王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

23
Thu
2012

再診&院長手製の秘伝腹帯やいかに


手術から18日目、抜糸からも1週間が経った。

なのに、気のせいか抜糸前よりもちゃんと歩けない、歩かないバカリンヌ。
ごっそり乳腺を切除する手術だったから、
そう簡単に術後るんるんと歩けるものじゃないのかもしれないけれど、
そこんところがよくわからない、これで普通なのかどうなのか。
手術痕が舐めて赤くなってるのも気になってたので、
午前中、恐る恐る(苦笑) 病院に電話する。

・抜糸前よりもあまり歩かないし、段のあるところには上がろうともしないが、
 術後2週間超、抜糸後1週間だとそれが普通なのか
・抜糸痕を舐めて赤くなっているが問題はないか

と、電話に出た看護師男に尋ねる。
病院行きは、猫にも飼い主にもストレスになるので、
「よくあることなのでもうしばらく様子をみてあげてください」と言われるのを期待していたが、
カルテをもって先生に確認をとってきた電話先の看護師、
「電話ではわかりにくいとのことで、見せに来て下さい」と。

つまりこの状況、普通によくある状態じゃないってことなのか。

ということで、はっきりしないことを先延ばしにしておきたくないので、
午後、今週もまた、病院に行く。

120223-skytree.jpg

なんだかスカイツリーが合成に見えるけれど、正真正銘2月23日のスカイツリーです。
それにしても、世界一の高さを誇る電波塔の下に、
発展途上国と変わらぬ電線うじゃうじゃの街並みって。なんだかねぇ・・


午後3時30分頃病院に到着。
今日はN医師もいる。どうかN医師にあたりますように。

という願いも虚しく、今日もまた院長だ。

抜糸前よりも歩かない、段差のあるところに昇らない旨、伝えて、
キャリーから出ることを激しく拒む(涙)カリたんを、
キャリー天井から看護師さんに引っ張り出してもらったのだが、
その時にびよーんと伸びたカリのお腹を見て院長、

「こりゃぁ舐めてこれだけ爛れてたら、歩くのも痛いわ。だから歩かないんでしょ 」と。

わっ、また叱られるか・・・と思いきや、

「傷跡は痒くなるから、カラーつけとかなきゃダメなんだよなぁ・・」

といつもに較べて穏やかな口調。
なので、確認しておきたかったことを尋ねる。

「カラーはストレスかかるので避けたいんですが、例えば術後服とか
 お腹を覆うような何かとか、そういうのはダメでしょうか」


と気を遣って逆鱗(どこにあるのかわからんのが厄介)に触れぬよう尋ねたつもりが、

「シロウトにはできないっ!!」と、突然切れた。

何がシロウトにできないのかわからなかったので聞いたところ、案の定、

「じゃぁ、今すぐここで着せてみてください!できないから!」

意味不明の逆ギレ。( ´△`)
誰も着せるって言ってないし、ったく、いったい何なんだ??と、
いいかげんうんざりしたところに院長、思いも寄らぬひと言を。

「じゃぁ、つくりますか?」

はぁ?? 誰が?何を????
と呆然としていると、

「しょうがないなぁ、じゃぁ腹帯つくりますか」

と院長、看護師にタオルかサラシを持ってくるように指示。
どうやら院長自ら腹帯(ふくたい)をつくってくれるらしい。
サラシがなく、診察室にあった洗いざらしのタオルを使うことになる。

「昔はしょっちゅうつくってたんだけどなぁ」

なんて言いながら機嫌良く作り始めると、看護師たちも寄ってきて、
院長秘伝の腹帯の作り方が見られる~♪と盛り上がる。
ふーむ、今日は機嫌が良いらしい。どうかこのままでいてくれ・・・( ̄人 ̄)

てことで、院長の腹帯の作り方は、以下の通り。
秘伝だかタレだか知らないけれど、公開しちゃうのだ。(^-^;)


120223-fukutai_ezu.jpg



最後、仕上がりの絵がテキトーになってしまったけれど、そこはご愛敬。( ̄▽ ̄;)
とにかく、仕事は早かったですね。
針と糸での縫い縫いは意外とぎこちなかったけれど。

で、このできあがった腹帯をカリに着せる前に、
爛れた箇所?の細胞を採取して、レントゲンも撮ることになった。

前回、今の状態じゃもし転移していてもレントゲンじゃ写らないと
言ってたのに撮るのかよ・・・と思い、うっかり、
「CTじゃないんですか?」と聞いてしまった。

「 CTとりますかっ?!そりゃCTとりゃもっとわかりますよ、撮りますかっ?!」

語気激しく言う。もうちょっと言い方ないのか?
つか、こう言いながら、院長今はCTを撮る気はないってのがわかるから、
院長にお任せしますと言うと、そのままレントゲンを撮ることに。
確認はしなかったけど、手術の日から2週間経ってるから、おそらく転移があれば
そろそろレントゲンでもチェックできるという判断か。


そして。
レントゲン室で、一騒動ありました。(ーー:)
院長と看護師男が入って撮影しようとしたのだけれど、
レントゲン室から、カリの絶叫が数回にわたって響き、
そのたびに、院長の看護師に向けられた極度に激昂した叫び声も響き、
こりゃ尋常じゃないと他の看護師が中に入ろうと扉を開けたところ、
飼い主を呼んで!の声。
で、中に入った私、カリを捕獲するよう院長に言われる。

そう、カリが逃げて隠れたんですわ、レントゲン室内で。(TwTll)

怒鳴られていた看護師男がちゃんと押さえてなくて逃がしたんでしょうね、
どんくさい看護師と院長の怒号のせいで、カリはレントゲン室の隅の棚の奥で
怯えてましたよ。かわいそうなカリ。
私が、隅に隠れている怯えたカリをひっぱり出して、レントゲン台に置くと、
再び院長は、看護師男を激しく怒鳴りつけて・・。あぁうんざり。

レントゲンを撮り終えても、院長はまだ怒りで興奮しているもよう、
腹帯をカリに装着すべく、足を穴に入れ、
仕上げに背中で留めるための包帯を通す穴をハサミでタオルに開けるんだけど、
その一連の作業がめちゃくちゃ荒々しくて、ヒヤヒヤ。
最後背中で、思いっきり締め上げたから、カリさんまともに立てません。
思わず大丈夫ですか?と尋ねたけれど、聞く耳もたない感じで、

「絶対にゆるめない、はずさない。歩けるようになるから」と。

ちなみにレントゲンの結果は、異常なし、でした。(安堵)


帰宅後。
カリたん、かわいそうにまったく立てません。(T△T)
やはり後ろ足が立たないようで、前足を踏ん張って立ち上がろうとするんだけど、
締め上げた腹帯のせい?で、後ろ足がいうこときかず、
都度、ごろんごろんと横に倒れ、自分の身体がいうこときかない恐怖からか絶叫・・(ーー:)

120223-2.jpg 120223-3.jpg

しばらく待てば慣れて立てるのかも・・・と期待しつつ様子を見ていたけれど耐えられず、
ロックの実家のかーちゃんに電話で相談、
カリにとっては、カラーのストレスより腹帯のストレスの方が大きいようなので、
結局、腹帯をちょん切ってはずすことに。
ほぼ7時間ほどの装着でした。


カラー姿に戻ったバカリンヌ。

120223-5.jpg

不機嫌ですが、でも、もう絶叫はありません。(´・ω・`)


いやー、しかし院長のこと書きすぎか。訴えられたらまずいな。(意味深)

とにかくキレまくるんで、コミュニケーションがまともに取れないりづらいですが、
犬猫 には 誠実で、腕はいい先生・・・


らしいです。(-__- ))


病院選びと病院探し、皆さん、どうしてらっしゃるんでしょう。

あぁ疲れた・・。



himeojigi.gif いつもありがとう。
  RB_t_kari5.jpg  RB_n_Ka1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

15 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/02 (Fri) 16:33 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

大変でしたねぇ~。
まぁ人間の医者も名医には変わり者が多いといいますから、
その院長も名医なんでしょうけどね。
その腹帯とほぼ同じようなものを
あかねの不妊手術の時に作りましたよ。
なんだか懐かしく思い出してしまいましたww
カラー姿の表情が気持を表してますね。
「もういい加減にしてよ!」
とおっしゃってますww

2012/03/02 (Fri) 18:56 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

ごめん、途中で笑ってしもた。

あー疲れるって先生だね。聞くこと聞けんってだけでストレスたまる。
病院行くだけで疲労困憊だ。

腹帯は最近しないのが主流なのか!?
それだけの傷を抜糸後そのままって怖いけど。

こちらも傷の部分を覆うのは飼い主任せだったけどね。

病院選びは私も書きたい事多しなのだ。


お疲れさま、ぱんとらさん。
カリタンの傷はよくなったかなぁ。

2012/03/02 (Fri) 20:20 | EDIT | REPLY |   

nico.  

ぱんとらさんの猫絵、初めて拝見しました^^めっちゃ上手で
めっちゃ可愛いです。特に眉間のシワが(笑)

とにかく、転移がみられなくて良かった!

院長は・・・怖いなあ・・・・・(T^T)体調悪い動物が来るのに、
そんなに大きな声出したら余計体調悪くしそう。
でも、腕はいいんですよね。腕がいいなら、頼りになるから
やっぱり近くにその病院有ったら通っちゃうだろうな、私も。
秘伝の腹帯の寿命は短かったですね~~~^^;
私も記事読んで、外すとゆー選択をとったぱんとらさんに一票入れますね(=▽=)

カリさん、今はもう歩けるようになったかな・・・?

うちのかかりつけの病院はわりと教科書どおりとゆーか、
こっちが「こう聞いたらこういう返事しか返ってこないだろう
な」って思う返答しか得られません^^;
いざというとき、ちょっと不安かも・・・。

2012/03/02 (Fri) 20:33 | EDIT | REPLY |   

ぽん母  

心も体も大変だったすね~
ぱんとらさんもカリちゃんも^^;
しっかしその腕のいいらしい院長ってそんなに怒ってばかりで
倒れんか心配だね血管ハゼチャッタリしてさ・・・
大変な目からもう一週間経ったけどその後カリちゃんはどう?
歩ける様になったかなぁ
こんな大変な時にぱんのとこへありがとね
同じ誕生日なのにこちらも遅くなってしまってごめん
カリちゃん10歳のお誕生日おめでと~
こんな大変なことを乗り越えたんだもんね
力強く皆を従えていって下さいね~^^
それはそうとぱんとらさん腰の具合はどう?
カリちゃんのことで痛みが軽くなっていない?

2012/03/02 (Fri) 21:28 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

わ~!カリさん大丈夫!?ぱんとらさんもお疲れさまでした(^^;)院長さんは、動物には優しくて、確かに腕のあるお医者さんなんですね?ぱんとらさんは途中、N医師の方もおっしゃってましたが…。ぱんとらさんの、“院長のことを書きすぎた、院長に訴えられやしないか"にはちょっと吹いてしまいましたが(失敬!)まあ、とにかく、その院長さんは動物に優しくて良かった!(それだけでいいのか!?)
私のかかりつけの病院の医師は優しいのですが、言葉足らず(?)というか、うちの猫が尿路結石になった時すばやい処置をして下さったのですが、尿路結石用のエサがありますよとすすめなかったので、自分から看護師のお姉さんに聞いてそのエサを買いました。でも確かに人にも猫にも優しいお医者さんです。
その後、カリさんは大丈夫でしたか?

2012/03/02 (Fri) 22:59 | EDIT | REPLY |   

ぷーめぐ  

ぱんとら様、カリさま、受診お疲れ様でした。

院長、迫力ですね~。しかし、秘伝も7時間の命だったのはなんとも・・・。

カリさん、おなかが早く元に戻るといいですね。
めぐちゃんも避妊手術したときに、病院で作ってくれたらしい伸縮性包帯でグルグル巻きになって帰って来ました。他の病院でしたが。
あまりにきゅうくつそうで、早めに脱がしたらやはり舐めこわしでエリカラを装着するはめに。
当時は本当に小さかったのでかわいそうでした。

まうちゃんをもうすぐ避妊手術してもらう予定なんですが、
「秘伝」着せられちゃうのだろうか???

実用性はともかく、ロンパース風のお洋服のカリさんが可愛かったので、
具合が良くなったらもう一度見たいです。





2012/03/02 (Fri) 23:03 | EDIT | REPLY |   

カン太ママ  

いいねー
なんかさ、笑える通り越してアッパレだね。
でもその場に居合わせたらどうしていいかわかんないかも^^;
気も遣わにゃならんし、ネコも気にせにゃならん。
しんどくてぶっ倒れそう!

転移がなくてホッとしたよー
さくらも何箇所かあったんだよ。
でも2ミリ以下だったし、最初の細胞診で顔色が悪かったから手術に踏み切ったわけだけど、結局病理検査では過形成。
過形成でも切除してよかったと思ってる。
カリカリちゃんはもう少し進んでたんだろうね。
それでも転移がなくて全部切除したら、うん、絶対大丈夫だ!
心配無用!
1ヶ月、いや2ヵ月後にはキレイサッパリ乳腺たちをオサラバしよう!
それで安泰だ!

とはいえ、術後は大変だと思うー
1回目の半身でこれだと残り半身でもカリカリちゃん苦労するかも~T_T
それでも絶対良くなるからね、見てるのは辛いと思うけど絶対よくなるから。
筋膜も取ってるだろうから、傷口の状況も含めて違和感アリアリだろうね。
さくらはカップラーメンカラーなんて妹につけられてた。
軽いし。
布製のカラーも長くつけてたよ。
やっぱりカラーというか、舐め防止は必須だよー
2回目はもっとくっつきが悪くなると思うから、術後服はあったほうがいいかも。
カン太も洋服を買ってたbaby-popのnanoji店長に術後服をお願いするとピッタリサイズを作ってくれるはず。
http://baby-pop.shop-pro.jp/
2回目もあるからあってもいいかもしれないよー

2012/03/02 (Fri) 23:30 | EDIT | REPLY |   

arisaka  

カリ様、お疲れさまでした……
動物病院ジプシーをかなりしましたが、ようやく信用できる病院を見つけました。
そこの先生は自分もガンからの生還者のせいか、すごく親身で穏やかな方なんです。
腕も大事だけど、人当たりのよさも大切ですよねぇ。

2012/03/03 (Sat) 00:03 | EDIT | REPLY |   

リリーママ  

カリさん大手術でしたね。。
病院、怖いのに、大声で怒鳴られたらパニックですよ・・。

パントラさんの絵がとても上手で可愛くて
文章も一大事だってのに笑っちゃってごめんなさい。。

院長先生、漫画の動物のお医者さんの教授を
思い出しちゃいました。

カリさん早く良くなりますように・・。

2012/03/03 (Sat) 23:45 | EDIT | REPLY |   

こだま  

腹帯の作り方、よく分かりました。
しかしキャラが立ちすぎる院長先生とのお付き合い、
想像以上に大変ですねぇ(^^;
カリちゃんの早期回復はもちろんだけど、
ぱんとらさんも気疲れしないように気をつけてくださいね。

2012/03/04 (Sun) 20:14 | EDIT | REPLY |   

zaipha51  

こんにちは。
やっと、コメントできるようになりました!
一連のカリタンの出来事、ご連絡できずにスミマセンでした。
いつも心の中で、「カリたん、頑張れ!大丈夫だからね!」と
祈っておりました。

後程メールさせて頂きます。よろしくです。

2012/03/05 (Mon) 11:07 | EDIT | REPLY |   

ゆず  

はじめまして

カリちゃんとまったく同じで2/20に左側乳腺全摘出の手術をした猫(♀13歳)の飼い主です。
最初はショックで、仕事そっちのけで症例や闘病記など様々な症例を探して探して、こちらのサイトにたどり着きました。
手術の経過から、小さいながら2か所の腫瘍があったところまで同じで涙が出てきて、お気持ちが痛いほどわかります。うちは今日抜糸の予定で、術後の経過が良いことを祈るのみです。とにかく、再発がないように、うちの子のお腹をさすりながら祈っています。
どうか、カリちゃんも一日も長く健やかに暮らせますように。

2012/03/05 (Mon) 12:25 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

鍵コメさん
ありがとうございます。
いや、私も思わずそのコトバを書きかけたんですが、
やはりNGかと思い、やめました。ま、そーゆーことですね。^^;


やらいちょうさん
うーん、名医なのかどうかはわかりません。
判断が早い、獣医としての誠実な信念はあるってことで、
信頼はできますが。
やらいちょうさん、腹帯つくれるんですかーっ!すごーい。
こんどお願いしようかな。( ´艸`)


まろにゃんさん
やっぱり笑うよね。(^-^;)
そうなのよ、文字にして書いたら笑えることに気がつき、
つまりそれって、アブナイってことじゃないのか?と。( ̄ー ̄;)
この病院は、高度医療を安価でってのがモットーなんで、
余計なオマケはついてこないから、
それについても都度確認しないといかんのよね。
なので、動物病院初心者の飼い主だと、わかんないことだらけになるかも。
マロンさんの病院も、余計なオマケはつけないって主義なのかもね。
カリの傷の治りは、やっぱりすぐ舐めちゃうから、牛歩です。
病院選び、治療費高すぎるってのもうちの場合難しいから、
結局、この病院なのかなぁ・・


nico.さん
わーい、ありがとう。絵ほめられちゃったー。( ´艸`)
いや、めちゃうまいことはないんですが、
ひとつだけ言いたいのは、これ、マウスで描いてるから、
どれも一気描きなのよね。線を重ねたり継ぎ足して描くと
色塗れないんで。って塗り方あるのかもしんないけど。^^;
そうそう、院長のヒステリーは、慣れるしかないのかもしれないけれど、
動物病院というだけでストレスになってる動物たちには
あの怒声罵声絶叫は、心身に悪いよなぁ。
カリ、ぼちぼち歩き始めてます。遅いよねぇ。。。
病院、教科書通りの答えでも、質問をしやすいってのはいいかも。
わからないからって切れることもないでしょ?^^;


ぽん母さん
カリ誕のお祝いとか私の腰への気遣いとか、ありがとう。
ぱんちゃんは出産もしてるし、チェック怠らないでね。
って言える立場じゃないけどさー。
院長、言われて見れば低血圧っぽい。なので、あれだけ怒鳴り倒せるのかもしれん。(^-^;)
うん、今更新は1週間遅れでそろそろ追いつくかって感じだけど、
カリの様子はというと、ほんとゆっくりの回復です。やっと歩き出したって感じ。
遅いよね。それだけ手術が大変ってことなのよね。
なので、右側のこと・・考えちゃうよ。


おむおむさん
はい、院長は、動物にはほんとに優しい先生だとおもいますよ。
人間には鬼の形相ですが、動物には笑顔を見せますから。( ̄_ ̄;)
院長に訴えられやしないか・・・ってのは、嫌みであり事実でもありまして、
この先生、その前科(とは言わないか)があって、某所の某代表を訴えて、
しかも勝ってるんですよね。(^-^;)
おぉ、おむおむさんのところの担当医も、言葉足らずですかぁ。
案外多いのかな、そういう医師。飼い主がしっかりしないとダメってことですよね。
動物病院に行くと飼い主が成長するのかもしれん。動物病院に行くぐらいなら
成長せんでええけども。( ´艸`)
更新が1週間遅れでご心配いただきすみません。
カリの回復は、ボチボチです。もっとさっさと走れるぐらいになるかと思ってましたが、
まだそろそろと歩いてます。うーむ。
ところで、おむおむさんは、ブログはされてないのですか?



2012/03/05 (Mon) 14:04 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

ぷーめぐさん
院長迫力でしたよー、もう完全にイッてましたから。(苦笑)
ビブの避妊手術は、前の家の近所でやったんですが、
その時は、ガーゼを絆創膏で貼っただけのもので、エリカラなし、
舐めて絆創膏がはがれて、縫ってる糸を引っ張るようなら
連れてきてくれという、なかなか豪放な先生でしたが、
そこまでいくまえに抜糸だったのを思い出しました。^^;
まうちゃんに「秘伝」かぁ、避妊手術だとやらないかもね。
その方がよかったりしてね。(^艸^)
ロンパース風、かわいかったですよね。<親バカ
なのでその後、ロンパース風をちょんぎって、活用しております。(^-^;)


カン太ママさん
え?アッパレですかね? いや、おかしいでしょ、笑うって意味でなく。( ̄ー ̄;)
ありがとう、とりあえず今のところ転移は見られません、レントゲンで、ですけど。
とまぁ、病院に行くたびに院長に、安心するな転移はすぐそこ....みたいに脅されてるからねぇ・・
右側切除問題・・
左側切除した時には、右側もすぐにやんないと・・・と思ってたけれど、
術後の様子を見ていると、正直決断は鈍るよ。
みつかった腫瘍は悪性で、転移リスク抱えていて、
とってない腋窩リンパに既に転移してるかもしれなくて・・
それだと右側切除したって完治はないわけで・・・
その時期になったら、コミュニケーションとりにくい院長と
ちゃんと話をして、検査するなり手術するなり考える。
幸い、鬼ではあるけれど、院長は動物の側に立ってる人だからね。
なので、安楽死もけっこう普通に勧めるらしいけれど・・

baby-pop紹介ありがとう。おしっこ大丈夫だった?
先日カリに買ったロンパースみたいなの、
あれもリーズナブルでよかったんだけど、おしっこがなぁ・・
ともかく、いろいろありがとう。考えないとね。


arisakaさん
信用できる病院見つけましたか!
私思うのだけれど、他の人の評価どうこうは置いといて
まず飼い主が、ここだ!と信頼できれば、
それでいいと思うのよねぇ。
親身で、穏やか・・ 今は穏やかに憧れるな・・


リリーママさん
ありがとうございます、絵を褒めていただいて
手放しで喜んでおります。というのも、
けっこう描くの大変だったから。(^艸^)
マウスで一気描きってシロウトには大変でございます。^^;
動物のお医者さんの教授って、漆原教授?あはは、なるほどー。
が、漆原教授はヒステリーじゃないからなぁ。(^-^;)
院長が怒鳴り散らしてるところは、ちょっと・・・です。


こだまさん
あれでわかりました?腹帯のつくりかた。
おしっこの土手と胸元のダーツが秘伝部分かと。
未だに、あんなにギュウギュウに縛るのが本来なのか、
気になってます。(^-^;)
カリも私もやっとゆっくり眠れるようになりました。ありがとう。


zaipha51さん
ご心配いただき恐縮です。
応援いただいてありがとう。


ゆずさん
はじめまして。コメントくださって本当にありがとうございます。
そうですか、ほとんど同じ症状・段階で見つかって手術されたんですね。
で、今日抜糸ですか。手術から2週間近くあいてるのかな。
舐め崩しがないよう、注意してあげてくださいね。
私は簡単にカラーをはずしちゃったから、舐めこわしがひどくて。
伸縮性のある腹帯なんかをいただけるといいですね。
再発がないように祈るしかないって感じですが、
右側の乳腺について、担当の獣医はなんとおっしゃってますか?
情報交換したいですね。もしブログお持ちならお知らせください。
とりあえず抜糸後の順調な回復を祈ってます。

2012/03/05 (Mon) 15:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment