃーぎゃー言ってるわ、という鷹揚さで接するのがよいとわかりました。(笑)
あー、めんどくさ。( ̄∀ ̄||)
進行は比較的緩徐というのは、人間の似たような症例の場合がそうだということで、
ロックンの今回の診断内容には、正反対のことが書かれてたのよ。( ´△`)
気遣いありがとね−、キミも仕事慣れた? ぜひ一献。で、たばこやめようぜ。(笑)

みるふぃーゆさん
腕が確かじゃなければ、誰もいかんよね、そんな病院。( ̄∀ ̄||)
思い起こせば、カリの時には明るく前向きにと思ってはいたけれど、
必死にがんばりすぎてた気がするんよ。
もうね、がんばるのはほどほどにすることにした、良い意味で。
今年はそちら地方に5月に行く予定だったんだけど、パスすることに。
月一の検査日とバッティングするのと経済的にも節約しないと大変だー。(^▽^;)

2015/04/16 (Thu) 17:25 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

とろろ姉さん
私の母も、乳がん発覚、腫瘍切除手術、当時は抗がん剤をやる習慣(?)がまだなかったから、
そのまま特に治療することもなく、20年近く転移もなく現在にいたる。
近藤誠氏の理論だけれど、がんには、もともと転移して何をやっても治らないものと
転移性のない良質?のがあって、転移性のものなら抗がん剤やったところで
少々延命できたとしても苦しい思いをして結局治らないし、
良質のものであれば抗がん剤なんかやらなくても治るという考えなんだが、
実はその考え、日本のトップクラスの医者たちにとっても当たり前の考えらしいよ。
だけど、やるんだよ、抗がん剤。ったく狂ってます、金金金の世の中。

鬼院長は、ビョーキだと思います。ヒソヒソ アス●ルガーじゃないか?ヒソヒソ( ̄∀ ̄||)

大阪に行くつもりだったけど、今年は行けないかも〜。経済的に。(;´Д`)

2015/04/16 (Thu) 17:43 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

鍵コメさん
ほんとややこしい人格の鬼院長です。学会でもその調子らしいから、
ビョーキと言われてるかもねぇ。
ありがとう、しっかりと元気玉受けとめます。( ´▽`)

ケイママっちさん
治療費で躊躇しないで可能な治療は受けて欲しい・・そういう思いがあるのかどうわからんが、
治療費についても、こちらが聞かないと言ってくれない。( ̄∀ ̄||)
症例が全てではないというのはその通りです、なぜなら動物の症例ってまだめちゃくちゃ少ないのです。
パーセンテージで表せる母数に至ってないのが実情でした、カリのとき。
カリだって、最初3カ月って言われ、最後に通ったがんセンターでも年内もつかどうかと言われて
3月2日までがんばった。まぁがんばらせすぎたかなとの反省はあるけれど。^^;
元気玉ありがとう。ロックンが楽しいと思ってくれるよう、怒ることのないようにしないとね。^^;

nico.さん
そうよね、忘れちゃいけないわ、もともと保健所行きのギリギリのところで
救われたラッキーボーイだったこと。
そういう意味では、10分以内で吐くということで病院に行ってまさかの肺がんがみつかった
ってこともラッキーなこと。と思わないとね。( ´▽`)
鬼院長の体重のくだり、この話を会社で話すと、みんなマジ?!と爆笑よ。( ̄▽ ̄;)
私も思わず笑ったもん。ちゃんとしたオトナではありません、まちがいなく。

2015/04/16 (Thu) 17:55 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

鍵コメさん
ありがとうっ!!!! すごいわ。ちょうど考えていたところだったの!鳥肌たった。
ここんとこカリの時のことをいろいろと思い出しながら、
そういえば、あの時教えてくれてた病院、あそこのことをもう一度あなたに聞こうかなって。
次のステージになってからがいいのか、その前にとりあえず・・・がいいかと考えてた。
ほんとにいつも感謝しています。あらためて連絡するね。

矢羽さん
おーっ、台湾にバレエを観にですかー、いいですねー。みみたんはお留守番?( ´艸`)
龍山寺からの元気玉、しっかりキャッチするからヨロシクね。
冷やしたい・・・か。 金四郎もビブも豚肉は完食なのでそうなのかな。
今日、こないだまで喜んで食べてたa/d缶を出したら、ロックンってば
ニオイを嗅いだだけで、エア砂掻けやって、ぷい。
いろいろありがとね。前のめりにならずに、考えていこうと思ってます。^ ^
矢羽さんの気の強さ?をもらうと、なんか百人力になりそう。(笑)

2015/04/16 (Thu) 18:20 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

海月さん
ほんと初心者には辛すぎる。ほら、オトナになってから他人に怒鳴られる経験って
ほとんどの人がないでしょう、DV受けてる人ぐらいよね。だから、
ものすごいショックを受けるんよ。慣れてくると、獣医の腕は置いといて、
人としては恐るるに足らずしょーもないやっちゃなって思う余裕が出て来る気がする、
いいかどうかは別として。( ̄∀ ̄||)
金四郎、いいやつなんよー、やっぱり大勢の中で生まれ育ってきたからか、
ひっつける猫が他にいないと寂しいんだろうな。金四郎のためにも、
ロックンには1日でも長く健やかな日々を過ごしてほしいわ。

2015/04/17 (Fri) 02:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment