王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生

09
Thu
2017

金四郎の親戚の訃報

ここのところの寒暖の差が猫たちの体調にも影響しているのでしょうか、
一昨日、金四郎の親戚筋にあたるペルシャっこのひとり、
ノンちゃんが急性リンパ腫で急逝したとの報せを
ペルシャっこの面倒をみていた預かりっ子クラブのメンバーでもある
wadaさん(ロックの実家のかーちゃん)からもらいました。


170209_kin1.jpg
金四郎「えっ!ノンちゃんってポコニャンやろ?ほんま?」

うん.... (っω・`。)

ノン(ブラック:旧ポコニャン)ちゃんは、同じくペルシャっこのライ(ルーク)くんと一緒に
里親さんの元に引き取られた子で、
実はライ(ルーク)くんも、去年7月、突然発症したFIPで急逝しています。
(そのことは、この日の記事にしています)

里親さんによると、今回亡くなったノン(ブラック)ちゃん、
ライ(ルーク)くんが亡くなってからずっと鳴いて探していたそうで、
後を追っていくんじゃないかと心配するほどだったそうな。

170209_rai_non.jpg
黒白がノンちゃん、白いオッドアイがライくん。ふたりちゃんと会えたかな

生まれてから2〜3年を140匹超の多頭飼育崩壊家庭という
過酷な環境の中で過ごしたことを思うと、
里親さんのあったかいお家で、12歳前後までゆったりと過ごせて
まちがいなく幸せだったんじゃないかな。
急逝ということは、見方を変えれば苦しむ期間が短かったとも言えるし・・・

とはいえ、続けて愛猫を急に亡くしてしまった
里親さんの心中はいかばかりかと・・・


170209_kin2.jpg
金四郎「ボクも健康に留意せんとあかんな」

キン坊、鼻風邪?もすっかり完治して元気にサル啼きする毎日ですが、( ̄∀ ̄||)
年男の12歳(前後)だし、体調管理に注意を払わないといけない年齢に違いありません。

幸い、驚くほどかなり自由にカラダを触らせてくれるようになってきているので、
この調子でさらに距離を縮められれば、病院行きも以前よりはスムーズになるかも。

病院に行かなくて済めば、それに越したことはないけどね。(^∀^;)


ノンちゃん、安らかに ..........



himeojigi.gif よろしければ、ぽち・ぽちっと押したってニャ〜 ฅ(ΦωΦ)ฅ
   
    =^. .^= 今日もありがとうやにゃイカー くコ:彡




*************************

人馴れ修行中のシュタイン君をヨロシク
banner_boshu_shutaRL.jpg

まだ少しニンゲン恐いで石のように固まるシュタ君ですが、
徐々になれつつあって、まだまだ子どもです。(^艸^)
あたたかく気長に見守ってくださるご家族を時間をかけて募集中。
そんな人馴れ修行の様子や詳細は、保護主REIさんのブログで見てみてね♪
関連記事
スポンサーサイト

11 Comments

やらいちょう  

そうですか、
寂しいですね。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2017/02/09 (Thu) 07:41 | EDIT | REPLY |   

ゆめた  

3匹から140匹になってしまった環境では、血もとても濃かったのでしょうね・・・。
先に亡くなった子のことをずっと探して鳴いていたことにも、胸が締めつけられます。
ウチのニャンズでは、あり得なさそうです(|||▽|||)

夢ちんとゆん坊とほぼ同い年のキンちゃん。
みんにゃの分も元気で長生きしてね。

ノンちゃん、大好きなライちゃんと会えていますように。
ご冥福をお祈りします<(_ _)>

2017/02/09 (Thu) 10:48 | EDIT | REPLY |   

海月  

仲良しの子に先立たれて、後を追うように…って、せつないなあ。
毛は長いけどナツと柄が似ているわ。
ノンちゃんのご冥福を祈ります。
金ちゃんの鼻が良くなったのは何よりです。
10年越しで両思いになれそうでよかった。
らくちとビブちもお大事にね。
キャリー、取手に重さが集中するタイプはきついかも。
最盛期13kgあったこざるちゃんは、キャリーに入れて台車(流星号)で運んでたらしいよ( ̄∀ ̄)

2017/02/09 (Thu) 14:09 | EDIT | REPLY |   

めんまねえちゃん  

一度も会ったことがない猫の訃報でも、
やはり心が痛むし、心が沈みますね...
人間もそうだけれど、長生きして、大往生というのが
やはりいちばん望ましい(それでもかなしい。
このあいだ友人の母親が101歳で亡くなったけど、
やっぱり寂しかった...)
ですよね。

なかよしにゃんずだったのなら、きっといま
一緒にいますね。
もっと長生きしてくれればと思うけれども、
一緒に、おうちのひとを見守る守護猫になってください。

金ちゃんはたっぷりたっぷり、長生きしてね!!

2017/02/09 (Thu) 17:29 | EDIT | REPLY |   

REI  

めんまねえちゃんさんが書かれている様に、知らない猫さんでも訃報は辛いですね。
続けて去られた飼い主さんはどれだけ寂しいか・・。
訃報を知る度に、猫がいてくれるのは奇跡みたいな物だし、
できるだけ健康に気にしてやらなくてはと思います。
でもどれだけ気をつけていても逝く時は来るのよね。
ノンちゃんもらい君も美しい猫さん。 幸せな時間をありがとうと言っているでしょう。
この美しい毛並みが幸せだった事を証明していますね。

金ちゃんも皆の分長生きしないとね。

2017/02/09 (Thu) 19:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 20:31 | EDIT | REPLY |   

のん福レオのお母さん  

ぱんとらさん、こんばんは~。。
ノンちゃんもライくんも酷い環境にいた仔なのですね。。
胸が詰まる想いですが、里親様の元で愛情たっぷりに12年間過ごせたことは
シアワセだったと思います。。
大好きだったライくんの後を追うように逝ってしまったノンちゃんのご冥福を
心からお祈り申し上げます。。
金坊、ミンニャの分も長生きするんだよ~!!w

月のカレンダーはラックんのお得意ポーズで
見ていても癒されていま~す^o^

2017/02/09 (Thu) 22:39 | EDIT | REPLY |   

管理人ぱんとら  

コメントありがとー♡

やらいちょうさん
お悔やみ恐縮です。
軽々に言っちゃいかんけど、医療ミスがあったんじゃないかなぁ・・・


ゆめたさん
血は濃いですよね。ペルシャとソマリの3匹からなので多発性嚢胞腎をまず心配します。
実際、多発性嚢胞腎で亡くなってる子がいるので、
あの病気は5割の遺伝性をもつことからキン坊も調べてもらったところ、
とりあえず遺伝性の多発性嚢胞腎はなく安心しています。
ヒマラヤンもペルシャの血が入ってるから、多発性嚢胞腎の遺伝はあるのかしら。
最近距離が縮まってきているキン坊、この調子でバトルなしで
病院に行けるようになるといいなぁ。(^ω^;)

2017/02/10 (Fri) 09:21 | EDIT | REPLY |   

管理人ぱんとら  

コメントありがとー♡

海月さん
切ないよね..... アーニャは元気にしてるかしら。
思えばロックンもカリが逝ってからというもの、寂しそうだったわ。
キン坊の心境がどんな風に変わってってるのか知りたいよ、
なんせ横になってる私の顔の横に平気で乗ってくるんだから。なんだと思ってるんだろ。
13kgのこざるちゃんなら台車移動は納得だけど、台車が流星号ってのに大受け。(^艸^)


めんまねえちゃん
ほんとに。病気でなく老衰で逝くのが理想ですよね。病気で逝くとしても
ぽっくりってのを希望する母年齢の長生きの人たち。わかる。
ライくんが逝ってから半年経つか経たないかで急逝。
その経緯を知って、医療機関に???と思うところ多々ですが、
それをいったからってノンちゃんが戻って来るわけじゃなし。切ないです。

2017/02/10 (Fri) 10:37 | EDIT | REPLY |   

管理人ぱんとら  

コメントありがとー♡

REIさん
そう、どれだけ気をつけていても逝くときは来るのです、猫も人間も。
うちもまさかの肺がんでしたからねぇ。
ノンちゃんの件は、飼い主さんのブログ記事をみたところ、
病院に医療過誤があったんじゃ...と思ってしまう部分があります。
ほんと、美しい毛並みなのは、飼い主さんの愛情の賜ですよ。
うちなんてバサバサだけど、愛情はあるよ。(^ω^;)


鍵コメさん
そうそう、目が白濁している印象でした。
飼い主さんの更新されたブログ読んで思ったけれど、医療ミスじゃないのかしら・・・
なんだか謎が多いよね。そこも含めて辛いです。


のん福レオのお母さん
そうです、ノン(ブラック)ちゃんもライ(ルーク)くんも
金四郞と一緒に多頭飼育崩壊家庭で、生まれてから2〜3年過ごしていました。
2〜3年を生き延びれずに死んでいった子もたくさんいたから、
生き延びて、新しいおうちで幸せに暮らせたことを思うと、
猫生として悪くはなかったと思います。キン坊にもそう思ってもらいたいし、
もしかしたら、悲惨な環境のことはもう記憶にないかもしれません。(^ω^;)
だといいけどなぁ。(^艸^)
カレンダー使ってくださってありがとう。

2017/02/10 (Fri) 14:35 | EDIT | REPLY |   

あくび娘  

御礼申し上げます。

ぱんとらさん…

私がオタオタしている間に、いち早くノンの
訃報を掲載してくださり、御礼申し上げます。

写真まで使って頂き、ありがとうございます。
白濁した瞳のポコニャンは、アーモンド色の
真ん丸お目々のノンに変身しましたヨ。(笑)

先週の今頃は、独りサッカーで盛り上がり、
部屋中を走り回っていたなぁ…と、シミジミ
思い出してしまいます。(〃´o`)=3 フゥ

迎えた当初から様々な数値に不安があった
2匹、3ケ月に一度は受診し、注意をして
いたつもりでした。年末に受けた精密検査
では数値が改善し安心しきっていたのです。

ずっと鼻炎持ちだったので、いつもの事と
慣れてしまっていたのかな。異常が起こると
驚く程の速さで悪化してしまう事…ライの
教訓を活かせず、自分が腹立たしいです。

ペルシャ・レスキューの皆さんからの命の
バトン、もっと受け継いで行きたかった…。

ライ(頼朝)&ノン(ポコニャン)と
私たちの物語は7年あまりで終章して
しまいました。皆さまは哀しい思いを
なさらないように、私の この失敗を
心の隅に留めておいてくださいませ。

ぱんとらさん、ノンを悼んでくださった
皆さんへ・・・深く御礼申し上げます。


2017/02/10 (Fri) 23:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment