王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

15
Thu
2012

そして、11月2日(前編)


前回は、かかりつけ医のTH病院に、二次診療のがん専門病院をご紹介いただくことになった...
というところまででした。

10月21日(日)にTH病院で診てもらい、
翌22日(月) に、TH病院の院長から二次診療の専門病院に予約の電話を入れていただき、
11月2日(金) 午前10時〜 で、専門病院であるがんセンターの予約をとっていただきました。
電話から10日ほどで予約がとれたことになりますが、それって早くとれた方だとのこと。

11月2日の初診は、どういう検査を受けることになるかわからないので、
カリさん、とりあえず絶食で臨まなければならず、
前日の午後10時には、4にゃん全員のごはん撤収、ということになりました。


11月2日当日。
腹ぺこのカリンダ太后が、ごはんもらえるのかとノコノコとキッチンに来たところを抱き上げ、
我が家で一番大きいキャリーのアトラスDX20オープンに押し込んで、いざ出陣。
初めての場所だし、道に迷うとイヤなので、私にしては珍しく早めに家を出る。

エレベーター内でもいつも以上に絶叫しながらいつになくキャリー内で動くもんだから、
エレベーターが地上階につくと同時に、管理人ちょっと焦り気味に、
約30m先の車の所に向かって、5mほど小走りに駆け出した、

ちょうどその時!

キャリーの重心がずんと前に移動して・・・



えっ?? (;☉ฺд☉ฺ)



キャリーが前に傾い・・・た???







きゃーーーーっ!! il||li (OдO;) il||li





カリさん、大脱走!!



あぁ〜〜・・・ 焦げ茶色の毛玉が全速力で駆けてゆく〜〜〜〜っ( ̄ロ ̄lll)




sisso_neko.jpg

疾走するカリさん・・・のイメージ ↑(´口`)
実際はもっと必死モードで走り去ってったんだよなぁ・・・
最初は走り去っていく後ろ姿を、青くなって追いかけながら無力感いっぱいで眺め、
カリさんってば途中で巧みに右に曲がって走ってったんで、
気がつけば、この写真 ↑の角度での疾走するカリの姿が、
しっかりと目に焼き付いちゃってんですよね。

不思議なもんで、さーっと血の気がひいたのはもちろんなんだけど、
同時に、疾走するカリを追いかけ眺めながら、
病気なのに、こんなに元気に走れるやないの〜 ・・って嬉しい驚きと、
猫人生最後に、屋外を思いっきり走れてよかったなぁ〜 ・・て熱い思いが溢れて、
悲壮感漂いつつ嬉し泣き、みたいな感じになってましたよ。

で。
全速力で逃げたカリさん、管理人の車のある方向とは反対側に50m程疾走、
居住者用の駐車場を越えて、併設されている商業施設の半地下になった駐車場に走り去って。
こちらも全速力で追いかけ、必死でカリの名前を連呼しながら
半地下のだだっ広く薄暗い駐車場を探し回るが、見つからない。
はたと我に返って、慌てて家にいる母に電話。
「カリが逃げた!今、地下の駐車場!お皿にカリカリ入れてもってきて!」と叫ぶが、
半地下の駐車場、電波状況悪くて、どうもちゃんと聞こえなかったようだけど。

その半地下駐車場は、商業施設利用者が主に停めるところなので、
金曜日の午前10時前だと駐車してる車はほとんどなく、
従って、探すといっても隠れそうな隅を探すだけでよかったけれど、
逆にそこで見あたらないとなると、猫が出入りできそうな場所は数カ所あるんで、
一体どこへいっちゃた??・・・という不安も一気に募り。(TДT||)

とそこへ、ゴミ収集車が入ってきた。もしかして隠れやすいゴミ集積所にいる?と思い、
万が一ゴミと一緒に収集車に放り込まれたら大変だ!と、そちらに向かおうとすると、
駐車場の管理人らしきおっさんが、
「危ないから、あっちに行って!」と追い払うようにやってきた|`Д´)
けどそんなの無視して、カリの名前を連呼していると、
収集車の運転手さんが、
「何か探してるの?」と心配そうに聞いてくれた。
「猫なんです」と答えながら、引き続き名前を呼びながら探していたら、
「どんな色?」とゴミ集積場所でゴミ移動の作業を始めながら聞いてくれて、
「キジトラ・・・ 焦げ茶色のシマ模様のこれぐらい(手で大きさを示す)の猫で」
「じゃぁ、ここは注意してみておくから」と作業中の運転手さん、
なんて優しいんだ、と感動・・・(嬉涙)

も束の間。

キャリーケースはもちろんだけど、財布の入ったバッグも、
キャリーを置いた場所に一緒に放置したまんまだったのを思い出した!(;´Д`)

慌てて、バッグを置き捨てた場所であり、
バカリンがキャリーから逃げ出した場所に走って戻ると、
母がそこに立っていて、私の姿を見つけると同時に、

「カリちゃんが、さっきここにいたんよ!」と興奮気味に言うじゃないですか。

なんと、母がエレベーターから降りた時、真正面に放置されたキャリーケースの横に、
カリが置物のようにちょこんと座ってた、と。(TwT ||)
思わず、母が カリちゃん!と名前を呼びながら走り寄ったところ、
まぁ猫の習性ですわね、追いかけられたら逃げる、
で、今度は、さっきとは逆方向に走り去ったと。( ´△`)

最初に逃げたのと逆方向には、歩道もあり、車道もあり、側溝もあり、植栽もあり、
そして居住者の車がたくさんの駐車されていて。
とりあえず、私は、車道を見に行き、次いで歩道とそばの植栽を見渡し、
駐車場と歩道の境にある側溝をのぞき込んで探しましたわ。
その間、母は、駐車の車の下をのぞきこんで見て回って・・・


見つからない。(´Д`;)


でも、一旦はキャリーケースのところに戻ってきたということだし、
なぜか、時間をかければ絶対に出て来る!絶対に見つかる!という自信はありましたね。
半地下の駐車場の方だったら、出入り口がいくつもあったので、あのまま
姿をみることがなかったら、かなり絶望的な気持ちになってたかもしれんが。
ただ、いずれにしても、今日の初診は受けられないだろうなとは思ったけれど。(^-^;)

とにかく、絶食してるからお腹は空いてるはず、なので、
母にとりあえずお皿に入れたカリカリをもってきてもらう間に、
私は、再度、車の下をひとつひとつ覗き込んで確認・・・ すると、

どこかから・・・近いようで遠くからのような猫の鳴き声が聞こえるじゃないですか!

もう一度、それまでに覗いた車の下も、じっくりと覗きこんでチェックしてみると・・・



1台のエンジンルームの下からシッポと片足がにょろりん!ww



いたっ!(↑∀↑) ってんで、捕獲すべく勇んで車の下に潜ろうとするも、
普通車の車高ってそう高くないのね、そう簡単に真下まで入れません。( ´△`)

その間も、カリさん、必死で外に出てる足も中に引き上げようとしている。
エンジンルームの中に入り込まれたら、1日仕事になるなぁ・・・などと、
とりあえず居場所がわかったもんだから、ほっとして悠長に考えかけたりして、
いやいや、1日で素直に出て来るとは限らないし、
そもそもこの車の持ち主がどこの住人なのか特定する作業は大変だぞ.....と気づき、
シッポが垂れ下がってる間になんとかしなきゃと、再び、車の下に這いつくばる。

カリの入り込んでる場所の下までは入れないから、状況は確認できないけれど、
とりあえずシッポを引っ張ってみてギャッと叫んだりしたら、
どこかに引っかかってるってことだから、しょうがない、
そうなったら無理せず、唐揚げでもエサに出て来るのを待つしかない・・・と腹を決めて、

ともかく、
シッポを掴んで、ぐいっと引っ張ってみた。щ(゚Д゚щ)





みゃ〜〜〜 =^. .^=



かわいい鳴き声と共に、カリさんずるずるっと簡単に引っ張り出されたところを
大きな風呂敷に包み込んで、無事救出?ってか、捕獲。(⌒_⌒;

カリも大脱走&大捕物で、疲れたんでしょう、
おとなしくキャリーに入り、予定通りに、がん専門病院に向かったのでした。

私にしては珍しく早めに家を出たのと、病院までの想定していた時間より
実際の所要時間がかなり短かったので、病院には余裕で間に合いましたよ。
とはいえ、車に乗って落ち着くと、逆に大脱走と大捕物のショックが呼び起こされて
ナビ設定は指が震えてなかなか押せないわ、胃はしばらくきゅーきゅー痛むしで、
いやはや、マジで大変でしたー。( ̄∀ ̄||)


そうそう、肝心なこと。
カリ大脱走の原因なんですが、はっきりしたことはわかりません。
おそらく、キャリーのロックをしっかりとしてなかったから?かもだけど、
実は、捕獲したバカリンをキャリーに入れようとあらためて扉を見たら、
キャリーの扉の軸の方、そこの上部が枠から外れてたんですよ。
カリの体重がかかってロックが外れ、それで軸の方も外れちゃったのか、
とにかく、フルオープン状態になったんでスルッと逃げれたんでしょうね。

このアトラスDX20オープンは、耐荷重〜8kgだから、
いくら太ったといっても5kgのカリ、大丈夫なはずなんだけど、
この日は、中で右往左往動いてたのが加重に繋がったのかもしれません。
いずれにせよ、使用に際しては、細心の注意が必要だってことには違いないね。


ということで。
病院での話は次回となります。ここまでで息切れしました。( ; ´∀`)
はぁ、思い出して書いただけでも疲れるわー。

ともあれ結果オーライで、いい思い出にもなったんですけどね、
屋外で、全力疾走するカリの姿なんて、普通じゃみられないもん。( ´艸`)


とはいえ、二度はいらんけど。( ´艸`)



himeojigi.gif 応援ありがとう。カリたん乳がん闘病のんびりがんばってます♪
  RB_nb_KRgyu.jpg  RB_n_KaR_kuri.jpg
関連記事
スポンサーサイト

27 Comments

海月  

びびった...

心臓に悪いわ。カリたん、大冒険やったね。
うちも似たタイプのキャリーから脱走しちゃったことがあって、通院するナツがマンションの廊下を洗濯ネットに入ったまま疾走したことが。
キャリーを風呂敷で包むと安心らしいね。
初診の結果も気になるけど、ひとまず無事でよかった!

2012/11/15 (Thu) 16:03 | EDIT | REPLY |   

桃とらマン  

果たして専門医さんのご意見は!?
と思ったらある意味それどころじゃないですね。
元気な子でも大変な迷子猫になっちゃうのか!?????
とひやひやしちゃいました。
はぁ~よかった見つかって。
カリちゃんその元気は是非ともこれからは平和な日々に
お使い下さいませ。。。。
うちはもうずっと名も知らないキャリーだけど、今のところ大丈夫。
でも色々考えさせられた気がします。
病院行く機会増えましたからね。
キャリー見なおそうかな。
とにかくぱんとらさんもかりちゃんもお疲れさまでした。
ってこれから病院か・・・へとへとですね。

2012/11/15 (Thu) 16:58 | EDIT | REPLY |   

うき  

あああ〜〜〜〜@-@
ああ、もうドッキリですねえ。
でもカリさんが、めっちゃ元気そうで良かった!!
すぐにキャッチ出来て良かった〜T^T

うちの和鼓や琳は何をしでかすか分からない子達なので
病院に行く時はいつもドキドキ、キャリーを風呂敷などで包んでます。
飼い主はいつもニコ・リンにドキドキしてますT^T


2012/11/15 (Thu) 19:02 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

ああ~~~(>_<)!!びっくりしたよ~!!こちらもハラハラしながら途中まで読んでましたよ(^_^;)
でも、こうやって文章にできるということは無事、捕獲できたのだろうな、という安心感も途中わいたりしましたよ。ほんと、無事、見つかって捕獲(救出?)できて良かったです!!
脱走した瞬間の時のぱんとらさんの胸中を想像するだけで•••ほんと、文字通り血の気が引いたお顔だろうとお察し致します(T^T)
でもカリたん、えらいね。賢い!ちゃんと元の所に戻って来てたなんて(*⌒▽⌒*)
『ここに来たらぱんとらさんに会える…。』と、思ったのかな(*^^*)?
カリちゃん、ぱんとらさん、お疲れさまでした!
次の病院でのことも気になるけど、また、落ち着いた時に更新してくださいね(^_-)


遅らばせながらですが、ビブちゃん、お誕生日おめでとうヽ(*^▽^*)丿☆☆☆

2012/11/15 (Thu) 22:12 | EDIT | REPLY |   

ひかり  

ぎゃー、もうもう読んでるだけで心臓バクバク顔面蒼白(多分)でしたよー。
カリたん、賢いですね。ちゃんと戻ってきたんですから。
うちのハナちは何度か脱走したことがありますけど(必ず隣の庭まで、笑)
自分では戻って来れず、ひたすらうぉんうぉん鳴くばかりで、
捕まえようと近づくと逃げる、でも若干鈍いので(笑)なんとか捕獲、
隣の庭で姿が見えていても体じゅう震えがきちゃうのに、
ぱんとらさん、どんなにか恐ろしい思いをされたことでしょう・・・。
無事に戻ってきてくれて、ほんとうによかった!!
私も、通院時など、キャリーが万が一何かの拍子で壊れたりしないか、
すごく緊張します。特にハナちん。重いので(笑)
持ち手でぶら下げるのは怖くて、必ず底を反対側の手で押さえます。
抜けそうな気がするんですもん~(笑)

2012/11/15 (Thu) 22:41 | EDIT | REPLY |   

iomoca  

ヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆!
桑田ライブから帰ってきました~~

ブログは行く前に読んでいたんですけど・・・
コメント入れる時間がなかった
多分こんな風に書いてるんだから、絶対カリョちゃん
見つかったはず!
と思いながらも・・・ドキドキしちゃいましたよ
まさか・・・脱走するとは\(◎o◎)/!
でも良かった~~元気そうで!
カリョちゃんはまだまだこれからだわね~~
うん(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)

でも・・・お外は危険だからね!
このお遊びはもう終わりよん(^.^)
ぱんとらさんが慌ててる姿が目に浮かびましたよ
いや~~~~もしうちのお子達だったらって思うと
もう泣いちゃってるかも???
やっぱりキャリー入れる前にネットにいれたほうが良いかな??
これから病院へ行くことがあれば、ちょっと考えたいと思います

でもほんと良かった!
後編待ってm~~~す

2012/11/16 (Fri) 00:00 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  

はぁはぁ...................(T^T)
こわいこわい!! もぉ〜〜、想像するだけでこわいよ〜〜、キャリーからの脱走!!(@o@)
そりゃ、指も震えりゃ、胃も痛むでしょうよぉ〜〜!!(T^T)

カリョちゃん、無事に見つかって身柄確保出来て良かったです.............

うちのキャリー(バギー)は、上をぐるりとファスナーで開け閉めするタイプのやつですが、それだって何かの拍子にどうなるかわかりませんもんねぇ..........(T^T)

でも、カリョちゃん、めっちゃ元気そうで................(^^;)...............良かったです。。。
たははは..............

2012/11/16 (Fri) 01:27 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

ひゃー

前半だけで読んでるほうも息たえだえ。
結局はすべてがうまいほうに作用してた訳だけど、最中がまさに「てんやわんや」ww
風呂敷でカリちゃんつつんだなんて、うまいこと風呂敷だけは手放さずに探してたのね。
仲良しブロガーさんが脱走して猫捕獲に23日間の大捕り物を繰り広げたばかりだったから
迅速に捕獲できてよかった。

2012/11/16 (Fri) 08:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/16 (Fri) 09:30 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

ドキドキしながら読みましたよ。
大変でしたねぇ〜、生きた心地がしなかったのでは?
しかしカリさん、脱出してみたものの、
実は捕まってホッとしたんじゃないでしょうか?
キャリーは気をつけないといけませんね。
この記事を読んだ方達はいい教訓になるでしょう。
もちろん私もww

2012/11/16 (Fri) 12:49 | EDIT | REPLY |   

タンタン  

あ~~ぁぁぁ~~~

肝が縮む思いだわ~(^^;)
もう~。カリタンたら~。楽しかったね~♪

2012/11/16 (Fri) 13:10 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

海月さん
ほんと!大冒険。ちょっとやりすぎたかな?とも思ってる気もする。(^艸^)
ええーっ?!ナツくん、選択ネットに入ったまま疾走??!(爆)
いや、笑い事じゃないなぁ、洗濯ネットに入れるとおとなしくなるっていうけど、
洗濯ネットも安心できんってことやね。φ(.. )
一般的な風呂敷の大判では、うちのキャリー包めなくて、
被せる感じで覆ってはいたんだけど、あまり効果はなかったっす。( ̄∀ ̄||)


桃とらマンさん
いやー、おっしゃる通り、今後の生活にその元気使うべきなのに、
確かにこの大脱走で使い果たした感もあって、カリさんちょっとお疲れモードで。^^;
うちは、カリが今回の病気になるまでは、
このキャリー家にあったけど使ってなかったんですわ、
かさばって持ち運びが大変なんで。
それが、カラーしたままでもゆったりできるってんで、
今度の病気からこれを使うようになったの。
鬼院長のところまで1時間以上の道のりだったし、待ち時間も長かったんで。
とりあえず今も、同じキャリー使ってて、新たにスーツケースベルトで締めて
風呂敷で包んでます。(爆)

2012/11/16 (Fri) 16:00 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

うきさん
コメントありがとー。^^
いやー、ほんとドッキリだし、なんか呆然としてたなぁ、
身体は条件反射で、追っかけてはいるんだけれど、
必死で悲壮なんだけど達観もしてるような・・ 思い出すと不思議な感覚。
キャリーに風呂敷、一応、風呂敷は被せるというか覆ってはいるんですが、
このキャリーでかすぎて、包めなかったんですよ、普通の大判じゃ。
なので、特大版風呂敷も購入いたしましたよ。^^;


おむおむさん
ハラハラさせてごめんなさい。(^-^;)
そうなんですよ、戻って来たってのがなんというか、
本気で逃げたわけじゃなく、はずみで逃げてみた・・・って感じでね。(^▽^;)
戻ってみたけど誰もいない、ばばちゃん走って来たけど、
ばばちゃんに捕まるのもシャクだし、逃げようかな・・・って程度だったんでしょね。(^艸^)
でもって、ビブへのおたおめ、ありがとうございます!
どこか不憫なようで、見てるとまったく不憫さ皆無のひょうきんビブ、
ご贔屓の程、ヨロシクです。(笑)


ひかりさん
あはは。カリは賢いんだかなんなんだか、
逃げてみたものの不安になって戻ったのかも、
ハナくんと同じ感じじゃないかね、逃げても隣の庭までの。(^艸^)
自分で戻れないってのは、何故なんだろう、自分のテリトリーから
出てしまってどうしていいかわからんってことなのかしら。かわいい。
カリに逃げられてほんとに真っ青(たぶん^^;)、気は動転・・・してるようで、
カリは絶対に戻ってくる・・・という自信はあったんですよ。
これがロックならどうだったか。金四郎は論外。( ̄∀ ̄||)
ロックは、戻らないというより、臆病なんで戻れないタイプの気が。
私、これまでキャリーに無頓着だったかも。
この病気になるまでは、ソフトバッグだったので、
底が抜けるとか扉が開くという心配なくて、その感覚のまま、アトラス使ったからなぁ。
今は、スーツケースベルトで締め上げてますよ。( ´▽`)

あ、こちらでもご連絡。23日参加できそうです。楽しみにしています♪

2012/11/16 (Fri) 18:01 | EDIT | REPLY |   

nico.  

うわー、想像するだけでぞっとする〜〜〜(T^T)
大きな道路とかに飛び出していかなくて良かったですよね!
キャリーって、私も入れて外に出る時は何回もロック確認する
けど、何かの拍子に外れる可能性もなきにしもあらずだなあって
思ってたので、他人事じゃないです。今日の記事。

でも。。。確かに自分ちの猫が屋外を全力疾走してる姿は見た事無いし
何事もなければ一生見る機会もないんだろうなあ^^;
ぱんとらさん、貴重なシーンを目撃しましたね(笑)

非常事態は、猫のシッポも引っ張りますわなー^^
私もおみそがベランダに出てるとき、お隣さんとの境のパネルを
飛び越えようとしたら、ものすごいスピードでおみそのシッポを
むんぎゅと掴みます!>▽<
すごい声で「ぎゃ!」って鳴くけど、背に腹は変えられんのです^^;

2012/11/16 (Fri) 20:20 | EDIT | REPLY |   

ととろ  

いやぁぁぁ!!

カリたんったら・・こわ!こわい事しはるわー!!(カリたん自身が一番怖かったろうけど)
自分とこで想像したら・・ヤツは絶対に戻って来ない(爆

脱走事件がひと段落して「いざ!本題へ!」・・と思ったら次号て!
ま、読んでてゲッソリ疲れたんだもの。書いてる本人は倍以上疲れてるよねー。
続きをお待ちしとります(・・で、いいんだろうか。。)


カリたん、本当に元気そうで。
いろんな考え方があるんだろうけどカリたんがカリたんらしく過ごせるのが一番大事だと思うよ。

2012/11/17 (Sat) 20:50 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃんん  

いや~~~、かりちゃん、ハラハラドキドキしたわ。
おばちゃんには心臓に悪いわ。
かりちゃん、いっぱい冒険したんやね~
でも、ほんまは早く見つけて欲しかったんよね。

ばんとらさん、大変でしたね。
生きた心地しなかったでしょう?
でも、無事見つかって良かったです。

かりちゃんは初めての冒険やったんやね~
うちも海が何回か家から脱走してました(汗
一番初めは気がつかず、2時間くらいしてふと玄関を見たら
海のシルエットが・・・
もうビックリしましたよ! のんきな飼い主でございます(汗

病院、間に合って良かったね。

2012/11/17 (Sat) 21:25 | EDIT | REPLY |   

ケイママっち  

読みながら、心臓バクバクしちゃいましたよ~!!!!

無事でよかった!
カリちゃん自身も、キャリーでお出かけ、きっとお医者さん?
それはヤだな~、出たいな~・・・・あ! 開いたっ!
やった!
・・・・・おうちどこ? おかあさんどこ? 

って出てみたはいいけど、どうしていいか困っちゃってたんでしょうね。

キャリーのロックも過信は禁物ってことですね。
内の今のはロックじゃなくファスナーなんだけど、ルーさんたら、
出たいが一心で、こういう時だけ器用に爪と歯(と鼻?)を使って
ファスナー開けてくれちゃうんで、安全ピンで留めてます(><)

専門医院、どうでしたでしょう。
カリちゃんにとって、より良い選択肢が広がりますように。

2012/11/17 (Sat) 21:33 | EDIT | REPLY |   

ぷ~めぐ  

脱走・・・何よりすぐに素手で捕まって良かったですね。
カリさんもうっかり出てしまって、どうしよう、困ったなって感じだったのでしょうか。
アトラスは見た目頑丈そうだなと思っていましたが、そんな弱点があったんですね。

ともあれ、カリさん元気に走れて何よりです。

2012/11/17 (Sat) 21:33 | EDIT | REPLY |   

ぽん母  

このハラハラドキドキ物語前編をまたドキドキハラハラして2回目を読んじゃったよぉー^^;
実は昨晩お邪魔して今の倍以上のドキハラ感で読んだんだった・・!
コメント欄にどうしてもひらがな入力が出来なくってドキハラ感満載のまま失礼したんだったんだよー
ぱんとらさんの文章があまりにも惹きつけ力爆発なんで心配と笑い(ゴメン)とで昨日の晩は
まんじりともしなかった(笑)
カリョちゃん・・流石カリョちゃんだわー
ただでは転ばない??あれ起きないだっけ^^;
家の中でも姿が見えなくなったら心臓、胃きゅーってやられるのに
屋外でだもんね ぱんとらさんのキモチわかるわー
焦る気持ちも落ち着いてる気持ちも両方共ね
んでわたしは思うんだわよ
カリョちゃんには強力なねこ神様が付いててくださるって
いやカリョちゃんがねこ神様なのかも・・・・

2012/11/19 (Mon) 12:58 | EDIT | REPLY |   

まかない  

最後は捕まってよかったですね。
確かに逃げる元気があるというのはすばらしい。
でも捕まるまではきっとどきどきしたでしょう。
私もスモちゃんに何回も脱走されたけど、捕まるまでは本当に心配したもんです。
実はキャリーの横に座ってたというのが、申し訳ないけど笑えました。
猫らしいなぁって。
ほんと追いかけたら逃げるんですよね。
かといって追っかけないわけにもいかないし。
いやいや本当に捕まってよかったです。

2012/11/19 (Mon) 15:51 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとー!

iomocaさん
お外は危険・・・ その通りで、車道に逃げたらやばかったです。
考えてみたら、商業施設の駐車場に逃げるってのも危ない話で。( ´△`)
いやー、半泣きでしたよ。カリ〜!と連呼する声は、
大変なことが起きたって感じだったと思う。
キャリーに入れる前にネット・・ ↑一番上の海月さんのコメントに、
ネットに入ったまま走った・・・ってあるの読んで、
ネットも安心できないんだと、肝に銘じましたよ。(^-^;)


とろろ姉さん
いやー、私も思い出しただけで、ゾッとするー。
不思議なもんで、その時よりも、後々の方がガクガクブルブル((((;゚Д゚))))
うちも、今のアトラスの前は、ずーっとファスナーで開けるタイプだったんっす。
で、上部のファスナー部分が開きかけたことがあって、
ファスナーの取っ手?の部分を2つひっつけて安全ピンでとめてましたよ。
うん、やっといた方がいいと思うよ。


まろにゃんさん
ほんとてんやわんやでした。
こういう時って、後で考えたら、あの時こうしていたらとか思いつくことあるもんだけど、
今回は、無意識だったけどベストな動きをしてたみたいで、
それで全てなんとか丸く収まったのかなとも。
23日の大捕物!!考えただけで心臓も胃も縮みあがるよー。( ´△`)
そういえば、一瞬、迷子猫の捜索願を各方面に出さないとなーとも思ったなぁ。
なんにせよ、よかった・・・<しみじみ

2012/11/21 (Wed) 15:04 | EDIT | REPLY |   

まや*  

カリちゃん、無事もどってこられて
ほんとにほんとによかったーーーーっっ(p>□<q*)
そうそう、なんでキャリーの扉って、
回転する方(軸の方)があんな作りになってるんやろうって
以前から思ってたんですよー
いくら重さがOKだったとしても暴れる場合もあるし、
立て幅が変わる事ってあると思うのに、
そうなっても抜けないような作りにしたらええのにーって。
あれじゃないと逆にあぶないのかな??
里親探しされてる人でお届けする時はガムテープでとめて行くって人も
いましたよ^^
この間病院行った時に(だい子のじゃなくての時)キャリーもなんもなしで
ネコさんむきだしで連れて来てる人がいて、自由に待合室の中歩いてて
(といってもおっとりしててちょっとしか動かないんだけど)
しかも最後、ネコさんを背後にお勘定してるんですよー;
んでネコさんの向こう側はすぐ入り口のドアでその向こうはちょこっと駐車場が
あって、その向こうは何車線もある車通りの多い道。。。
飛び出やしないかと心配で、終止そのネコさんのそばで囲みながらみはってた
私でした(;´Д`A ```←飼い主さんは平然;;

2012/11/21 (Wed) 16:43 | EDIT | REPLY |   

ポンパパ  

ご無沙汰してますー♪

あー、びっくりしましたー^^;
どきどきしながら、読みましたよ、冷や汗でてきましたけど、
しっぽぐいっと掴んで引っ張って、捕獲♪
よかったーヽ(^o^)丿
大捕物でしたね^^;

うちも空をつれて、散歩にでたことがありますが、
キャリーがちょろっと空いていて、
いきなり空が飛び出た時は、どきどきしました^^;
首輪につけていたはずのリードが外れていて、
そのままぺたんと道路に着地していたんです。
ふっと見たら、リードもなにもつていない。
空も自分でびっくりしちゃったのか、茫然として動かない。
そこを自分に焦るなよって言い聞かせながら、確保しましたよ^^

あれ以来、空は外に連れて行っていませんヽ(;´Д`)ノ

カリたん、ほんとよかったねー♪
治療がんばってくださいね^^

2012/11/23 (Fri) 22:26 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとー!

鍵コメさん
いろいろと情報、ありがとうございます!!
二次診療の病院は、ご推察の病院ではないんですが、そのドクターは、
最新エントリに書いたとおり、米国獣医内科学(腫瘍学)専門医の認定日本人第1号の先生だそう。
紹介してくれたホームドクターが、麻布出身で、麻布は腫瘍に強いと言ってらしたから、
てっきり麻布出身のドクターと思ってたら違って、出身大学は鬼院長と一緒。(笑)
結果的に、5月頃東大付属動物病院の医師から推薦されていた専門医と同じ先生だったので、
まぁ回り回って来るところにたどり着いたって感じです。(^-^;


やらいちょうさん
亀レスすんまそん。^^;
ドキドキなんですが、妙に冷静だったりもして不思議なもんですよね。
おそらくカリの方がびっくりしてたかもしれません。
おっしゃる通り、捕まってホッとしたんじゃないかな。( ´艸`)
この一件のあとも、やはり一番大きなキャリーがいいだろうと
同じモノを使い続けてるんですが、スーツケースベルトでしばり、
ガムテで扉をとめ、その上で大型風呂敷に包むという重装備となってます。( ̄∀ ̄||)


タンタンさん
金曜日は、楽しかったです。あまりお話できずに残念でしたけれど、
タンタンさん、癒し系のほのぼのキャラで和みますわー。( ´艸`)
カリは全力疾走楽しかったけど、疲れた〜ってのが本音かも。


nico.さん
でしょでしょー、想像しただけで、今でも胃が痛い。
なのに、その場では、悲壮感と冷静さとのないまぜ心境、フシギだったわ。
そそ、キャリーの過信は後悔を招くってことですよね。
今ではスーツケースベルトで縛り、風呂敷で包んでますよ。
でも、他のキャリーには変えてないってのがね。( ̄∀ ̄||)
少しでも大きなケースの方がゆったりできるかなぁと思ってんだけど、どうなんだろ。
おみそちゃん、ベランダから脱走計画してるのかっ?!
シッポ掴みをかいくぐられたら・・・ 気をつけてー。

2012/11/26 (Mon) 18:28 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとー!

ととろさん
わーっ、ととろんお久しぶりーっ!訪問ありがとね。( ´▽`)
そうなんよ、おそらくカリが一番怖かったんじゃなかったかと。
突然扉が開いたもんで、びっくりして飛び出したんやろな・・・
つて、競馬馬みたいやな。( ̄∀ ̄||)
なんか最近ブログ書くんがしんどいんよねー、
書くだけやなくてネットみるんがしんどいねん。年やし。( ´△`)
てか、家ではネットなんかせんと、ぼんやりとカリかわいいかわいいと
ナデナデしてるんが一番ほっこりするしね。
だもんで、訪問も滞ってごめんちゃい。
あとで、おじゃまさせてもらいます。


茶々にゃんさん
だしょー。おばちゃんにはマジで心臓に悪かったわ、
全力疾走でもドキドキやったから。(^-^;)
カリだったからか、このまま会えないなんて想像はまったくすることなく、
いつ捕獲できるかなぁって頭しかなかったな。
これがロックンや金四郎だったら・・あーゾッとする。(;´Д`)
海くん、何回も脱走してたんっ?! 一軒家は脱走しやすそうやしなぁ。
虹の橋でも脱走試みてるんとちゃう?( ´艸`)
たまには此岸まで来てくれたらいいのにね。


ケイママっちさん
ありがとうございます〜、ほんと無事でよかったですよ。
後で思ったのが、ゴミの収集車のおじさんがよい人でホントによかったってこと。
まぁそこには隠れてなかったんだろうけど、ゴミ置き場は隠れやすいし、
もし隠れてたら、そしてごみ収集車に彫り込まれてたら・・ ゾッとします。
うちも、大型アトラスの前は、カリはファスナー付きソフトキャリーで
運んでたんですよね。それだと、暴れると確かにファスナー開きそうになるんで、
うちも安全ピンや、針金みたいなのでとめてました。( ´艸`)

2012/11/26 (Mon) 18:49 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとー!


ぷ〜めぐさん
車のエンジンルームに入ってなかったら、
素手で捕獲ってめちゃくちゃ大変ですよね。
確かにラッキーだったし、おっしゃる通りカリも、
えーっ?扉開いちゃったー、こわーい逃げろー、でもどうしよう・・・
って感じだったんでしょうね。(^-^;)
アトラス、丈夫そうに見えて、落とせば組み合わせ部分も
ズレますから、使用に際しては要注意ですよ。( ̄∀ ̄||)


ぽん母さん
ありがとう〜。カリョもびっくりしたことと思いますわ。
本猫的には、別に逃げたいと思ってたわけでもないだろうし・・・
ってやっぱり逃げたかったのかなぁ、病院行くのイヤで。( ´△`)
ほんと、落ち着いてから、胃は痛い、手は震える・・・で、
いかにショッキングなデキゴトだったかってことが
身に染みてわかったよ。思い出しても胃が痛い。
カリに猫神様がついてくれてるなら、
ほんとにお願いしたい、そんなに早くそっちに連れて行かないで!って。


まかないさん
でしょ?逃げる元気。あー、こんなに走れるんだーって、
なんとも言えない感動がこみあげたよ。
スモちゃんも脱走猫さんだったのかぁ。すぐに捕まえられたのかな。
捕まえるのってやっぱりすごく大変でしょう。。
ほんとエンジンルームに潜り込もうとしてくれて、助かりましたよ。
エンジンルームって、猫の好きな場所みたいね。( ´艸`)

2012/11/27 (Tue) 15:34 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

コメントありがとー!

まや*さん
名前に「*」を付けるように変えたんですね。^^
そうなのか、以前からキャリーの扉の軸の方に疑問を持ってたとは、
すごいなー。気になってたんですね。
私はこれまでなんの心配もしてなかったんで、慌てましたわー。
そうそう、私もこの事件以降、扉にはガムテープを、
本体はミッフィのスーツケースベルト(笑)で締め、
さらに大判風呂敷で包むという念の入れようです。( ´艸`)
猫さんむきだしで病院!! 高齢の猫でも何があって走りだすか
わかんないのに、すごいなぁ。最近は病院の方で、リードをつけるか
キャリーに入れてきてくれとお願いしてますよね。


ポンパパさん
こちらこそすっかりご無沙汰しちゃってます。(^-^;
そーなんですよ、シッポぐいっと引っ張って、
もしどこかに引っかかってぎゃっ!!なんて啼かれたら
やっぱり諦めてただろうから、ラッキーだったのかもしれません。
えーーっ!!空ちゃんにもそんなことがあったんですか。
確かに、突然外に放り出される状態って、本猫の方もびっくりしますよね。
でも、びっくりして呆然としてくれて本当によかった。
それ以来出かけてないって、病院にも行かなくて済んでるってことですよね、
何よりです!( ´▽`)

2012/11/27 (Tue) 15:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment