王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

08
Tue
2012

3回目抗がん剤と管理人大失態、そして安堵?


今年のGWは、モロモロあってダウナーモードだった管理人、
ブログもすっかり放置プレイだったそんな連休の最終日
5月6日は、カリの 3回目の抗がん剤投与日でした。

T動物病院の日曜日の診療開始時刻は午後2時。
今回は、午後2時に来るようにということだったので、
混雑を避けて出たところ午後1時20分に到着、ちょっと早すぎたかと思ったが、
なんと既に3組が待っていた。( ´△`)

診療開始時刻の午後2時には、診察室は患畜と飼い主で溢れかえり、
外にも順番待ちの方々。
一応看護師さんに、抗がん剤で2時に来るように言われたけれど、
順番に待っていていいかどうかを確認、
血液検査から始めるので、順番に待っててくれと言われる。

診療開始40分前着は早すぎかなぁと心配したけれど、
カリの診察は、2時30分頃始まったので、抗がん剤のように時間のかかる治療は、
できるだけ早く来た方が良いってことだ。ふぅ。

今日の担当も、N医師。(^▽^)
前回の抗がん剤後の様子を私に尋ねつつ、
バンザイにしたカリの腋を丁寧に触診、その後、計量。
触診の範囲ではあるけれど、腋にしこりはみられないということと、体重も変わらずで。
管理人思わず、
「よく食べてるのに、太ってないんですね・・・」とがっくりした様子で言ったら、
N医師笑いながら、
「これだけとった(切除)んだから、そんな簡単には太らないですよ。
 ちょうどいいんじゃない」
と。

ちょうどいいかもしんないカリのこの日の体重は、4.3kg。
手術をする前、つまり乳がんと診断された時の体重が、5.0kg。
その差700gは、 両側乳腺と両鼠径部リンパ節と右側腋窩リンパ節の重さ合計、
ってことにしとこ。(^-^;

そして、前回の抗がん剤投与の夜、今まで経験したことのない痙攣があって、
小さい痙攣は、断続的に朝まで続いたことを話したところ、
今回抗がん剤が投与できる場合には、前回より少なめの量を投与することになった。

というのは、
以前院長からも聞いていたことだけれど、
猫には、人間のような脳へ流れる抗がん剤を制御する関所機能がなく、
限度以上に漏れれば命にかかわる。
さらにN医師によると、犬よりも関門がゆるいとのことで、
抗がん剤の量は慎重にしなければならないとのこと。
また薬剤も犬より限定されるとのことだ。

N医師、その説明をしながら、カリの首のあたりから血液採取。
この病院では、足から採血してるの見たことないかも。
理由があるらしいんだけど、忘れた。(^-^;
(追記:足は点滴その他の治療に使う大事な場所なので、足からは採血しないんだそう。
 カリの抗がん剤治療も足に点滴です。過去2回前両足でやったんで、今回は後ろ右足で)

血液検査の結果に問題がなかったので、
午後3時過ぎ頃から、前回の3mmgより少ない量で抗がん剤点滴注射開始
午後6時頃に迎えにくるように言われる。


120506-kari.jpg
「治療するんなら、はよやらんかーっ!!」お怒りの嘉利太后。

で。
この3時間の間、私ってば 大失態 をやらかしちゃったんですよね。
簡単に言うと、駐車禁止となっている病院付近に、他にも停まってるからと油断して、
路駐したまま病院を離れちゃったんですわ。
その間に、どうも警察が何度かきたらしく、その都度? 誰かが取り繕ってくれたらしくて。

車に戻ったところに、院長自ら 私の車のところまでやってきて、
迷惑になるからここに駐めちゃだめでしょう!と厳重注意。当然です。
てか、車のところにづかづか来られた時には、めっちゃびびりましたよ、
絶対に怒鳴られると思って。ところがどっこい、叱られはしたけれど怒鳴らないどころか、
最後に駐禁やられてないか気にかけてくれたりして、拍子抜け じゃない ^^;、
気持ち的に助かりましたが、なんにせよ申し開きのしようもなく。ごめんなさい。

お迎えのため院内に入って、お会計に呼ばれたところで改めて院長に謝ったところ、
どうも院長、警察がお嫌いのようで、アイツら呼ばわりしながら
怒りの矛先が警察のいい加減さとやり方の汚さに向かっておりました。(^-^;)
とはいえ、私が迷惑をかけたことには違いなく、その時の院内の状況を想像しただけで・・・
あぁ、ますます病院に行きにくくなっちまったよう。( ´△`)


そんな迷惑をかけた日だったのだけど、
院長は、いつになく穏やかに、今日のカリの診察内容を説明。

・血液検査結果に問題がなかったので、抗がん剤を投与
・ただ、前回痙攣が出たというので、脳に流れるリスクを避けるために
 今回の薬剤の量は、3mmgより少なくした
・それ以外に大きな副作用はないようなので、
 様子をみながら、一応次回3週間後も抗がん剤の予定を


説明の後に、誰も尋ねてないのに警察に対する怒りのエピソードを披露するほど
院長、余裕ぶっこきモードだったので、そのノリを壊さないように(苦笑)、
金四郎に遺伝の可能性ある例の 多発性嚢胞腎 について、聞いてみた。

「腎嚢胞ね、あれはそんなに恐れる病気じゃないですから!(キッパリ)
 遺伝性だけど珍しい病気じゃないし、水が溜まれば抜けばいいから。」


と、会計の計算しながら俯いたまま、何でもないような雰囲気でおっしゃる。

ほんとにそうなの? なら、嬉しいけれど・・・


遺伝してるかどうか診てもらった方がいいかどうか、
兆候としての症状はどういうものか、
その検査は、エコーでやるのかどうかについて聞くと、


「まぁ連れてきてもいいけれど。元気なら、そんなに心配することないですよ。
 症状は、多飲・多尿・・・ 検査? 触ればすぐにわかりますから。」


と、相変わらず下を向いて文字を書きながらおっしゃる。
うーむ、楽観的に受け取っていいってことなのか?
突っ込んで聞きたい気もするが、これ以上踏み込むと地雷を踏みかねないので、
今日のところは、やめておく。(ーー:)

とはいえ、ここまではっきりとそんなに心配することないと言われると、
正直なところ、やっぱり 安堵するものでさ。( ´艸`)

ただ、このまま安心していちゃダメなのよね、
当然のこととして、ちゃんと毎日、金四郎の様子を確認しなきゃいけないし、
捕獲できるように、これからも馴らしていかないと。


とまぁ、鬼院長に診てもらってると、確かに飼い主としての自覚を鍛えられるのであった。(^-^;


ともかく、3回目の抗がん剤治療を終えたカリさん、
当日の夜は、調子の悪かった前回と違って、いつものドームベッドでいつものように眠りました。
そうなんです、前回は、体調がいつもと違って不安だったのか、
私のお腹から離れず、ずっと寝心地の悪い私のお腹から太ももの上で寝ていたのだけれど。

そして、食欲も、今回は当日の夜も翌日も今朝もいつも通りにある嘉利さんです。
食事の量は、さすがに当日の夜と翌朝は、少なめでしたが、
昨夜あたりから、通常に戻ってます。(^ー^)


この調子でがんばれ!嘉利太后!!
もっと人馴れがんばろう!金四郎!!



himeojigi.gif いつも応援ありがとうございます♪ 元気な金四郎も絶対大丈夫!
  RB_nb_Kins_20110920162510.jpg  RB_n_150.jpg

関連記事
スポンサーサイト

19 Comments

wada  

あらら・・

6日だったのね^^;
来週あたりかと思って、メールしようかと思ってました(残念)
でも3回目の抗がん剤が無事に終わって良かった~

足は治療(点滴他)に使う大事なところなんだって~(鬼院長談)

2012/05/08 (Tue) 17:02 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/08 (Tue) 18:55 | EDIT | REPLY |   

カン太ママ  

そっかそっか。
3回目も無事乗り越えたね♪
カリちゃん、えらいなあー
しかし猫の抗がん剤治療は慎重にやらないとダメなんだねー
さすが鬼院長!!
車の件では私もヒヤヒヤしながら読み進めたけど、院長なかなかやるじゃん^^;
いつもドッカンドッカン雷落とすわけじゃないんだね。
もしかすると、ぱんとらっちに心を開いて、いや信頼してるんじゃないかなあー
医者と患者の間に信頼関係が生まれてくると、治療その他円滑に進みそうだよ^^
あの涙も鬼院長にはグッとくるものがあったのかもしれない。
ぱんとらっちの真剣でまっすぐなキモチはちゃんと伝わってるんだろうな~
いやいや、よかったよー^^

あとは金ちゃん、念のため1度検査してもらえるといいね。
触診だけでも。
頑張って慣れよう^^;

2012/05/08 (Tue) 19:25 | EDIT | REPLY |   

クロタンママ  

おつかれさまー!
駐禁もきられないでよかったー

順調そうでなによりだねー
ほんと、いつものようにしてくれる幸せだね!!
んでんで・・・
金ちゃん・・・そか。そこまでの検査はいらないのかー
ネットってよくも悪くも情報があふれてるから、
そして、よくないことの方が目に付くから怖いんだよねー
院長信じて、様子見だね

2012/05/08 (Tue) 20:16 | EDIT | REPLY |   

海月  

意外〜

院長にもそんな一面があったとは。
って、知らない院長に意外も何もないけど(笑)
カリ様、おかんむりのショットに目力があふれてたのもしいわ。
人間の一番強い感情は怒りだとか。
猫もそうだったらカリ様もそうとうパワーがあるんだろうな( ´艸`)

金ちゃん、つかまり慣れてくれるといいねえ。
アメリカには暴れる猫をおとなしくさせるせんたくばさみってあるらしい。
うなじをはさむとおとなしくなって爪切りとかしやすいんだって。
日本にも入荷しないかな〜。

2012/05/08 (Tue) 22:05 | EDIT | REPLY |   

ぷ~めぐ  

最後のところ、金ちゃんの頑張れは人馴れに対して・・・なんですね^^
院長と金ちゃん、対決の日はくるのかしら。

カリたん、今回もお疲れ様でした。しばらく誰もT病院に連れて行く予定はないんだけど、なんだかカリたんがしっかり治療してもらっている様子をこちらでふむふむと読ませていただいていると、いざというときに行くべきはやはりあそこかな、と思えますし、そういう病院があるのは心強いです。

2012/05/08 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

カリたん、お疲れ様でした~!カリさんの怒ったお顔はまさに野生のイリオモテヤマネコさんのようで、生気あふれる表情ですね(*^ー^)元気があって良いぞぉ(^ω^)ちなみにカリたんと同じうちのキジトラ、ミッフィーは、この前体重計った時3、8㎏でしたよ。これは軽すぎるのか!?
ぱんとらさん、駐禁危ういところでしたね(^_^;)鬼院長、なかなかやるなぁ~(・∀・)どんなお顔なのかある意味興味があるっちゃあ~ある( ^艸^)
金四郎クンも一度、検査を受けたら、ぱんとらさんも少しは心に引っ掛かるものがとれるでしょうね?

2012/05/09 (Wed) 00:17 | EDIT | REPLY |   

まかない  

カリちゃんご飯食べてるようでよかったですよ。
この調子でがんばれカリちゃん。
読めば読むほど、こういう病院が近くにあるといいなぁって思いますよ。
ここは猫ちゃんのことを考えてる感がうかがえますよね。

あぁ、鬼院長に助けられたんですね(笑)。
なんかいいなぁ、この先生(爆)。
路駐して彼の意外な一面を見ることができてよかったですね(笑)。
それはさておき、金ちゃんのこともきけてよかったですね。
心配でしょうからやっぱり検査には連れて行きたいですよね。

2012/05/09 (Wed) 02:08 | EDIT | REPLY |   

iomoca  

良かったですね~~駐禁取られなくて(笑)
で、怒りの矛先が警察の方で(笑)
ぱんとらさんはラッキーなのかも??
うん!きっとそうだ!
カリたんもその運をきっと持ってると思う
このままずっと元気でいてほしいな(*´∀`*)
金ちゃんも・・・何でもないことを願っています

2012/05/09 (Wed) 04:51 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

無事に3回目終わってよかったね。
猫の場合、注意が必要なんだ・・・。
しかし、カリちゃん思っていた以上に大きいね。
術後はマロンも4.2ぐらいになったけど、カリちゃんは普通がそのぐらいの大きさと思ってた。
4.3て今のルディと同じ体重だよ@@
ちなみにマロンは4.6まで復活。

駐禁もとられず、雷もそれほど落とされず
その日はラッキーデーだったのかも。
金ちゃんの件は、信頼できる人にたいした事じゃないって
言われて心が軽くなったのわかるわ。
お母様になれてきてるみたいだから
抱っこでホイっとキャリーに入れちゃうなんて事はできないのかな?
無事に見てもらって、何でもないって結果がきけるといいね。

2012/05/09 (Wed) 08:52 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

駐禁の件は致し方ないでしょう。
気持も平静ではなかったでしょうし、
周囲の状況からも無理もないかと。
でも院長先生の意外な面が垣間みられたのは良かったのでは?
カリさん、頑張ってますね。
逆に勇気と元気をもらっていますよ。

2012/05/09 (Wed) 12:55 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとうございます☆

wadaさん
そうなんですわ、私もメールしようかと思ったんだけど、
まぁ、診察は短時間だし、あとはただただ待つだけで
しかもビール飲めないし(笑)、ってんで連絡しませんでした。
今度、ちゃんとビール飲める時に会いましょ。(^艸^)
次回の治療からは、待ち時間は会社に行って時間潰すことにするわ、駐車できるし。^^;
足は治療に使う、そうでしたね。今、3週間に1度足で静注してるでしょ、
毎回その足を替えてるんで、納得です。


鍵コメさん
ありがとうございます、いやはや、車の件は、言い逃れなく私が悪いんですわ。
あんな忙しい病院のスタッフに迷惑かけてしまって、肩身が狭いですわ。^^;


カン太ママさん
あはは、鬼院長には、人に心を開く開かないなんてところには全く関心ないよ。
動物には心を全開にして常に熱心だけど、人間には恐ろしく気分屋な先生ってことね。
確かに、特に患者側は、医者との関係を円滑に保ちたいと願うよね、
ただでさえ不安なんだから、頼りとなる医者とは良好な関係でいたいと。
だから私も、あんな気分屋な院長のゴキゲンを常に伺いつつ接してるんだけど、
いかんせん院長の言うことをただハイハイ聞ける性格じゃないんで、苦労してると。(笑)
今回は、単にゴキゲンがよかったってこと、次回はどうだかわかりません。
スリル満点な通院だ。(^〜^;)

金四郎は、セカンドで行ったところへ連れて行こうかと思ってたんだけど、
鬼院長に、おそれる必要ない!と強く言われて気持ちが楽になったんで、
やっぱり鬼院長のところに連れていくかなぁ・・


クロタンママさん
いやほんと、キップ切られずにマジでよかった。
つか、その見張りを忙しい病院スタッフにしてもらったと思うと、
どの面さげて、これから行けばいいのやら・・(m_m)
抗がん剤の副作用が少ないのは嬉しいと同時に、
効いてるのかなぁ・・という気もするんだよね、実は。難しいもんです。
多発性嚢胞腎についての院長の見解については、
正直全面的に信じてるわけじゃないのよね、ネットに散見される見立てと
えらく違うから。(^-^; 慎重に用心はしておきたいと思います。

2012/05/09 (Wed) 14:20 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/09 (Wed) 14:42 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃん  

カリちゃん、お疲れ様!
今回もよく頑張ったね。 エライエライ!!!
食欲もあるようでよかったです。
お怒りのカリちゃん、すごく目力があるし頼もしいです!
かりちゃん、頑張れ~~~!!!

