王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

18
Tue
2012

小三治のCD講座のつもりだったけど・・


三連休、大型で猛烈な台風16号が通過した近隣地域のみなさんには、
被害などありませんでしたか?

面識はないんですが、沖縄と並んで台風通過地域でもある奄美大島の中の小さな島に、
ロックンの実家のかーちゃんであるwadaさんのところから里子に出ている
楽太郎くんと飼い主さんが、今年から移住されてるんですよね。
だからすごーく気になってたんですが、どうやら今回は、
前回15号の時と比べて安心して過ごせたみたいで。何よりでした。
それでも板張り2枚ほど吹っ飛んだみたいだけど。。(^-^;
そんな(?)画家である飼い主さんの本物のスローライフ移住生活を綴ったブログはこちら。

で、そのブログにも時々甘えん坊っぷり炸裂で登場する楽太郎くん、
wadaさんちからの里親募集時には、その写真をやらいちょうさんに
加工してもらったんだったなー。

080528-raku.jpg

楽太郎ですもん、噺家さんです。(笑) 懐かしいな。 ( ´艸`)


いうことで。
前振りが少し長かったですが、本日の記事はというと落語のマクラに関係ある話題。


・・のつもりだったんだけど、急遽変更。(笑)


120918-1.jpg


実は、昨日の祝日月曜日、いつもと較べてカリさんに動きが見られなかったんです、
元気がない・・・というより、まさに文字通り動かないって感じで。( ´△`)

そう、いつもなら少なくとも1日に1回は、突然ダッシュ、突然タワー登り&爪研ぎ、
突然ロックンとバトル、突然キンスケにパンチ、突然ビブにうなりんぐ・・・
なぁんてことを、家長太后らしく意地悪かつ微笑ましく繰り広げてたので、
1日中じーっと寝てる?状況に直面したもんで、管理人心中めちゃくちゃ沈み込み
なんもする気がしなかったのだけれど、そんな負の気持ちを察っしられてもマズイってんで、
ムダに明るく、それこそ最初記事にしようと思ってたコトなんぞにトライしたりして
気を紛らわしてたんですわ、カリたん今は眠いだけだよきっと、って自分に言い聞かせて。

なのに今朝方5時前になっても出てこない。
管理人、ロンドン五輪以降、なぜか4時過ぎには起きてる・・・というか、
猫たちがその頃起きてくるし、なんせリビングで寝てるんですぐに目覚めるんだけど、
今朝は、ロックンと金四郎は相変わらず元気ハツラツ走り回ってるってぇのに、
カリさんは出てこない・・・ 。゚(゚´Д`゚)゚。

120918-0.jpg

アンタは驚くほど元気っ子やからねー、ただの睡眠に決まってるし( ̄∀ ̄)

もとい。
カリさん、どこから出てこないかというと、ダイニングの奥にある2畳弱の小部屋が
猫トイレ部屋で、そこに3段ケージとエレクタ棚置いてその上にベッドも置いてるんで、
最近その部屋の棚上でお休みのカリさんなんですけれど、その棚上から降りてこない。

見に行くと、苦しそうではないんだけれど、眠そうな顔しながら頭をもたげて
管理人の顔をとりあえず眺め、ひと声啼いたりしつつも、降りてこない。(´・ω・`)
そういや、昨日の晩ごはんのあと、水飲みに来たっけ?とかトイレしてたっけ?とか
いろんなことが気になり出して、ずーん・・
気を取り直して、朝ご飯の用意を始めたけれど、
いつもなら、先頭切ってのっしのっしとキッチンにやってくるバカリンヌなのに、
牛柄と黒毛玉がチョロチョロ落ち着きなくやってくるだけ。

いや〜〜、正直今朝は、こういうことなのか?容態の急変とかって・・と
本気で最悪の事態が頭を過ぎりましたよ、なんせ獣医に脅されてるもんで。( ̄∀ ̄||)


とまぁ、、
ここまでの深刻度の薄い軽いタッチからもおわかりかと思いますが、
ほんとにほんとに幸いなことに、容態の急変は杞憂に終わりました。(´▽`*)ホッ

ごはんができあがって呼んでも来ないので、ずーんと暗くなりそうな気持ちとは裏腹な
脳天気な声で、カリちゃ〜ごっは〜〜ん♪なんて言いながら、
管理人が猫部屋に向かいかけたら、カリの方から元気よく小走りでやってきた。
もう、小走りですからー。ったく、心配させんなよーってなもんで。(↑∀↑)

120918-2.jpg


闘病中とは思えない、ぼってりとしたカラダつきです。( ´艸`)
でも、この写真ではわからんですが、上になってる左側にしこりがグリグリなんですよね。

120918-4.jpg

つて、ムリクリありがたがらせてみるわけですが。( ´▽`)



一方、朝っぱらから、



120918-5.jpg

黄昏れてる方もいたりして・・・ (^-^;)

ロックさん、ここんとこ管理人の足の甲を噛む頻度が高まってるんで(爆)、
さすがの温厚平和主義ロックンも、嫉妬(?)でイラッとしてるのかもしれませんね。( ̄▽ ̄;)


ことほどさように、ほんとに心配で心臓がぎゅーっとなる昨日〜今朝でしたが、


120918-3.jpg

おかげさまでこの通り、カリンヌは元気です。(*´∀`)


追記:えりんぎさんのところの糖尿病闘病中のサスケくんが、
それこそまさに容態の急変で、突然虹の橋に渡ってしまった・・・ということを今、
えりんぎさんのブログにおじゃまして知りました。言葉になりません・・・
今回のカリは幸い容態の急変には至らなかったので軽口叩いてしまいましたが、
いつ何が起こってもおかしくないということを改めて肝に銘じた次第、反省。



himeojigi.gif いつも応援ありがとう。カリたん、明るい闘病生活がんばってます♪
  RB_nb_Rshita.jpg  RB_n_Ka1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

18 Comments

iomoca  

いや・・・本当にドキドキして読んじゃったよ~~~
多分ぱんとらさんはもっとドキドキだったと思うけど
でも元気でよかった。
なかなか良い言葉は出てこないんだけど・・
今はカリョちゃんの生命力を信じるのみです。
カリョちゃん!頑張れ\(*⌒0⌒)♪

ロックン!!
スネないで~~~みんなロックンの事大好きだからね
忘れてないよ!!

2012/09/18 (Tue) 18:30 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

あーよかった。
カリちゃんフックラ。そして最後の写真はラブリー♪
ドッキリは勘弁だよね。
先月のマロンはそんな状態から3週間の断食の行に入ったから、
忘れてたあの日々を思い出した。
心はとてつもない不安という名の泥沼に沈みこんでたからなぁ。
ぱんとら家ではそんな事ないのを祈ってるよ。

エリンギさん、お名前し知らないけど
心情を思うと…
まだブログを拝見できる心がまえできてないわ>_<

2012/09/18 (Tue) 19:03 | EDIT | REPLY |   

海月  

カリたん...

びびったよー。
あんまりぱんとらさんを心配させたらあかんよ^^;
ロックんのすねかた、かわいいなあ。

加計呂麻島のお友達のブログ、拝見しました。
すごい、田中一村みたい。
ハブの怖さがリアルに伝わってきました。

糖尿...辛いでしょうね。
時間のお薬が早く効いてくれますように。

2012/09/18 (Tue) 22:04 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  

カリョちゃん、むっくりしてるし(^m^)、目もキラキラしてて、本当に元気そうに見えます!
きっと、すこし涼しくなって、たくさん眠れるようになっただけじゃないでしょうか??(^m^)
ワシも 元気だけど、ほっといたら一日中寝れるよっ♪(自慢すな。)

カリョちゃんが ふわぁ〜ってなってる画像のお腹なでなでしときましたっ!!(^艸^)
気候も ちょっとだけ過ごしやすくなってきたから(大阪、まだまだ暑いですが。。。)、どちらのご家族さんも元気で居て欲しいのです。

サスケくんのことは本当にショックでしたが...................でも、人間も動物もこうやって出会えてることが奇跡、出会えたことにまず感謝ですね。

2012/09/18 (Tue) 22:42 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

ドキドキしながら読みましたよ。
たぶん病気とは関係なく、
落ち着いていたかったんでしょうね。
健康な猫さんなら無視する事を
やっぱり気にしてしまうのはしょうがない事でしょう。
楽太郎くん、懐かしいww

2012/09/19 (Wed) 11:11 | EDIT | REPLY |   

桃とらマン  

びっくりした・・・
まだ肺転移の話は出てなかったから、急変って
どうしちゃったのかな。
と思ったけど。。。。
違ったみたいでよかった。
かりちゃん以前よりふっくらした感じもあるし目力も
しっかりしてる!
大丈夫だよね。
いつも応援してるから。
一緒に頑張ろうね。
ロックン・・・ゴメンネ。
無垢にも同じ思いをさせているような気がして、
その背中を抱きしめたくなっちゃったよ。
でもロックンも大好きなかりちゃんだもん。
一緒に応援してくれるよね!

サスケくんのことびっくりしました。
ほんと、何があるかわからない。
今を大事にしないとですよね。

2012/09/19 (Wed) 12:46 | EDIT | REPLY |   

えりんぎ  

カリちゃんに大事がなくて、本当に良かったです。

サスケの事で、驚きと悲しみを与えてしまい申し訳ありません。
私もまさかこんなに急にお別れの時がくるなんて…。
軽口たたいていられる事は、幸せな事なんだと私もしみじみ感じています。糖尿病治療が始まって、容態が急変するまでは「うちの猫、糖尿病になっちゃって」なんて、悲しいながらも職場で笑いながら話していました。

でも、予断を許さない状態になってからは職場ではとても言えず…。今日、同僚にサスケの調子を聞かれ、ようやく亡くなった事を打ち明けられました。

私はサスケの体調の変化を見過ごしてしまった。確かに食欲が落ちていたのに。あの日の朝、いつも私にごはんの催促をしにくるサスケが二階に起こしに来なかったのに。
糖尿病の合併症の恐ろしさをもっと勉強していたなら…後悔はいっぱいです。

でも、ばんとらさんはカリちゃんの小さな変化にも気付いてらっしゃる。治療方や症例についても、すごく勉強されている。
だから、いつか必ず訪れてしまうその時がきても、カリちゃんは安心して旅立てることでしょう。

飼い主にしてみたら、いくら手をつくしてもきっと満足いくことはない気がします。それが愛情の深さゆえなのだとしたら、今こうやって悲しみを感じられている自分にほっとしてもいるのです。

とりとめもないことを長々と、しかもえらそうにすみません。

カリちゃんが今そこにいて、キラキラした目でぱんとらさんの顔を見てくれる…幸せな一時がどうか一日でも長く続きますように…☆

2012/09/19 (Wed) 17:45 | EDIT | REPLY |   

nico.  

カリさん、ほんっとに良かった。猫の行動パターンがいつも通り
じゃないのって本当に心臓に悪いですね(;;)
ましてやカリさんは闘病中の身。
ぱんとらさんの、敢えての「から元気行動」も、気持ちわかる
なあ。。。
何はともあれ、まだまだ負けちゃダメだからね。カリさん!

愛猫さんを唐突に失った方の気持ちは、推して計るに余りあります・・・。
残されたメイちゃんとシャビィちゃんの温もりでえりんぎさんの心が
1日も早く癒えますように。

2012/09/19 (Wed) 18:07 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

…文章途中まで、どきどきしながら読んでしまいました(>_<)
カリちゃん、ねむねむだったのね。ホッ。
最近、九州だけかなぁ、涼しい風が時たま吹き、過ごしやすくなって来たからね。カリちゃんも過ごしやすくなってきたのかな。動物さんは季節の変化に敏感だから…。
今回の台風はこちら、すごかったです。うちは二階建ての家なのですが、少し揺れたほど…。台風の時ぐらい、自分の猫たちを家に入れてあげれば良かったのだけれど、台風の去った翌朝、ベランダのシャッターを開けたら、ミッフィーがニャアニャア!激しく鳴いて(文句を言っているかのような^^;)向かいの小屋から出てきました。
ぱんとらさんは、カリちゃんのそばについてあげれるからうらやましいです。室内猫飼い、良いなぁ。
前回の『断った理由』の記事、読ませていただきました。抗がん剤をやめた理由…私ももし、同じ立場に遭遇したなら、抗がん剤で苦しむ愛猫を見ると。。同じことを考えるかもしれない。。。
ぱんとらさんは、もっとお辛い立場なのに、でも、冷静に考えられた結果だと思うから、カリさんに、ぱんとらさんのたっぷりの愛情は伝わっていると思う。
カリさんたちは、幸せ者だ。
なんか、えらそうに長々とすみません…。
でも、この、カリさんの普段の姿を見れて、安心しています。
カリちゃん、お目めがきらっきらのまんまるで可愛い~~~^^
もじょか~(←もじょいとは、鹿児島弁で、かわいいということなのだ~)

2012/09/19 (Wed) 19:28 | EDIT | REPLY |   

まりまお  

http://marimao.blog81.fc2.com/

ああ、私もちょっとびっくり焦った。
でも何でもなくて本当に良かった。
ぱんとらさんのいろいろな選択を深く深く読ませて頂いています。
病気なんて思わせないようなカリちゃん。
このままカリちゃんが快適に過ごせますように。

2012/09/19 (Wed) 20:22 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃん  

ばんとらさんが、凄く不安な気持ちだったのわかります。
毎日の行動が見られないと、悪い方へ考えが行って不安で怖いですよね。
でも、よかった。
カリちゃんは、朝をゆっくり過ごしたい気分やったんやわ。

急変もあると聞いていたら、ずっと頭の中にあるものね。
↓の抗がん剤の事も、私も同じようにすると思います。
形は違うけど、同じように家で過ごして、徐々に出いない事が増えても
ずっとみんなと一緒に限りある時間を全うし、自然にかえって欲しかったから。

カリちゃん、目力もすごいし大丈夫!
ばんとらさんの愛情いっぱい受けてるもん。


サスケくん、容態が急変されて飼い主さんのお気持ちを思うと
胸が痛いです。

 サスケくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2012/09/19 (Wed) 23:12 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとうございます!
つて、upしたはずなのにupされてなくてビックリ。( ´△`) てことで、書き直し・・・
さらに、不正投稿ってどこがーー??

iomocaさん
すんまそーん、ドキドキしてもらうように書いたつもりじゃないんだけど、
ご心配いただいて恐縮ざます。^^;
そうなんですよね、生命力。獣医に脅されびびらされてきてるんで、
正直ビクビクもんなんですけど、カリさんそう簡単にはいかんよ、って感じ。
でも、あまり楽観視せずに、注意深く見守るつもり。
ロックンにもエールありがとね。(^艸^)


まろにゃんさん
ありがとう。
そうなんですよ、ちょっとふっくら。それも心配になってきてね、
そろそろな熟女年齢だから、カロリーのとりすぎで腎臓やら他のところに
負担かかんないかと。でもまぁ、今は栄養摂取が先決だよね。
そうだったねぇ、まろんさんの断食・・ 
とてつもない不安・・・その通りなのよ、正直めちゃ恐いんですよ。
こういう状況イヤだ!とダダこねても何も改善されないわけで・・・
うまくいえない、言葉にできないわなぁ。
まろんさんの元気な姿が励みになるよ、ほんと。

2012/09/20 (Thu) 18:36 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとうございます!

海月さん
あー、びびらせてごめんなさい。
17日終日動かなかったのは不安だったけど、
なんとなく朝になったら元気になってるだろうと思ってたのに
出てこなかった時には、本当に気持ちが・・・てか全身が沈んだよぉ。
サスケくんのことについては、今もうまく語れないです・・。

加計呂麻島の青木さん、面識もなければネットでの知り合いでもないのですけど、
田中一村ですかー、さすがお詳しい。
奄美に記念美術館もあるんですね。


とろろ姉さん
そうなんですよ、むっくりむっちりしてるでしょ、
ちょっといいもん食べさせすぎてて、このままいくと、
別の病気になっちゃうんじゃないかと心配。( ´▽`)
お腹ナデナデありがとう・・ あんまり言いたくないんだけど、
実際にお腹はあまりナデナデできないんですよ、かなり腫瘍が大きくなってきていて・・・
出会えたことにまず感謝、ほんとその通りですねぇ。
とはいえ、その先やっぱり欲出しちゃうよねぇ・・


やらいちょうさん
ドキドキさせてすみません。
もったいつけてる訳じゃぜんぜんないんですけども。(^-^;)
そうなんです、健康なら無視してるところ、
でも闘病中だから気になるんだけれど、それ以上のことを
やれてなかったと振り返ると思うのです、何もなかったからよかったけど。
楽ちゃん、甘えん坊でかわいいですよね。^^

2012/09/21 (Fri) 15:26 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとうございます!

桃とらマンさん
びっくりさせてごめんなさいね。^^; ご心配ありがとう。
ただ、実は肺転移については、わかってないんです。
既に転移してるかもしれない・・・と言われたけれど、調べてないんだわ。
だって、調べて転移してるってわかったところで、何もできない。
カリはレントゲンが大嫌いで暴れるんで、そんなストレスかけて結果わかっても
なんもできないなら、やらないでおこうと。
肺転移って気づきにくくて、症状が出たときには
既に肺は真っ白ってことが多いんだそうですよ。ふぅ。

なんせ、腋窩リンパ節に転移が見られたら末期らしいから、もうジタバタしませんわ。
自然のままを受け入れようと思ってる。
思ってるけど、いちいち動揺するんだけどね。^^;;
リンパ節への転移がなければ、がんでも長生きできるみたいだから、
とらちゃん、がんばれ!!!


えりんぎさん
まだまだお辛いでしょうに、訪問いただいた上にコメントもくださって、
本当にありがとうございます。

えりんぎさんのところでコメントを書いた時、
自分ちでこんな記事を書いた直後で、そこでサスケくんのことを知って
本当に動揺してしまい・・ 思わず鍵コメにしましたが、
今でもうまくあの時の気持ちを表すことはできません。
もう泣けて泣けて・・ あの時のあの状況でのえりんぎさんのサスケくんへの思い、
自分の判断と行動に対しての思い..... それら全てに泣けて、
そしてそれら全てが私自身にそのまま跳ね返ってきて泣けて・・・

私がいろいろ調べるのは、今置かれてる状況があまりに不安だからなんですよね、
自分にとって信頼できると思える医者と巡り会えてないってのも大きいです。
でも調べてるようでいて、これまでけっこう体調の変化を見過ごしてきてるし、
そもそもこんな事態になってしまったこと思うと、
いたらないところだらけだったなーとこれまでのことが悔やまれます。

なんたって、この記事の時だって何事もなかったから軽口たたけてますけど、
カリが1日中じっとおとなしくしている時にすぐに病院に連れて行っておけば・・・という
状況に陥ってたっておかしくなかったわけですよ、なのに翌日も、
朝方なかなか出てこないと心配しつつ、行動してないんですよね、私。なんなのか。

鍵コメにも書きましたが、正直、ほんとうに恐いんです。
カリがどうになかってしまう状態、苦しんだり辛そうな状態・・・を
想像するだけで吐きそうだし、イヤだし、考えたくない。けれど、
その事態は遅かれ早かれやってくることは確実で。
その事態を受け入れる準備を飼い主の責任として今やってんだなぁと思ってますが、
頭で考えられても、感情はなかなか・・・ 難しいもんですよね。

いつも理知的なえりんぎさんには、とても気持ちを楽にさせてもらってるんですよ、ほんとに。
「後悔はいっぱいあるけれど、それ以上に楽しかった思い出をたくさんくれたサスケを
 安心して送り出してやりたいのです。」

今あらためて、カリとの楽しい思い出をもっともっとたくさんつくっておこうと、
時間の許す限り、カリにちょっかい出してます。(笑)
そのせいで、ロックンがちょっと拗ねてるんだけど、それはそれで、
カリとの明るいバトルに発展したりもして、
楽しい思い出づくりの相乗効果?となってるかも。(^艸^)

サスケくん、本当にえりんぎさんに保護してもらって、
えりんぎファミリーみんなに愛されて、少し短かかったけど太くて楽しい猫人生、幸せだったね。
虹の橋でも、のんびりマイペースでね。(^o^)

2012/09/21 (Fri) 18:03 | EDIT | REPLY |   

まかない  

毎日心配ですよね。
少し何かあってもものすごく心配になりますよね。
私もそうでした。
そういうぱんとらさんの思いやりがカリちゃんにいい影響を与えているんじゃないのかなぁ。
そういうのは絶対に伝わると思いますよ。

2012/09/22 (Sat) 07:21 | EDIT | REPLY |   

こだま  

心配性倶楽部員な私なので、お気持ちよくわかります。
毎日不安でいっぱいで、一日つつがなく送れたことに感謝。
でもそういう濃密な日々が送れるのはとても幸せだと思うのです。
以前愛猫を事故で亡くした経験上、「介護できる幸せ」って大きいなって…
だからこれからも拗ねるロックンにかまわず(笑)、
カリちゃんとラブラブを出来るだけ長く満喫できるよう応援しています^^

サスケくんのご冥福をお祈りしています。

2012/09/23 (Sun) 21:00 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとう!亀レスご容赦。

nico.さん
本当に心臓に悪いです。その後、この時のようなことはないので、
やっぱりどこかしら調子悪かったのかもしれませんね。
そうそう「から元気行動」やら「現実逃避行動」やら、
いざとなったらなかなかキッチリ対峙できんもんですわー。(^-^;


おむおむさん
あらら、長駄文をお読みいただき恐縮です。^^; ありがとう。
台風からかなり日にちが経ちましたが、そうでしたかー、
ミッフィーちゃんは家外暮らしでしたね、文句たらたらかぁ、わかるな。(^艸^)
人間からちゃんと世話してもらってる猫たちは、みな幸せですよね。
病気だといって、なんだかんだ手を焼いてもらえてるのは
ラッキーなんだろうとなと自分ちの猫みてて思います。
一方で、簡単に捨てられて処分されていく子たちは後を絶たないわけだし。
もじょか〜♪ってもじか音だなぁ〜〜 ( ´▽`)


まりまおさん
あー、びっくりさせてごめんにゃさい。^^;
深く深く読んでもらって恐縮ですよー、深く考えすぎるなとか
言われることもあるし、敢えて深くは考えないって人もけっこういるけれど、
まぁ性格だからしょーがない。(笑) 考えてないと落ち着かない。( ̄∀ ̄||)
おかげさまでカリは、この日以降は、本当にこれまでとまったく変わらず、
元気に暮らしてますよ。^^

2012/09/24 (Mon) 16:32 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとうございます!亀レスご容赦 (^-^;)

茶々にゃんさん
いつもいつもほんとにありがとう。
まさに不安で恐くて、いやだ(笑)って感じです。^^;
理屈ではわかってるけど、あきません。
限りある時間を全うし自然にかえって欲しい・・そうなんですよね。
メール感謝。泣けた・・( ´艸`)
ちゃんとお返事したいので、もうしばらく待っててください。


まかないさん
なんかさー、あまりにフツーにしてたところに、
突然の異変的な行動だったからビックリしたんだよね。
安心してちゃいかんなーと。
追いやりがいい影響に働いてるといいな。確かに感じてる雰囲気は
あるよね、大事にされてるって感じ。サプリを大量に飲ましてるけど、
意外と大人しく飲んでくれてるし。( ´艸`)
私がちゃんと落ち着かんとあかんね。


こだまさん
おおっ、心配性倶楽部ってのがありますか。(笑)
一日つつがなく送れたことに感謝、そうなんですよね、
それがけっこう当たり前のようになる時にスキができ・・・( ´艸`)
「介護できる幸せ」深いなぁ。。。
ロックンは、拗ねると、頻繁に管理人の膝にも乗りにくるので、
それはそれで、管理人的にはおいしかったり。( ´▽`)

2012/09/25 (Tue) 12:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment