王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生

06
Mon
2016

元気にしとるよ

ロックンの実家のかーちゃんwadaさんから、
岩合さんの「ネコライオン」写真展の招待券をもらったので
昨日、一緒に日本橋三越に見に行ってきました。

会場外の壁面。「自分ちのネコ自慢」ということで、
160605_nekolion0.jpg

設置してあるプリンタで自由にスマホの写真をプリントアウトして、
壁に貼ってOKってことになっていましたけど、
こういうことに参加しない管理人であ〜る。理由、めんどくさいから。(笑)

会場内はもちろん撮影禁止。で、唯一撮影OKだったのが↓これ。

160605_nekolion1.jpg

iPhoneで撮ったんだけど、平行水平とれてないねー。(^ω^;)


これ↓は会場入口脇に設置されていた写真展サインとオブジェ。

160605_nekolion2.jpg

つて三越の入口シンボルのライオンを置いてるところがナイス!
これ、三越でしかできないことだし。(^∀^;)
右の壁面と入口ポスターサインに、岩合さん直筆のネコイラストとサインが。

ライオンの周りにみえる小さな茶白は、

160605_gachan_iwago.jpg 160605_gachan_okimono.jpg

あくびネコで有名ながっちゃん(左写真)の置物。たくさんおったけど売り物じゃあないんかな。

そういえば、グッズ販売は目につかなかったし、図録とか写真集も見なかった気がするけど、
まさか売り切れ?
日曜日のお昼前後という人出の多い時間帯ということもあってか、
老若男女で盛況でした。

ネコとライオンの似てる仕草....ってくくりだったりで並べて展示されてたんだけど、
やはりライオンの写真では、ファインダー越しの岩合さんの緊張感もが伝わってくる迫力でね、
その対比としてのネコたちの写真には、岩合さんの穏やかな視線が感じられつつも、
世界ネコ歩き展と較べると、ネコの野性部分がグイッと立ち上ってるように感じたなぁ、
観る側の意識のせいかもしれないけれど。

なんにしても、わかってはいることだったけど、
岩合さんは、やはり、単なるネコ写真家ではないのでした。( ´艸`)

「ネコライオン」展って巡回展なのかしらね、
3年前にも東京都写真美術館でやっていて、見損なってたんだけれど。
と気になって調べたら、やはり2013年からの巡回展でしたわ、
詳細こちらこちら、展示写真ものってますよ。


と。
上までの記事で終わろうかとも思ったけれど、今日は、6月6日
スルーも不自然だし、とはいえ、気の利いた言葉なんか出て来ないし、あまり語りたくないし。
とか言いながら、明日になったら何か語りたくなるかもしれんけど。(笑)
とりあえずご存知のない方に念のため、去年の6月6日にはこんなことがあったんですわ・・・

ネコライオンつながりでいえば、ロックンはちっともライオンっぽくなかったなぁ。
百獣の王なんてな強いところはまったくなくびびりん坊で(笑)、
ほんとにみんにゃに優しくてかわいくていい子だった。

今日からしばらくTOP画像はこれ↓でいきます。
160606_topgazo.jpg

うん、元気でやってるよ。ロックンがいないのがめちゃくちゃ寂しいけどさ・・・



160606_luck.jpg
ラクライオン「はぁん? 俺さまがおるのに寂しいとは、何ぬかしとんねん」

それにしても、どないしたらこんなにコワイ目つきになるんですかねぇ・・・ (゚△゚;ノ)ノ

まぁ、ニャンキーラックんがいるおかげで、
寂しさは紛れてるし、毎日笑顔と笑いに包まれてるんだけどね。(*´v`)



himeojigi.gif よろしければ、ぽちっとお願いします ฅ(ΦωΦ)ฅ
  
         =^. .^= ありがとにゃー
関連記事
スポンサーサイト