こちらの病院は、良い病院ですね。
信頼できる先生だと治療も安心して任せられますよね。

普通の血液検査と関係ないのですが、首からの採血ですが、
自己免疫療法のとき等は首から採って首から戻すようです。

金ちゃんの事もはっきり言われると気持ちが楽になりますよね。
これで一度診てもらえば本当に安心ですものね。
金ちゃん、頑張って診てもらおうね。


2012/05/09 (Wed) 14:43 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/09 (Wed) 16:06 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとうございます☆

海月さん
え?ええっ?そんな一面って??
ことほどさように、怒鳴りそうで怒鳴らなかったりと
どこに地雷があるんか予測不能の気分屋なんで、めっちゃ疲れると
言いたかったんやけどなぁ。(^-^;)
おとなしくさせるせんたくばさみ?って良い!欲しい!熱烈希望!
実は金四郎も大分慣れてきていて、ブラッシングの時など
どさくさにまぎれてぎゅーっと抱けるんで(といっても5秒ぐらい)、
そのせんたくばさみんがあれば、鬼に金棒だわ。^^


ぷ〜めぐさん
そうですね、いざという時はやっぱりT動物病院だと私も思います。
セカンドで行った病院に転院も視野においてたんだけど、
結局、やっぱりカリは鬼院長の病院で診てもらおうと決めたしね。
院長はすべてチェックしてるようだし、ややこしい手術も院長マターだから、
できれば普段の診察はN先生に診てもらうのが私としてはベストかな、
なんでも聞きやすいし、院長より細かく教えてくれるし、かわいいし。(笑)
N先生、気に入ってます。(^ー^)


おむおむさん
カリに成り代わりまして、ありがとうございます〜。(^▽^;)
ミッフィーちゃん、3.8kgですか。小柄なんでしょうね。
カリは、我が家の中では体長は一番短かいんですが、
昔は一番重かったですからねー。ずっしり身がつまったタイプだったようです。
太ってた、とも言います。^^;
今は、正直いうと、痩せたな・・・って感じ。もう少し太らせたい。
鬼院長の顔? 少しやさぐれ入ってますよ。^^;;


まかないさん
高度医療をリーズナブルに提供してくれるホントに動物思いの病院ってのには、
まったく異論ありません。
結局、カリも転院させずに診てもらってるしね。N先生が良いし。^^
あの院長に鍛えられてるからタフで信頼できて、話しやすい。
院長の意外な一面って、海月さんも言ってるけど、
いったいどのこと言ってんだろう・・??怒鳴らなかったところ?
そこが気分屋、地雷がどこにあるのか予測不能。緊張する。(笑)
それと権威・権力嫌いなのは、学会でも有名?みたいだよ。( ̄艸 ̄;)
東京に来たら、今度、鬼院長見学ツアーでもする?(爆)
金四郎は、カリの抗がん剤治療のメドがついたら連れて行くつもり。
どこで診てもらうかは未定。

2012/05/09 (Wed) 17:10 | EDIT | REPLY |   

nico.  

カリさん・・・700グラムも取られちゃったなんて、聞くだけで
涙が出そう。改めて、大変な手術を乗り切ってくれて本当に偉いです。
抗がん剤の副作用で痙攣、怖いですよね。実際側で見守ってたぱん
とらさんも、さぞ不安だったことでしょう(;;)三度目の投与、
量の調整で乗り切れて良かったです!
金ちゃんの方も、万一「嚢胞腎」持ってたとしても、対処できる
病気ってことですね!でも、持ってないってわかったら完全に
心の重荷を一個下ろせますもんね。触るだけで診断できるなら・・・
やっぱり一度先生に診察してもらいたいところですね。
先生の言うところの「多飲・多尿」の症状は、今のところは大丈夫
なのかな?

2012/05/09 (Wed) 18:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/10 (Thu) 10:45 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとうございます☆

iomocaさん
確かに駐禁とられんでラッキー・・・でええんかいな。
病院スタッフに見張りさせたってことやしなー。
ま、過ぎたことは忘れよ。(笑)
金四郎は、元気いっぱいなんで、きっと大丈夫!
もちろん診てもらうけどね。^^


まろにゃんさん
うん、3回投与は終わったけど、1週間は要注意観察期間なんだけどね。
脳への関所機能が弱いってので、院長は、猫に抗がん剤は、
さほどの効き目がないと言ってたんだけど、
その意味、あの痙攣をみてわかってきたよ。
痙攣以外には大きな副作用は見られなかったけど、
結局薬剤の量減らしたわけだからねぇ。減らせば効果も減るよね。
マロンさん、体重戻ってきてるの何より!
マロンさんは、写真では大きく見えるけど、4.6kgかぁ。
4.3kgの今のカリは、シルエットだけみると、
元々小顔なんで、ときどきアビシニアンに見えるよ。( ´艸`)
金四郎、確かにこの1年で急速に人馴れ進んでるんで、
思うより簡単に連れて行けるかも。
どこに連れてくかを只今検討中。(^-^;


やらいちょうさん
いえいえ、駐禁は致し方ないとはいえませんわ。
やっぱり最低限の法秩序は守らないとね・・・ なーんちゃって。
これまでも、平気で駐めて駐禁免れてきてる私ではあった。(^-^;)
こちらこそ、みなさんから元気と勇気をいただいていて、
おかげで、カリも管理人もがんばれます!ありがとう。


鍵コメさん
ありがとう。わざわざお気遣いも恐縮です。
カリは、ビクビクしてるんだろうに、
絶叫タイプで、暴れるんですよねぇ。。
その声を聞いてるだけで、疲れます。。。^^;


茶々にゃんさん
ありがとうございます〜。^^
良い病院ですよ、金儲け主義じゃないし、動物第一だし、判断早いし。
ただ、インフォームドコンセントの概念は希薄です。
知りたいことも聞けなかったりします。
血液検査結果のデータなんて、もらえません。
黙って医者に任せとけ的な、古いタイプのお医者さんって感じかな、
腕は良さそうですが。
自己免疫療法ってそうするんですか。しかし、めちゃくちゃ高そう。
セカンドとった獣医さんが言ってました、免疫療法は、
推進している獣医さんは効果ありというけれど、
投資対効果でいうと、はなはだ疑問、と。難しいですね。


鍵コメさん
ご心配、ありがとう。わかってる。(笑)
いろいろ考えてはいます。もう少し先になるけれど。


nico.さん
ありがとう。(涙) そうなんです、体重の減り方みて、
正直かなりのショックなんですよ。実際見た目も痩せたしね。
700gは切り取った分の重さだけでなく、
やっぱり術後食欲がなかったことや、体力消耗したことによるものでもあるかと。
体重が減ると、がんってこともあるんで、心配になります。
3回目の抗がん剤、この1週間は副作用の可能性があるので、要チェックなんですよ。
「嚢胞腎」も、根治はできない病気なんですよね。
もしなっていたら、進行を止める、遅らせる対処をすると。
今のところ幸いなことに「多飲・多尿」の症状は見られないので、一安心。
まぁ症状出ちゃうと進行してることになるから、
それまでには診てもらった方がいいんだけどねー。はぁ。^^;


鍵コメさん
情報ありがとう!あらためてメールします。

2012/05/10 (Thu) 17:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment