王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

26
Tue
2015

サード5条件

んのこっちゃ?なタイトルですが。(^艸^)
今回も長文です。

少し更新間隔があいた・・のかな?
ご心配くださったみなさん、恐縮です、ありがとう。


酸素室の詳細については次回、と前回書いたのだけれど、
めんどくさくなってきたので ^^;ヲイ!
詳細はこちら(レンタルしている商品サイト)をご覧下さい。

というのもあんまりなんで、簡単に。<どないやねん
前回の記事で、酸素室の上に乗るビブの写真を載せましたが、
中に入ったのも、さすがの野次馬猫ビブが最初でした。( ̄∀ ̄||)

これら↓は先週の水曜日20日の時の模様。

150526_0520viv.jpg

まださほど酸素濃度があがってないのに待ちきれず?偵察に入ったビブ子。


150526_0520rockIn.jpg

様子を見に近寄ってきたロックンを、強制イン。お目々まんまる、かわゆいのぉ ( ´艸`)

でも、

150526_0520rockOn.jpg

やっぱり上に乗る方が好きなようで。

ホースの先には、

sansonoshukuki.jpg

高濃度酸素を供給する酸素濃縮器。逆光でわかりにくいわ。^^;;
ホースでつながった酸素室から60cm以上離して設置。

酸素室の大きさは、うちが借りたのが中型で、新聞見開きほどの底面積。
小型というのもあって、そちらは、底面積が中型の半分。
中型か小型か、かなり悩みましたが、大は小を兼ねるで中型に。

酸素濃縮器の大きさは、高さが中型酸素室と同じぐらいかな。
まぁ大きさよりも、ともかく音が気になります。かなり大きな音を発生させよる。( ´△`)
設置してくれた担当者の話によると、
これまでに騒音で近所からクレームが来たという連絡は一件だけで、
それも、階下からではなく上の階からのクレームだったんだそう。
確かに、うちも階下に響かないように酸素濃縮器の下には何重にも消音材敷いてるけれど、
上には毛布をかけてる程度で、上階には無防備といってもいいよねぇ。

同日夜には、2にゃんでイン。

150526_0520vivrock.jpg

でも長居はしません。
自ら入ろうとしないから、今現在はほぼ空室状態です。
ほんとは入った方が楽なんだろうけど、
ただでさえロックン、先週金曜日に病院に行ったこともあって、
ここんとこ管理人を避けて逃げるんですよ (ノ△・。)、
なので、わざわざ捕まえて入れる・・・となると余計なストレスがかかりそうで
今は、無理に入れることはしていません。

うなんです、
先週の金曜日22日に、セカンドオピニオンを受けたS医師の病院へ行ってきました。

実は、セカンドオピニオンをうかがった時に、
今度鬼院長病院に行って進展があったらすぐに連絡してください....と
言われていたので、鬼院長病院でがん性胸膜炎の診断を受けたあと、
一応、S医師に電話で連絡したんです。

こちらとしたら、すぐに今後の対応の話が聞けるかと思っていたところ、
「では、食べなくなったら連れてきて下さい」
という想定外のケンホロな返答。

末期がんで安楽死まで言われた猫の飼い主にその態度はなに?!とムッとしてww、
「今も食べないので食べなくなったらという判断はどうみれば?」
と少々態度を硬化して詰め寄ったところ(汗)、それが頭にきた?のか、

「様子を見ていればわかりますから」
と、愛想もなにもない突き放した言いっぷり。

このやりとりの雰囲気で、もしかしたらこの病院は違うかもな.... と思いつつも、
短気は損気と心に言い聞かせて、
ではその状態になったらあらためて連絡すると言ったものの、
どうしたもんかと悩んだわけです。

局、食欲減退関係なく、
21日木曜日に今後の方針の話を聞きに管理人だけで足を運び、
そして、翌22日にロックンを連れて初めてS医師に診てもらいに行きました。


細かなやりとりは省きますが、
胸水を抜くことについての考え方を聞いて、
この先生、信頼できないなと思ったんですよね。

fm_nekonekoさんからの情報で、
 胸水を抜いた経験のない医者は、
「リスクを承知で飼い主さんが希望するなら抜く」という曖昧な言い方をする

と聞いていたのですが、まさにそのような発言が飛び出しました。( ̄_ ̄||)

胸水を抜くにはリスクを伴う、それが原因で命を縮めることもある、
が、抜くと状態によって楽になることも確かだと言われ、
まぁ、そういうことなんだろうなと納得していたところに、

なんと!

「胸水を抜くかどうかの判断は、飼い主さんがしてください」

ですよ!щ(゚Д゚щ) 

それって、医者の仕事とちゃうのん?!

さらに、
鬼院長病院からのデータが少ない上に飼い主さんの話からしか
推察できないから、はっきりしたことはなんとも言えないといい(そりゃその通りだが)、
胸水を抜くときはエコーでみながらしてるはずだから、
前の先生もエコーでの様子はわかってるはずだけど・・(だから?)

と予防線ひきまくって言うので、思わず正直に、

いや、エコーはやってません、レントゲン撮ったあと、
すぐに胸水を抜いてくださいましたから


と言った途端、地雷踏んだのかなんなのか、その話はそれで終わり。

実際、鬼院長は、人間の肺がんについての話をしながら胸水を抜いたぐらいだったので、
そんなに大変な処置だとはまったく思ってなかったんですが、
プライド山の如し(なんだろね)のS医師にしたら、
自分の言ったこと(行っていること)を否定されたようで
不愉快だったんでしょうかねぇ。

ともかく、
胸水を抜くかどうかの判断は飼い主がしろ
という責任回避前提の医者を、私は信頼することはできないんで、
心の中では、もうここには来ないんだろうなぁ、来たくないなぁと思いながらも
穏やかに次回の話をしたところ、
次回は2〜3週間後と言われ、(え?そんなに先?!)
じゃぁ薬は?と尋ねたところ、シレッと、
今はないので今度用意しておくから必要になったらとりにきてくださいという・・・(;´Д`)

エコーでみた限りだと、確かに胸水は溜まってはいるけれど
抜いても抜かなくてもどちらでもいい(というような言い方をした)量らしく、
これまでのサイクルを前提に考えれば100ccになる前というと、
2週間後くらいだから・・・ という読みらしいが、
腫瘍を切除して転移もなかったところからここまで進行したサイクルより
このあとの方が進行は早いんじゃないかと普通思うよねぇ、
なのでそう尋ねたら、
進行が早くなるかどうか、それはわからない、と。
まぁ確かにそりゃわからんだろうけどさ、それも視野に入れて、
変化があったらすぐに連絡くださいとかひと言添えてもええんとちゃう?
こっちから聞いたからね、それを。

なんだか、やりとりしていてあまりうちらと関わりたくないのかなと
穿ちたくなるような対応でした。少なくともそう感じさせられたよ。
でも、オトナだから(笑) 穏やかを装って帰りましたけどねー。

150526_rock_carry.jpg
ロック「なにしに行ったんや....ってもんやったな」
22日の帰りのロックン。1週間前と似たような位置ですな。^^

もとい。
wadaさんにも言われたけれど、
良くも悪くも鬼院長病院を知ってしまうと、
飼い主は他の医者に対して余計な反応しちゃって、
うまくいくもののいかなくなっちゃうのかもしれません。(´・ω・`)

それにしても、S医師、セカンドオピニオンを受けた時には
あれだけ明解に親切に説明してくれて信頼おける感じだったのに、
この変わりよう、なんなんでしょう。
私の態度にむかついた可能性大だけど、だからってすごいよなぁ (;´Д`)
自信のなさの裏返しで、えらそうに出るというのはけっこうあることだけど、
要は、頭でっかちってことなのかねぇ。


んなわけで、こないだの土日は、新たな医者探しでドタバタ。
ただ、おかげで医者探しの条件は明確になってきてたから、

・自宅から少なくとも30分以内で行ける病院
・胸水を抜いた経験がある医者(笑)
・胸水を抜くかどうかの判断を飼い主に委ねない
・強制給餌を奨励しない
・すぐに鎮痛・消炎剤を処方してくれる


まずこの5つの条件を満たしてくれる医者ならいいんじゃなかろかと、
いろいろとあたりました。
まぁ、これで人柄がよければ言うことはないけれど。
もちろん見立て良いのにこしたこともないけれど、
でも、今の段階となっては見立てはあまり必要ないからさ。

そんなこんなで、紆余曲折ありつつ、
結局のところ、ケイママっちさんにご紹介いただいた病院に
お世話になることにしました。

この話は、長くなるので次回。( ̄∀ ̄||)


心のロックンですが、
正直なところ、ほとんど食べないので、すごく痩せちゃってますが、
毎日夕方になると、

150526_rock_reizouko0.jpg

この↑座ってる場所から、冷蔵庫の上にひとっ飛びして(けっこうな距離あります)


150526_rock_reizouko1.jpg

冷蔵庫の上で夜遅くまで、過ごし、
その後、管理人のいない管理人の部屋に移動します。(^-^;)

この時、珍しくカメラ目線で可愛い顔してたのでiPhone向けると、

150526_rock_reizouko2.jpg
ロック「本来のナイスバディとちゃうから、撮影おことわりや 」

と愛想なし。
これ、ぐったりしてる写真ではないので、ご心配なく。(^艸^)

昨日のビブとの2ショット写真も載せようかと思ったけど、
やはり日に日に痩せていってるロックンの姿をみたら、
みんなもショックを受けるだろうと思い、やめておきますわ・・
いやはや、それほどなんですよー。(ノ△・。)


一応、3番目の病院で、サードオピニオンを聞きに行ったその日(昨日)に
沈痛消炎剤を処方してもらえたので、昨日から飲んでます。
少しでも楽になってくれてたらいいけれど。

またもや長々と、しかも愚痴モドキでお目汚し、失礼しました。( ̄∀ ̄||)


***

いよいよ明日27日から、南青山のギャラリー晴れanemoneさんの作品展、
猫たちの楽園 段下ユカリ ー私の針仕事ー 開催!

150501_anemoneKoten_.jpg


見事な刺繍と抜群のKawaiiセンスを、この機会にぜひ間近でご覧あれ!( ´▽`)
私も明日、行けるかな。。。



himeojigi.gif ロックン痩せてもナイスバディ♪ =^. .^=
 bn_mixtato.jpg 
     =^. .^= 応援ありがとございますにゃ〜

関連記事
スポンサーサイト

38 Comments

みるふぃーゆ  

こんばんは

更新期間が空いたので、どうされてるのかと案じていました
もう気になって一日に何回も訪ねてました

酸素室に乗ってるロックン、お腹ぺったんこだね
オヤツも食べてくれないのかな
愛くるしい表情で・・・
胸にツーンときます

お大事にね
ぱんとらさんもお疲れのでないようにね

2015/05/26 (Tue) 19:25 | EDIT | REPLY |   

REI  

うちも人間用の酸素使ってましたけど、音、大きかったかなあ。
多分酸素量が多いから(入れ物全部を満たすから)、それだけ音も大きくなるのかもしれないですね。
それより、実はロックンが恐がるのではと心配だったのですが、
ビブさんのおかげでスルと入った様で良かったです。
長く居ないのは本猫には不要だからでしょう。

私も先代の最後は、ろくに歩けないのに、病院を嫌がって私の姿を見ると逃げる様になって切なかったです。 それまでいつもべったりだったのに。
ロックン、それだけジャンプできるのねえ。 奇跡おきないかなあ・・・。

うちの近くの病院、受付に腫瘍治療できますみたいな事が書いてあります。
腫瘍学会?とかに所属してるとかなんとか。

沈痛ちゃうよ、鎮痛じゃない? と一応突っ込んでおきますね。
沈痛なお気持ちとは判っていながら。

2015/05/26 (Tue) 19:54 | EDIT | REPLY |   

海月  

前回のセカンドオピニオンではすごく好印象だったのになー。
わからんもんやね。
ロックんもぱんとらさんも通院お疲れさまでした。
冷蔵庫の上は落ち着くのかな。
愛想はないけど落ち着いた表情に見えます。
酸素室のほうが広々してるけど、長居はしたくなかったか^^;

anemoneさんの作品展、カリ女王の作品も展示されてるのよね。
きっとひときわダークに輝いているだろうなあ :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

2015/05/26 (Tue) 20:45 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/26 (Tue) 21:23 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  


ケンホロ〜〜〜〜(T^T)
あんなに良さげだった先生なのに.............

いや、でも、もっといい先生に巡りあうためのステップだったんですよ、きっと!
ロックンも一緒にお医者さんに行ったのなら、ちょっと大変でしたね。
..........お医者さん嫌だもんねぇ。(><)

酸素室にとどまってないのは、それほど必要としてないのかもしれません。
今のところは 自分でご飯食べてくれて ちょっと体重が戻るのがいいな〜!!
ロックンは幸運の星の下に生まれた子やから、きっと大丈夫!!(^^)

2015/05/26 (Tue) 22:36 | EDIT | REPLY |   

海月ふたたび  

猫友りこさんちのご長寿猫ももちゃんがね、晩年かつおと昆布のだしを口にしてたんですって。
まさに命のスープ。
塩分が気になるけど、とにかく何か口にしてほしい時だし、食欲が出るきっかけにならないかしら。

2015/05/26 (Tue) 22:59 | EDIT | REPLY |   

fm_nekoneko  

セカンドオピニオンの先生、最初は良い感じだったのに・・・
どんな自信があって、「進展があったら連絡して」と言ったのか
不思議な先生でしたね^^;

飼い主側としたら・・・
なんかリスクの意味が病状じゃなくなってるし・・・それなら
出来ない&経験がないって正直に言ってくれたら
それで良いのに(他にあたるから)って思うんですよね。

(けんか腰で聞くと「学生時代に教授がやってるのを見たことがある」程度の
先生が多かったです。
「あなたがやるよりはまし」みたいに逆切れする先生も^^;
 そんなリスクは負えないので、もちろんお断りしました。)


ロックン、冷蔵庫の上が落ち着ける場所なんですね。
鎮痛消炎剤が効いて、少しモグモグ出来るといいな~と思います。

2015/05/26 (Tue) 23:36 | EDIT | REPLY |   

ぷ~めぐ  

読み終わって、題名に納得しました。そんな先生だったとは。鬼院長の正反対ですかね。

酸素室、ビブちゃんが一緒に入ってくれるなら中型で良かったですね。
冷蔵庫の上は、狭いから落ち着くのかなあ。身軽なロックン、食欲回復しますように。
ぱんとらさんも、身体に気を付けて下さいね。

2015/05/27 (Wed) 01:26 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

みるふぃーゆさん
ご心配おかけして申し訳ない。今後もかなりテキトーな更新になるかと思うのでご容赦あれ。^^;
酸素室に乗ってる写真、あれはまだそんなに痩せてない時..... と今はそう思う。
私のことを今はイヤなことをするヒトと思ってるようで逃げられます、それが辛い。(;´Д`)

REIさん
人間用のは、発生する濃度が濃いらしくそれをそのまま犬猫が吸入すると負担が大きいらしいですね。
人間はその濃い濃度の3割方を自然に吸引するので、ちょうどいいらしい。
その適切な濃度にあらかじめ設定しているのが、動物用酸素ハウスらしいけど、どうなんですかね。^^;
昨日までできていたジャンプが、今日もうできないかも....というほどの早いスピードで進行しています。
鬼院長が、最悪極悪ながん細胞・・・と抜いた胸水を検査して言ってたよ。 なんでロックンが・・・

2015/05/27 (Wed) 05:39 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

海月さん
いやーS医師のことはほんとに驚いてます、おそらく、実際の処置には経験・自信がさほどなく、
思いの外早い段階で胸水を抜くというところまできて、内心慌てたんじゃないかね、経験なくて。
それだけ進行が早いようです、サードの先生も言っていた。。なのにS医師、2〜3週間後に来いって・・
患畜や飼い主のことより、自分のプライド先行ってことよね。
ひときわダークなカリレンジャイ。(笑) カリにはロックをそんなに早く呼ばないでと言ってるよ。

鍵コメさん
いつもほんとにありがとう。
ただ、近所への通院だけでも元々びびりん坊のロックン、大変な状況です、
せっかくだけど、遠出は・・・ 日に日にがくっと落ちてってるのが目に見えて辛すぎる。

2015/05/27 (Wed) 05:54 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

結構な音がするんですねぇ〜。
階下は気にしますが、上の部屋はたしかに無頓着。
でも苦情をいうほどのことは無いでしょうに。
しかし無責任な医者ですね。
とにかく責任を負いたくないんでしょう。
最終判断は飼い主がするにせよ
専門家としてしっかりとしたアドバイスは必須なのに・・・。

2015/05/27 (Wed) 08:21 | EDIT | REPLY |   

Gavi  

そっか・・・
よさげな先生だったけど・・・実際に・・・っていうことになると違うんだね・・・
鬼院長、臨床経験もたくさんあるし、お近くなら一番いいんだけどね・・・
でも、いい病院みつかってよっかたにゃ!
おねえもね・・・お家の院長も、お耳の血抜くのとか、採血もすっごく簡単にやるからね・・・どの獣医さんもそうかなぁって思ってたたら違うんだよね。
やっぱ臨床経験が多いのって、にゃんこを怖がらせることも少なくて大切だと思うのにゃあ。

ビブちん、さすが三毛にゃん、好奇心いっはいにゃあ!
今はそんなに必要ないから入らないのかもしれないけど・・・ビブちんと一緒にロックン酸素室入って少しでも楽になるといいね。
食べたい気持ちでてくれますように!

更新してくれてありがと!

2015/05/27 (Wed) 09:03 | EDIT | REPLY |   

ほんなあほな。  

セカンド、良さげだっただけに、「あん??なにいうてん??」だわ^^;
でも、早く解って良かった!!という事で^^v
ぱんとらさんが病院に求めてる事って、判り易いし、家族側としたら、もっともな事だと。
とに角、痛くなく、苦しくなく、負担にならず、出来るだけ快適に。
ですもんね^^
ロックン、痛いとかが無く過ごしてくれるといいな~
少しは、食べる気持ちになってくれるといいな~
酸素室に入ると、楽だぜ~って気が付いてくれるといいな~

2015/05/27 (Wed) 12:02 | EDIT | REPLY |   

ANKO  

私の経験から「医者が裁判沙汰になるのを怖がってる」。
コナンの転院の際(引っ越しで)も10件近く電話してすごく感じたわ。
できるだけリスクを避けようとするのよね。
それまで診てもらってた病院は、多少のリスクがあっても望みがあれば少しでも患者の負担を除こうと「こうします!」って積極的治療だったけど、
なかなかそういう病院/医師に巡り会えず、やっと今の病院にたどり着いたけど、
院長から「医者を訴える患者が増えている」って愚痴/嘆きを聞かされた^^;
そんな事情からも鬼院長みたいな先生が減ってるのかもね。

ロックン、しぶとくガンバレ!
今度の先生が「出会い」になりますように。

2015/05/27 (Wed) 12:04 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

とろろ姉さん
良さげだったんだけどねぇ・・ ただ正直に言うと、最初の話は確かに良かったけれど、
実際の腕はどうかなぁ・・・ってところはあったんよ。とても小柄で、
しかも助手も常時いる感じじゃなかったから、それで完全予約制なのかなぁと。
今度の先生がもっと良い先生だかどうだかはわかんないけど^^; あの女医に
最期を診てもらうよりはいいなと思ったという選択。鬼院長病院が近くだったらなぁ・・

海月ふたたびさん
ありがとう!うっかりしていたわ、カリの時には栄養スープを常に用意して
いろんなごはんをそれで薄めて液状にしてあげてたのに、準備するの失念していた・・
というのも、こないだまで、少食とはいえ、食べてたから
ほんとに急展開で今はほとんど食べないのよ・・
食べてもがん細胞に喰われるだけだから食べないってのかなぁ。。

fm_nekoneko
まさにfm_nekonekoさんが書いてくれていた通りの言い様だったので、
思わず脳内でキタ━━━━('A`)━━━━!! でしたわ。
進展があったと聞いてそこでもアドバイスするつもりだったんじゃないかなぁ。
それがいきなり、がん性胸膜炎で最初の病院からは安楽死と言われている状況の子を
うちで診るの〜?!ってところかしらね、訴訟を起こしかねそうな飼い主だし。(笑)
しかもそれまでに付き合いなかったし、ややこしいことに関わり合いたくなかったのかも。
冷蔵庫の上も、もう乗れないだろうな・・ 鬼院長に、極悪ながんだと言われただけあって、
驚くほど進行が早い印象です。呼吸数はさほど変化はないけれど、痛いのかもね・・
やっぱり単なる鎮痛剤よりモルヒネを必要としてるのかなぁ・・・

2015/05/27 (Wed) 15:46 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

ぷ〜めぐさん
鬼院長の正反対ってこともないと思うけれど^^;、たぶん、私との相性が悪いんだと思います。
突然、末期がんの子を連れて来られて、しかも飼い主はなんかうるさそうだし、
あんまり関わり合いたくないなってところかもね。↓ANKOさんの指摘、当たらずとも遠からじな気が。
酸素室、ロックンはビブと一緒に入りたいだろうけど、ビブは我が道をいく子なので、
この時だけでした、一緒に入ってくれてたのは。( ̄∀ ̄||)

やらいちょうさん
責任を負いたくない、おそらくそうでしょう、よく知らない飼い主な上に
うるさそうだから。( ̄∀ ̄||)
私が、悪いってことで。まるくおさめようと思います。^^; <イマサラ

2015/05/27 (Wed) 15:56 | EDIT | REPLY |   

ケイママっち  

昨日は読み逃げしてて(><)
今日は皆さんへの、ぱんとらさんのコメントのお返事も読ませていただきながら、
胸がぎゅーっとなってます…
ロックンの中のがん細胞。憎らしくてたまらない。
なんとか取り除いてあげれたら…。
サード先生。
なんといっても私もちょっとお話しただけで実際には診察してもらったり
してないから、そこのところがなんとも…なんだけど、経歴の経験が
ロックンのために役立ちますように。
そしてロックンと、ぱんとらさんの気持ちにも寄り添ってくれますように。
鬼院長先生、ほんとうに近くだったらね。。。

セカンドの先生のお話。
プライドとかそういう印象すごくわかる気が…。
大学病院の先生がそうなのよね…。
セオリーなんて自分の方針が一番だから、かかりつけ医からの
相談(という名の指摘)なんて受け付けないよ?
やらなくていいし聞かれるのも不愉快って雰囲気がバシバシで、
尿管に石が落ちた時の対応のことさえなければ絶対行かない!!って
レベル・・(苦笑)

メッセのほうにお返事はなしで大丈夫ですよ~。
こちらで経過は拝見できるし、それよりもロックンの
ケアに時間割いてあげてくださいね。

2015/05/27 (Wed) 20:33 | EDIT | REPLY |   

nico.  

せっかく、信頼できるお医者さんだと思ったのに。
責任は取りたくないということなんでしょうか?
主治医がいてセカンドオピニオンの立場なら色々言えるけど、がっつり自分に頼られると困る、みたいな。(もしそうなら医者なんかやめちまえ、ですね。)

ロックン、痛かったり苦しかったりしませんように。
そして、なんとか鬼院長の見立てをあざ笑うかのように、回復してほしい。
世の中に絶対なんてないもん。人間でだって、余命宣告されて復活した患者
さん、いますもんね。この世の全ての幸運が今はロックンに集まって欲しい
気持ちでいます。

2015/05/27 (Wed) 21:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/27 (Wed) 22:22 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/28 (Thu) 00:39 | EDIT | REPLY |   

クニ  

ロックン君の冷蔵庫に上がってる姿を観て安心しました
でも奇跡が起こらないかしら・・

最近の獣医さんよく解りませんって昔から分かりませんが・・・
獣医さんは人間と違いすべての病気を診ないといけない
中には苦手な分野や良くわからい病気と言うのもあるらしいです
でも先生もプライドがあり分からないとは言えないし・・・

昨年、今年と2にゃんを亡くした時、近くで良心的な先生でしたが
知識が余り無い感じ、忙しくて流れ作業の様な応対で獣医さんは
良い人だけではいけないなと思いました

その後チビの時は病院を変えたんですけど、其処は先生が5人も居るので
心強いし
時間を掛けて色んな話をしてくれました
何年もかかったチビの目の炎症を未だ完全では無いけれど、綺麗な目に
してくれました
唯、その病院が良いか悪いかは未だ分からないですね

2015/05/28 (Thu) 04:02 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

Gaviちゃん
昨日はお会いできて本当に嬉しかったです〜〜。( ´▽`)
そしてあんなにたくさんのお心遣いまで・・・(T▽T)ウルウル
酸素室には3回強制インさせて、1日1回は周囲をウロウロ覗きにくるけれど、
まだ自主的には入りません。それでいいのかな。^^
ビブと一緒に・・・ アイツはあてになりませんぜ、ミケですもん。^^;

ほんなあほな。さん
ほんなさん、お会いできて約束通りカラダで返して頂いて(笑)、嬉しかったー。( ´▽`)
しかし、私を見て、フツーの女の人だった・・・的なことをおっしゃられてましたが、
どのようなバケモノを想像してらっしゃったんでしょう。(爆)
ほんとに痛くなく苦しくなく・・・を希望するばかり。がんはそれが難しいのけれど。

ANKOさん
ANKOさん、お会いできてとても嬉しかったです!具体的なお話もお聞かせいただいて、
ぐっと気持ちが落ち着きましたよ、つて泣きそうになったりしたけども。( ̄∀ ̄||)
「医者が裁判沙汰になるのを怖がってる」ほんとその通りだと思います。
知識だけは豊富で臨床経験の乏しい医師は、特にそうなんでしょうね。

ケイママっちさん
急な問い合わせだったのにすぐにお医者さんを紹介くださって、ほんとにありがとう。
あとでメールします。^ ^


2015/05/28 (Thu) 05:47 | EDIT | REPLY |   

Gavi  

ぱんとらおねえちゃん、昨日はお会いできておねえとっても喜んでたにゃ。ありがと!
ぱんとらおねえちゃんってすっごくショートカットのボーイッシュおねえちゃんってイメージしてたから(←どんなイメージにゃ!)、ステキなおんにゃの人でちょっと意外だったにゃあ!(←ほんなあほな。おねえちゃんと同じ?)
でもね・・・(¬_¬)チラッ あてになりません、ミケだもの・・・
ってどういうことにゃあ?
ロックん、いいお医者さんでもし辛いんだとしたら、少しでも苦しいのなくしてもらえますように。

2015/05/28 (Thu) 10:42 | EDIT | REPLY |   

矢羽  

こんばんわ!
昨日はお会いできてうれしかったです(≧∇≦)
あわあわしてて何を話したかちゃんと覚えてない。
私のイメージのぱんとらねえさんはカリたんだったのだけど
やっぱり(おとな~)って思いました。横わけだから?(笑)
脳内イメージと実物って同じ時もあるし、そうじゃない時もあるよね~、
(ほんなさんは三ちゃんみたいかなあって思ってたけど違ってた!!)
いつか絶対に飲みにいきましょう!
ロックンね、なんだかんだいってもやっぱりあの目力はすごいと思うの。
苦しくなくおだやかな毎日を過ごせるよう心から願っています。

あとね、みみ、保護時(7か月)今と体高同じだけど
3匹妊娠してて、体重1.7キロだったの。
当時の写真あまりないけど、見るとぺったんこよ。

2015/05/28 (Thu) 21:42 | EDIT | REPLY |   

ほんなあほな。  

まさか、お会い出来るとは思っていなかったので、正直、ドキドキ舞い上がってしまいましたわ^^;
で、物凄く、しっかりとした落ち着いた大人の女性で、「おお!!ちゃんとしてる!!」って思ったのですよねw
そう、それに横分けだったから(笑)

また、機会はあるはずだから、その時は、じっくりしっかりばっちり、飲みましょうね♪

そうそう、ロックン、スープ!!↑で書いてらしたのを読んで、ナイス!って^^v
家の先代は、カニカマが有って良かった~~って思ったことがあったなぁ。。。

2015/05/29 (Fri) 08:38 | EDIT | REPLY |   

Yomogi  

こんにちは!
Gaviちゃんとこから、参りました。
私の経験ですが、過去に腹水でやはり抜くか抜かないかの話になったことがあります。胸と腹では幾分違うかもですが、医者は私に判断を求めました。
が、私は自分で決められてよかったと思っているのです。
抜くとまたたまる。抜かないと心臓とか他の臓器の負担にもなる。
真剣に考えました。結果、抜かずに過ごしましたが、それでよかったと今でも思っているのです。
ちなみに友人の猫ちゃんは胸水がたまり、やはり心臓に負担がかかるからと抜いて一時楽にはなるのだけど、またたまるので抜く。それが猫さんにはものすごく痛かったらしく、飼い主さんをみると逃げるようになったしまって辛かったと。

もちろん病状や年齢、いろんなことで単純に比べられるものではないのかもしれません。
でも、猫本人は何も自分で決められないのですから、どんな治療をしていくのかは、医者ではなく私が決めたいと思っています。(という人もいるよってだけです。医者も相性ってありますよね)
ただ・・・お医者さんの説明ヘタ&説明不足なかんじがありますね。
そういうお医者は実はたくさんいるのかもね。
たくさん調べたり勉強して、猫ちゃんを守ってあげてくださいね。

2015/05/29 (Fri) 12:56 | EDIT | REPLY |   

ロックンの姉、ミケにゃ^ ^  

ぱんとらおばちゃん

はじめましてにゃ。
アイツどこにいったか、ずっとしんぱいしてたにゃ。
きのうアイツ関西弁で、
ねぇーちゃん、しんぱいかけたな、
ボクはすっごくしあわせやで〜
ねぇーちゃんがにげたとき、
ボクもにげようとおもったけどな^^;
でもな、にんげんとねこのおばちゃんがボクにメロメロになってな^^;
今すっごいしあわせや〜

ぱんとらおばちゃん
アイツはビビりなやつだけど、おばちゃんのことだいすきやで〜

アイツ






2015/05/29 (Fri) 21:14 | EDIT | REPLY |   

kitcat  

説明力

○ ロックンのまん丸お目目に癒されます。
 どこにいても、この目を見たら、ノックアウトですね…♪
         ~~~~~
 さて、胸水を抜くことを飼い主に判断を求めるときには、「調べたところ、抜かないとこんな状況になる。一方、抜くとこんなことになる…」といった判断材料を事前に示すものですが、これは、人間でも同じ「説明と同意」(=インフォームド…ナントカ)なのですね。
 この部分が、S医師は不足しているみたいです。
 本当なら、「なぜ胸水が溜まって来るのか」、獣医なんだから自分なりの診たてを言うべきです。
 (”がん”は、よくわかんないから、腎不全で腹水について言えば、)「腎臓が骨髄に『血液を作りなさい』という指令を出すはずなのに、その機能が減っちゃったので、血液の成分が狂ってしまい、浸透圧が逆になって血液中の水分が皮下に溜まって来ました。今抜けば、この作用がどんどん進むので、一気に抜けません」
とか、一般の人でも、まぁわかるような説明をしなくちゃいけないと思うのです。
 胸水を抜く技術だけじゃなくて、その説明力も合わせて、治療費に含まれるのですから、わからんことはとことん聞いていいと思います。
 そのことが、ロックンの生活の質Upになるのですから… やっぱし…(←そうだそうだ、ガンバレ!)
              <ののちゃんより>

2015/05/29 (Fri) 21:41 | EDIT | REPLY |   

クロpapa  

ロックンが快適に暮らせるといいな~
今どきは、酸素室のレンタルがあるのですね。驚きました。
papaもトレーニングの回復用に欲しい!頭だけ入れたい!

お医者さん、ガッカリですね。でも次の方が見つかってよかった。
クロのお医者さんは、まあまあ頼りになりますが
説明が少ないので、積極的な治療の場合は不安もあります。
そういえば、以前、セカンドオピニオンをお願いした近所で評判の
出前のお医者さんとは、疎遠になってしまった!

ロックン、ジャンプ凄い~、しかも、そんな狭いところに!

2015/05/30 (Sat) 16:41 | EDIT | REPLY |   

まかない  

日本ではこういうレンタルもあるんですね。
日本の方が進んでいる気がします。

S先生は残念でしたね。
その時の気分とかで変わる方なんでしょうか。
自信のなさの現われかもしれないですね。
でも次の先生がみつかったようで、よかったですね。
いい先生を探すのは本当に難しいですね。
こっちの先生は、積極的治療をするかしないかで、グレーゾーンとうか、ではクオリティライフを考えて治療しましょう、みたいな先生がいない気がします。運が悪いだけかもしれませんが。もうからないからなんでしょうね。

ロック王子に毎日元気玉を送らせて頂いています。。。

2015/05/31 (Sun) 11:31 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

nico.さん
お返事遅くなりましたー。(^-^;)
たぶん、相性の問題大きいかもねー。セカンドオピニオンの時には気づかなかったというか
そんなことしなかったんだろうけど、その後2回行ったけど、両回とも途中で時計を見るのよ、
話してる時にだよ、もうそろそろ時間なんだけどー的な。それを感じて、もうないと思った。
みなさんの念に後押しされて、人としてすんばらすぃ獣医さんに巡り会いましたよ。( ´▽`)

鍵コメさん
いつもいつもありがとう。ご自身が大変な時にほんとに感謝です。
確かに1回だけではわからんね、相性は。(笑) 実は、リアルに親しい人に近くでいい
獣医が見つかってよかったね、と言われた時に、私、手放しで喜ぶことなく、
臨床の様子見てないからまだわかんないかも・・・と言ってんですよね。
さらに、鬼院長のところでがん性胸膜炎の結果出た時にも、セカンドの先生に相談するかどうか
迷ったんよね。セカンドオピニオンは素晴らしかったけど、どこか相性?が
しっくりこなかったんだと思う、最初から。今思えばね。
ロックン、好きなものから食べなくなったからねぇ・・ 鶏肉とか貝柱とか牛肉とか。
一度ジャンクっぽいのにはまって(笑) 今は、高級外国ムース系orスープ系がお気に入り。( ̄∀ ̄||)
一缶の量が多くて、もったいないんだけど、食べたと思って、毎回新たにパッカンですわ。^^;

2015/06/01 (Mon) 00:10 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

鍵コメさん
医者との相性って、すごくあると思うんですよ、患者からはもちろんだけど、
患者からの場合は、弱い立場だからがまんする場合もあるけれど、
医者側からだったら、がまんしてまでやりたくないと思うのも、あるだろうなとも思うのよね。
それが、人の医者よりも動物の医者の方がやりやすいのかもしれん。って、その時点で
腕はいくらよかったとしても勘弁してよって思うけれど。
かかりつけの病院、良さそうな感じですね。意外と近いかも。( ´艸`)
H動物病院は、昔何度か行っていて、担当して貰った先生がいい先生だったんだけど
次に行った時にはもういなくて、その後あたった先生がひどくてさー、それから行ってない。
人気のある先生は、2時間待ちがあたりまえなんだって。そりゃないわ。^^;;

クニさん
そうですよね、クニさん、立て続けに愛猫亡くされて・・・
おっしゃる通り、「良い人」だけでは私もダメで。それなら人非人でも腕と見立てが良い方がいいと
思う人なので、けっこう難しいっちゃ難しい。
良いか悪いかってのは、確かにわからないかもしれませんねー。ただ、自分がその先生を信頼できるか
という点だけかもしれません。
鬼院長のことは人間的には好きになれないけれど、獣医としては認めているから
何かあったらやっぱりここかなと思ってるし、今回の先生は、単に人柄が良いだけでなく、
自分のポジションを認識したとても自信のある先生のようです。病院選びはほんと難しいですね。

2015/06/01 (Mon) 00:30 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

Gaviちゃん
Gaviちゃんにも会いたかったにゃー。おねえちゃんってば、
ボーイッシュではなくおっさんをイメージしてたんとちゃうかしらね。( ̄艸 ̄;)
まぁ、中身はおっさんみたいなもんやけどね。^^;

矢羽さん
そっか、カリのイメージか。確かにビブではないよねー。ビブのイメージは母なんですけどね。
3回目の成人を控えるヒトにおとな〜って、そりゃ老けてると同義でしょがー、横分けやし。( ̄∀ ̄||)
まさに、みみちゃんに歴史あり・・・ やね。飲みは必ず!


ちゃんとしてる・・・って。(爆) もしかして、パンダかトラの着ぐるみで来ると思てたとか( ̄∀ ̄||)
↑矢羽さんは、三ちゃんみたいなイメージで思ってたらしいけど、やっぱりといぼんよねぇ。( ´▽`)
カニカマ!そーゆーのあげてみる手もあるか・・・ thx!

2015/06/01 (Mon) 06:20 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

Yomogiさん
はじめまして。^^ そうですか、人それぞれ考え方は違うものですものね。
最終的に決めるのは確かに飼い主です、言われるがまま・・・なんてことはありえません。
言葉足らずだったかもしれませんが、その判断までのプロセスにおいての医師の態度を言っています。
腹水では、2年前に乳がんで虹の橋にわたったカリが、末期に腹水がたまってましたが、
担当医は、この病態では負担になるからと抜かない判断をしました。私も納得しました。
私は、そのような治療をするかしないかの判断をまず医師は出すべきだと思っています。
抜けば楽になります、でも負担もかかります、さて、抜くか抜かないかどうしますか?というような
飼い主に最終判断を委ねる言いようは、その医師が責任を負うことから逃げてるとしか思えません。
もしそのように言われたら、で、先生はどちらを勧めますか?とまちがいなく聞くし、
と同時にその医師への信頼感はなくなりますね、責任とりたくないのか・・・って。
人間の病気でも猫の病気でも同じ、罹ったら片っ端から調べますよね、
ネットの発達は、専門的なことでも簡単に調べられるようになって本当に便利。
ただ、その情報の見極めも重要で、経験談にしてもその分野のシロウトが書いてる専門情報は、
眉にツバつけて見ないと。ここの情報もしかりですよ。(笑)

2015/06/01 (Mon) 07:09 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

ロックンの姉、ミケにゃさん
ええーっ? ミケにゃんって、ロックンのお母さんじゃなかったのーっ??(^▽^;)
今しあわせやってゆーてたんやね・・
でも、ムリヤリ薬飲ませたりごはんをちょっと多めにあげたりして、
管理人のこと嫌がってるみたいに見えるんやけどねぇ・・(ノ△・。)
とにかく痛みと苦しいのをとってあげることしか考えてないから。
ミケ姉から伝えてね。

2015/06/01 (Mon) 17:56 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/01 (Mon) 21:20 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

Re: 説明力

kitcatさん
Re: 説明力
私の説明不足で、誤解を生じてしまいました。ごめんなさい。^^;
胸水を抜くかどうかを判断しなければならない時になれば、まちがいなくS医師も
それぞれの判断材料を提示してくれると思います。
この時は、そういう状況になった時のことを想定して、事前に、決めるのは飼い主ですからね、と
念押しされたということです。
私が、その現場に直面して、抜く抜かないそれぞれの説明をされてさぁどっちにする?と聞かれたら、
まちがいなく、医者として今の病態だとどちらを選択した方がよいと思うか?と尋ねますが、
事前に、それは飼い主が決めることだと釘を刺すかのように言われたことに、驚いたのです。
鬼院長病院では、胸水は余命を考慮しリスクを負ってまで抜くかどうかの見極めが重要、
と言い、その見極めが医者としての仕事という認識でした。その医者の判断に納得できなかったら、
セカンド、サードと聞きにいけばいいということですよね、そのためのシステムなのだから。
あらためて数えてみたら、私、両手使っても数えきれない数の動物病院に
これまで行ってるんですよ。いや〜、いろんな先生がいますわ。(^-^;)

2015/06/02 (Tue) 12:33 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

クロpapaさん
酸素室に頭だけ!(笑) もちろん、やってみましたよ。( ´艸`)
酸素が上から降り注がれてるのはわかるけれど、それで頭がクリアになることはなかったわー。
結局、鬼院長病院からセカンド、サードと聞いて、結局4番目のところでお世話になる予定です。
出前のお医者さん!(笑) 往診してくれるのはありがたいかもー。
そーなんです、ロックンのジャンプ、狭いところに飛び込むってところがすごい。猫ってすごいなー。

まかないさん
S医師は、私がイヤだったのかもしれません。(笑)
鬼院長病院で診てもらってた(S医師は鬼院長病院を知っていた)ってだけでも意識するだろうに、
さらに小動物がんセンターでターミナルケアを受けた経験もある飼い主ですよ、
しかも自分より年上、いやだよねぇ。( ̄∀ ̄||)
で、今回決めた先生は、次の先生ではなく、結果的に次の次、ということになります。
積極的治療・・・ がんセンターの院長がアメリカで腫瘍学のドクター取得した先生だっただけに、
アグレッシブでしたねぇ。それとバランスをとるようなカタチで、担当医は無理をしない方針で
考えてくれてました。今思うと、さすががんセンターはターミナルケアの点では
いい病院だったと思います。ただ、紹介がないと行けないのがネック。
まかないさんっ!!いつもほんとにありがとね。
送ってくれた絵からも念をいただいていますよ。^ ^

鍵コメさん
特例もあるけど、基本的にその偏見に同意。(笑)

2015/06/02 (Tue) 12:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment