王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

25
Sat
2016

縞柄ファミリーヒストリー

突ですが、質問です。

ラックん(&ピカちゃん)シマシマーずの関係はというと?
 a.兄弟
 b.従兄弟
 c.叔父(叔母)と甥
 d.叔父と甥(姪)


はい、アッサリと答えを言ってしまいますが、
c.の叔父(叔母)と甥の関係でございまして、


160602_150923_kira.jpg 160602_150909_pika.jpg
叔父ラックん(ピカちゃんは叔母(^∀^;))で、

甥っ子たちシマシマーずれお&りくくうた
160625simasima.jpg

なのであります。

シマシマーずのおかーちゃんが、ラクピカちゃんのお姉さんになるんですね。
つまり、
ラクとピカのおかーちゃんが、シマシマーズのおばーちゃんってこと。

あぁ、ややこし。( = ∀ = )

そんな彼らのおかーちゃんでありおばーちゃんを頂点とする縞柄ファミリーは、
2013年、うちの近所でもある妹んちマンションの敷地内に出現しました。
そんな縞柄ファミリーヒストリーを備忘録として記事にしておくことにします。

簡潔にと思ってたけど、ものすごーく長いよ。(^ω^;)
お時間のある時にでもご覧いただけたら。


ず、遡ること
2013年の9月
妹たちの住むマンション敷地内の、
それまで猫を見かけることのなかったバイク置き場と自転車置き場に、
ある時から子猫が2匹現れ、それから頻繁に見かけるようになりました。
月齢4カ月って感じだったか。

201309_coco.jpg 201309_natsu.jpg
左のキジ白が♂のココ。右のサバトラが♀のナツ。名前はエサやりさんが決めてました。(^ω^;)

初めてこの子猫たちに遭遇したのが、
ちょうど妹たちが寅次郎さくらを家に迎え入れることを決めた直後だったから、
よく覚えてます。2匹ともとても器量良しでかわいくて、
サバトラのナツ♀は少し警戒心が強かったけど、
♂のココはとても人懐っこかったから、
もうちょっと出現タイミングが早かったら、
妹んちの猫は、このココナツになってた可能性大でした。
そしたらシマシマーずは、この世に存在しなかったんだけれど。(^ω^;)

この子猫たちを目撃してしばらくは、
誰かがエサやりをしてるということも知らなくて、
お花の世話をしてるヒトから苦情がでなきゃいいけど.....
なんてことを心配していたのだけれど、
なんと
ボランティアで敷地内に花(主にバラ)を植えて世話をしているマンション住人M氏が、
この子猫たちとそのかーさん猫にエサをあげている!ってことを知り、
ほんとに胸をなで下ろしたのを思い出します、
ほら、野良たちが花壇におちっこしてトラブルになるってことよくあるから。

で。
壁の上にいるのが↓ココナツのおかーちゃんのナツヨです。エサやりさんM氏が命名ww

201309_natuyonatu_.jpg

ナツヨ、この写真だとわかにりくいですが、薄三毛ちゃんです。
そして、この薄三毛ナツヨが、
ラックんとピカちゃんのおかーちゃんでもあります。(笑)

もとい。
エサやりさんM氏がエサをあげるようになったいきさつを聞くと、
ある日突然、薄三毛ナツヨが、子猫のココナツを連れて、
M氏が水やりをやっているあたりに出没したんだそう。
続けて毎日やってくるもんだから、そこでM氏、初めてエサをあげたそうです。
この親子が来る前、この場所には他の猫が通り過ぎることはあっても、
毎日通ってくることはなかったから、
M氏はこれまで猫にエサをあげたことはなかったらしく、
つまり、毎日エサをあげるようになったのは、
ナツヨファミリーが初めてとのこと。

この写真↓は、2013年11月頃、子猫たちちょっと大きくなったかな。
201310_coconatsu.jpg

なんだか、ココナツ、柄の感じがまるで、
ピカちゃんラクみたいでしょ。( ´艸`)

まぁ、同じ母親から生まれてるから似てるってことだけど、
もしかしたら父親も同じだったりして?!щ(゚Д゚щ)


この頃は、猫たちが敷地内の駐輪場やバイク置き場に出没しても
嫌がるヒトもいないようで平和だったんですが、
それでもやはり、避妊去勢しないと増えてまずいことになるなぁ....と気になってもいて、
でも、ワタシの居住空間じゃないしなー・・・ と、
言ってみれば、管理人、見て見ぬふりをしていたのでありました。(´・ω・`)


2014年
ナツヨファミリーは無事越冬して、母ナツヨ(薄三毛)と娘ナツ(サバトラ)は
基本的にはこのエサ場に引き続きごはんを食べにきてはいたものの、
ナツヨの息子ココ(キジ白)はそろそろ独り立ちの季節となったのか、
他所での目撃はあったものの、残念なことにこのエサ場には現れなくなっていました。(´・_・`)

その代わりに、他の猫たちが入れ替わり立ち替わりやってくるようになっていて、
また,他にも気まぐれ?にエサをあげるヒトもいたようで、
そのせいか、5月のGWあたりから、
M氏がエサをあげてる場所近辺数カ所に、

エサやり禁止! なる貼り紙が貼られるようになっていました。(;´Д`)

こりゃまずいなぁ、母ナツヨと娘ナツのごはんはどうなってんだろう.....
それに避妊去勢していないから、増えなきゃいいけど・・・

と心配していた矢先の6月頭
妹から「子猫いる!」のメールが。
添付されていた写真には、大きくなって落ち着いた感じのナツがいて、

201406natsu.jpg

写真右下に見えるカバーのかかったバイクの下に子猫がいた、というもの。

エサやり禁止の貼り紙が貼られても、
M氏めげずに場所を少しずらしてごはんをあげていたので、
家族の増えたナツヨ・ナツファミリーは定期的にエサ場にきていたのでした。

責任もってごはんをあげてくれてるのは猫にとってはありがたいことだろうけど、
エサやり禁止の貼り紙が出ていることを思うと、
地域猫として面倒をみるべく増やさないことにも責任もたないといけませんね.....
ってなこと言いながら彼の考えを確認したところ、
M氏、不妊手術の費用を自分で負担してまでする気はない、とはっきり。

こりゃまずいなぁ.....と気になりつつも、ワタシも、
積極的に外猫問題にコミットしたくないってのが正直なところだったから、
管理人的にもそのあたり曖昧にしていました、子猫をこの目で見るまでは。(笑)

う、その時は、妹が目撃してから10日後あたりに訪れたのであります。

堂々とバイク置き場で遊んでいる子猫3匹に遭遇です!

201406simasimaz.jpg

めっちゃかわいい〜♥♥

けど、

3匹も増えるとかなりまずいーーー!(;´Д`)

何がまずいって、エサやり禁止にまでなってるくらいだから、
まちがいなく苦情がくるだろうし、嫌いな人がいる限り何されるかだってわからない。
それと、バイク置き場から直ぐのところに車も通る道路はあるから、事故の危険もある。

んなこんなで管理人、子猫の捕獲保護ナツ捕獲&避妊手術の敢行を決意、
早速、この翌日、すぐに使えるようにと不在の妹んちに
捕獲器とキャリーバッグを置きに行って戻ったところ・・・

今度はバイク置き場よりもマンション入り口に近い駐輪場で、

201406simasimazhirune.jpg

まったりかわいらしくお昼寝してるやん。(*´v`)
つーか、なんと無防備なこと。w(゚o゚)w

こりゃ今捕獲しないでいつするよ!ってもんで、
妹んちに仮置きした捕獲器とキャリーとエサを再びとりにいき、勇んで戻ったら
なんと3にゃんずの母ナツも合流してるではないですか。

うーん..... こりゃそう簡単にコトは進められないかもなぁ、
こうなると母猫の方が先かなぁ.... といろんな考えが脳内めまぐるしく駆け巡る中、
なんにしてもまずは捕獲器にエサをセットしようってんで、
少し離れたところで用意していると........

なんと子猫3匹がわらわらと寄ってくるじゃないですかっ!щ(゚Д゚щ) 

そのうえ、母ナツも、
そんな子猫たちをまったり寛ぎながら眺めてるだけじゃないですか!

この状況下、管理人の心は即決、
まず子猫を捕獲しようと。

つーか、ほんと、缶詰パッカンと開けただけで、子猫3匹我先にと寄ってきて、
吊り下げ式の捕獲器だったのだけれど、
扉をしっかりセットする間もなく、手で持ってる段階で
2匹が入ってきちゃったので、そのままフタしめて、
残るもう1匹は、一か八かではあったけれど素手でつかんで、
そのままキャリーにイン。( ̄∀ ̄||)

さすがに3にゃんずが捕獲器とキャリーに入った段階で
ナツも何事?!と気づいたようで、シャーフー!威嚇してきたけれど、
ごめんね.... あとの祭り。(^〜^;)

ということで、捕獲器もキャリーもそれ以上持ち合わせてなかったし、ワタシひとりだし、
ナツの捕獲&不妊手術は後日ということにして、
シマシマーずの3匹をそのまま病院に連れてって、検査。
そのあとのことは、カテゴリーシマシマ三兄弟に記録してあるので、
気になる方は、よろしければご覧ください。

して、子猫捕獲の1週間後だったかに、無事にナツも捕獲&手術、翌日リリース。
実はこの時、できればナツの母、ナツヨも捕獲できれば....と狙っていたのですが、
ナツヨは捕まらず、エサやりさんM氏も初見という♂ネコが捕まったので、
そいつにも去勢手術を施しました。

その数日後からしばらく、子猫たちを探しているのか、

201406tasogarenatu.jpg

黄昏れるナツの姿が・・・ (っω・`。)

そんなワケで、2014年の6月〜7月には、
ナツの不妊手術はできたけれど、
ナツの母、ナツヨを捕獲することはできず、
また、管理人もその手の使命感に欠けているため(笑)、
とりあえずナツとよくわかんない♂ネコの不妊手術完了で、
この時はヨシとしたのでした。( ̄∀ ̄||)


の写真は、ブレブレですけど、
2014年の11月頃のもの。
久しぶりの、母ナツヨ娘ナツの2ショット。
201411natunatuyo0.jpg

ナツが不妊手術のせいか、別ネコのように太っちゃいました。( ´艸`)

201411natunatuyo1.jpg

なにはともあれ、元気でいてくれて一安心。
子猫つれてなくて、二安心。(笑)

ということで、結局ナツヨの不妊手術はできないまま、年を越し、

去年2015年の7月を迎えるわけです。(^ω^;)
7月の最終週ぐらいでしたっけ、
エサやりさんM氏から、

「ナツヨが子猫を2匹つれてきた!」のメール。(;´Д`)

何回か現場を見に行くも遭遇できず、初めて目撃したのが、

201508natuyo.jpg

8月の初旬。
ピカちゃんとも遭遇。(^艸^)

160530_150801pika.jpg

そして、8月8日に無事、ナツヨを捕獲&手術、翌日リリースいたしました。
その時の模様はこちら
ナツヨをリリースしたときに出現したナツと一緒にいた子猫は、
どうもピカちゃんじゃなく、ラックんだった気がします。
エサをあげてて2匹同時にみているM氏も、もどっちがどっちかわからない、
ほとんど同じ顔してるというほどに、当時は似ていました。

れから2週間ほど経った8月23日に、ピカちゃん捕獲。
同時に、複数仕掛けていた捕獲器にオトナのサバ白♀もはいったので、
その子は不妊手術すべく病院に連れてったのだけれど、
なんと!既に不妊手術済みでした。耳カットなしでしたが。
家の子だったのが捨てられたのか、家の子が外でお散歩していたのか・・・
いずれにしても、怖い目させて、ごめんね。(´・ω・`)

いうことで、残すはもう1匹の子猫。ラックんです。

が、何度も書きますが、管理人、さほどの正義感も責任感も持ち合わせてないので、
暑いししんどいし(笑) 保護したピカちゃんの里親探しもあるし、
ここまでご尽力いただいたzaipha51さんにも申し訳ないし、
正直、間を置かずに続けて捕獲活動をしようという気になれず、
エサやりさんM氏と連絡をとりつつ、頃合いをみて(いつやねん)捕獲することにしました。

何事も適当がモットーです。(笑)
してたってるんやもん、悪くないでしょ。( ̄∀ ̄||)

そんなこんなで、適当に日にちは過ぎ、
ときどき様子を見に行っていた現場で、ナツに遭遇。
9月の初旬、珍しくひとりでエサ場に来ていました。

201509natu.jpg

さらに肉付きよくなってましたが、やはり美猫さんです。

ラクピカのお姉さんにあたるわけですが、
あらためて見ると、ほんと似ています。
母である薄三毛ナツヨよりも、ナツの方に似てますね。

して、このナツとの遭遇から1週間後に、
これまたひとりでエサ場にやってきたラックんを無事捕獲することになります。
その時の様子は、こちらに記事にしましたが、(この時の仮名キラリンw)
管理人のエサのセットがまずくて、3回も捕獲器に入ってごはんを食べて、
4回目の正直での捕獲でした。(笑)

シマシマーずも自ら入ってきてくれたけれど、
ラックんも4回も入ってきて、きっと捕まえて欲しかったんだな。( ´艸`)

そして、この時、ラクは既に去勢済みで・・・

160624_luck1.jpg
ラク「オレに歴史あり、や。まだ1歳やけどな 」

捕まえられて病院に連れて行かれて手術されて・・・
怖い目みたやろうに、ほんまに人懐っこい子です。

160624_luck2.jpg

ωちっちゃ。(〃▽〃)


ナツヨが開拓したM氏のエサ場には、
今は、ナツヨしか、きていないそうです。
この地域、実はほかにもエサ場があるから、でもありますが。

それもあって、M氏は、ナツヨが来なくなったら、
もし他の猫がきても、もうエサやりはしないとのこと。

ナツヨ、元気で。


ナツナツナツナツ ココナ〜ッツ♪ 『ふたりの愛ランド』

名前に由来あり。(笑)


himeojigi.gif よろしければ、ぽちっとお願いします ฅ(ΦωΦ)ฅ
  
         =^. .^= ありがとにゃー


******

ドキュメンタリー映画
アトムとピース ただいま渋谷イメージフォーラムにて公開中。
放射能の恐ろしさをいちばん知っていたはずの日本人が、なぜ福島の事故を起こしてしまったのか?
そしてなぜ今も原発にこだわるのか?
この疑問を胸に長崎被爆3世の瑠衣子が旅を続ける中で、
日本のプルトニウム保有の現状や政治家が隠してきた衝撃の事実が明らかになっていく・・・

AtomandPeace_title.jpg
6月18日(土)~ 11:00/21:00
7月 2日(土)~       21:00

スポンサーサイト

9 Comments

海月  

猫に歴史あり、やね。
保護されてからのシマシマーず、ほんとかわいいなあ。
お母様が手放したがらなかったのも、むべなるかな。
そしてM氏のネーミングセンスは好きだわ。
地域猫問題は際限がないから、それぞれができる範囲でってのも大事だと思う。
うちのビール三姉妹も、一緒に捨てられてたママとあとひとりのきょうだいは行方不明。
M氏同様にごはんだけあげてくれる人がいて、現場で増えてるかもしれんけど、恐くて見に行けない( ̄∀ ̄;)

2016/06/25 (Sat) 12:15 | EDIT | REPLY |   

ほんなあほな。  

ナツとナツヨの一大絵巻物語を拝読しました~
Mさんに罪は無いけど、もう少し違いの解る名前を付けてくれてたら、
こんなに頭の中がナツナツにならずにすんだのに(笑)

2016/06/25 (Sat) 14:18 | EDIT | REPLY |   

矢羽  

うん、1匹の後ろには5匹+ままがいると思え(覚悟しろ)っていうよよねー。
1匹保護して、おしまいってこと殆どないよ。
6匹分の医療費(しかもうちの子じゃない)は考慮するに十分なことだし
うちににゃんこがいれば、簡単に家に連れて帰れないのが普通だと思うの。
適当で十分だと思います!その地域性もあるしねー。

2016/06/25 (Sat) 16:56 | EDIT | REPLY |   

wada  

猫がいたら、その場所には餌やりがいると思って間違いないかも....


私が餌やりしている場所も色々な人が通りすがりに餌をあげてくれているから有難いのだけど、人目を気にして一カ所に置き餌だから、
弱い仔は食べられないし、私が行くのを義理固く待っているのか、
必ず餌が残っていて、
蟻とナメクジまみれ状態に(~_~;)
苦情を考えると、そっちのほうが心配になり、様子を見に行ってしまうわ。
私が完璧に餌やりをしていたとしても、餌やりは餌やりなのよね。
でも始めの頃を考えたら、ネットのおかげか、地域猫の情報が広まり、苦情を言われることは殆どなくなりましたね。
犬の飼い主に餌やりしている最中、汚い猫と言われ、
耳カットしてないじゃん!と言われたことがあったわ。
言い返しながらも、あ〜猫キライにでも広まっているんだなぁ〜と^^;
感心しながら怒ってました。
まあ、住宅地じゃないからこの程度で治まっているんだけどね。
うちの区は地域猫っていう表現は使いたくないようです。
でもTNRしていれば、
苦情がきてもそれなりに理解してくれてます。
避妊手術を助成金使う条件として
飼い主のいない猫の面倒をみるってあるからね。
現実はそう甘くないけどね。
もう大分前だけど、ぱんとらさんの区の当時の担当者の話を聞いて涙が出そうになった…>_<…
野良猫に万単位のお金を出して避妊手術させ餌やりしている人達がいる、ビックリした。
そんな人達が表に出てこれないのが問題だ、みたいな話をしてくれて、当時の私は少し光が見えてきたようで嬉しかった。
うちの区もぱんとらさんもご存知の担当者Nさんが助成金やらここまで繋げてくれたんだわ^ ^
あっ、餌やりの話になると頭が熱くなっちゃうわ^^;
ナツなつココナツの餌やりさん
いい人だよ。
やっばり、外猫で生活しているときの写真みると身内って解るわ。
みんな似てるにゃ〜

福が落ち着いたら、
職場の人達を誘って映画みてくるわ〜

2016/06/25 (Sat) 21:05 | EDIT | REPLY |   

ちゃびお。  

歴史ややこしや〜(=^. .^=)ミャー
でもピカちゃんのファミリーの歴史がわかって嬉しくもあります(=^・^=)
ココくんは、足に縞柄がある所なんてピカちゃんにホントそっくり!
ナツちゃん今はどーしてるのかなぁー。そしてナツヨかーちゃんに会ってみたいなぁ〜(゚ー゚)(。_。)ウンウン

2016/06/25 (Sat) 21:21 | EDIT | REPLY |   

クニ  

ラック君、色々あったけれどぱんとらさんちの子に成れて良かったね~
これも縁、しかし4回も捕獲に入る猫さん聞いた事ありません(笑)
これは「僕をお家に連れてって~」と言ってる証拠ですニャ

しかしぱんとらさん自分ちのお家では無いのに正義成る方で凄いです
M氏はチョット思います・・・

我が家も猫が増えたのは友人の餌やりを手伝ってる内にミイラ取りがミイラになって
あっという間に3匹引き取ってしまったんですよね
今は外猫の写真は撮りますが、定期的に餌やりはしていません
餌やりは上げる猫に責任を持たないといけないかなと思うんです

2016/06/25 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

海月さん
ハル母さんほどの歴史ではないけど(笑)、猫たち、ニンゲンより波瀾万丈よね。
でしょー、M氏ネーミング(^∀^;)。「ふたりの愛ランド」か!と気づいた時、
ちょっと感動したもん。(笑) あと2匹出てきたら、アイとランドにしたそうだ。(^ω^;)
そうそう、いろんな意味で恐くて見に行けない。ナツは避妊手術してリリースしたとき
まだ若くて美猫で、私にガッツ(?)があれば保護して里親募集してもいいぐらいだったから、
なんかね、その後どうしてるか恐くて聞けないってところある。(´・ω・`)

ほんなあほな。さん
あはは!このネーミング名前だけだと違いがわかりにくいけど仕組みわかると膝打ちよ。
ナツナツナツナツ=ナツ×4=ナツヨだよ。(笑) あと2匹出てきたら、
愛とランドにしたらしいけど、アイアイアイアイ=アイヨじゃないんだ....とがっかりしたわ。(笑)

2016/06/26 (Sun) 16:04 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

矢羽さん
適当って書いたものの、これも難しいよね。一旦とっかかってしまったら、
適当ではすまされないってところもあるからねぇ。
それにしても、個人ブリーダーって増えてんだろうか。
最近そういうヒトからもらったって話いくつか聞いたので。

wadaさん
餌やりは餌やり.....って、どこか批判的?に見られるってことなのかな。
ご存知のとおり、この場所にエサやり禁止と書かれたのは、
そのマンションは元々ペット飼育禁止となっているから、
敷地内も同様に考えるということなのよね。
で、猫を嫌ってるのは別の花ボラさんらしいしさ。
マンション自治会自体は、エサやり問題にコミットしたくないのが本音のようだし。
うちの区は、地域猫化に対して自治体も積極的に関与してるけど、
ここにきて、ボラさんの方で、できる限り保護しようって動きもあるみたいだし。
私もM氏は悪い人ではないとは思うけど、もし私が対応してなかったら、
どうなってたんだろう....とも思うよ。
福ちゃん、どうしてる?

2016/06/27 (Mon) 05:24 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

ちゃびお。さん
ココは、ほんとにかわいかったですよ。(^艸^)
2014年の2月頃だったかこのエサ場で見た時はえらく丸くなってたけど、
私はそれ以降、このエサ場ではみていません。
みんな元気にしてくれてたらいいなぁ。^ ^
で、ちゃびくんのファミリーのことって、わかってます?

クニさん
4回も入ったのは、捕獲器なのに捕獲器の機能をまったく果たしてなかったから、
ただのエサ置き場だと思ってたからでしょうねぇ。(^ω^;)
M氏も悪いヒトではないですけど、お金が発生することとなると
そこまでは....と思う人、実際に多いと思います。M氏、ごはんのあと始末も
ちゃんとしてるし、気まぐれにエサやるヒトとは違うし。
ほんとエサやりほど、責任の伴うことはないですよねぇ、
今日は雨だからやめよかなと思っても、猫たちがわざわざエサ場にやってきてるかも
しれないことを思うと、その日の気分で....ってことはできない。
その覚悟ができてないならエサやりはやっちゃいかんかも、ですね。
猫だって、他のエサ場を探すだろうから。


2016/06/27 (Mon) 05:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment