王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生

06
Thu
2007

嘉利太后 プロフィール

CATEGORY嘉利太后
prof_kari_.jpg

嘉利太后 (カリタイコウ):Camellia Karie(カメリア・カリィ)
[通称:かりたん、バカリン]♀ キジトラ/2002年2月 川崎市生まれ

【名前の由来】
しばらく野良として育った捨てられていた場所の地名の一部をとって、
野良の時に「カリ」と命名される。
後に管理人によって、推定2月生まれというところから
"椿(Camellia)のようなカリィ"と誇り高く美しいという意味合いを加え、
実態はどうかはさておき(゚∀゚;)、フルネームはCamellia Karieに。
さらに、年とともに強かで強欲な女帝的性格を見せ始めたので(笑)、
慈禧太后(清の西太后)の向こうを張って「嘉利太后」のブログネームを献上。
カリー(嘉利、嘉例...)は、沖縄中南部の方言で「幸運」「縁起がよいこと」の意。
カリユシのカリと同義。

【生い立ちと猫となり】
友人宅マンションの敷地内に、ある日忽然と現れた3匹の仔猫兄妹のうちの1匹。
その時、推定生後4~5ヶ月程度で人慣れしていたため、
捨て猫であったと思われる。
人懐っこいので、住人たちからかわいがられエサももらって
敷地内公園に暮らすが、そのマンションがペット飼育不可住宅であり、
またエサをやるも後始末をしない人もいてカラス被害等発生、
猫嫌いからの苦情も出始め、エサやり禁止の看板が立つ。
さらに、人懐っこく誰にでもついて行くため、
悪意ある人間による危害や交通事故遭遇の危険が考えられたため、
2ヶ月ほどの野良生活を経て、
友人が3匹のうちの2匹(カリとその兄)を引き取る。

友人は既に♂1匹がいるところへ2匹を招き入れたのだが、
後にカリの兄がエイズであることが判明。
やんちゃな♂であったので感染リスクを考慮して、
まだ仔猫といえるカリを、3ヶ月ほど友人宅で生活したのちに里子に出す。
その後、里親が体調を崩され、1年数ヶ月でカリは再び友人宅に戻る。
そんなこんなの状況の中、友人のとりあえず飼ってみてみ?
との誘いに促され、猫飼育経験ゼロの管理人は
2歳4ヶ月の成猫となったカリを家に招き入れたのであるが、
なんとか、"とりあえず"が今にまで至っている。(微笑)

我が家の猫になってからも、既に引越2回で住まいは3つめだから、
生まれた(最初の?)家と野良生活も含めれば、
6歳までの間に8回も住まいが変わったという流浪猫である。
そのせいか、順応性に非常に長けている。
帰宅時には、必ず玄関まで出迎えにきてくれる律儀なやつで、
なかなか社交術にも長けた適度な甘え上手でもあり、
相手を喜ばす術も心得ているが、
管理人の布団に入って寝ることや自主的に膝に乗ってくることは滅多になく、
心底甘えてくることはない、のが少し寂しい。

獣医からお墨付きをいただいたおしゃべりな猫でもあり、
またキジトラの♀らしく、意地悪で狭量。 (・∀・;)
天真爛漫で猫好きだったビブがマイペース猫になったのも、
近くに甘えにきても絶対に寄せ付けないカリィの狭量さに起因すると思うのだが、
果たしてロックにはどうでるのか。


**

2013年3月2日、1年超の乳がん闘病生活ののち、虹の橋へ。享年11歳。
ほんとによくがんばった。カリは永遠に管理人の誇りだよ。


himeojigi.gif 応援、↓ポチッとよろしくお願いします。↓

     RB_b_150-60.jpg

関連記事
スポンサーサイト