王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

26
Mon
2012

11月2日(後編1)いよいよ診察


すっかり間があいてしまい、書く気力も記憶も失せつつあって脱力気味ですが、
これも闘病記録・・・ ってことで前回からの続きです。
今回も長いですよ、しかも文字ばっかり。( ; ´∀`)


そんなこんなでカリョさん、
屋外で全力疾走&かくれんぼを演じた後に無事 御用 捕獲とあいなり、
観念したのかとりあえずおとなしくキャリーに入って、いざ二次診療の病院へ。
しかし、おとなしかったのも最初だけで、
道中、出せ出せー!どこ行くんやー!と啼きっぱなしの40分間、
とりあえずは無事に予約の10分前に病院に到着。

まず受付で、TH病院から預かってきた紹介状とレントゲン写真、血液検査結果を渡し、
引き換えに、カルテ用の記入書類と問診票を受け取って待ち合いで記入。
その間も、カリョさん懲りずに、苦情啼き。元気です。( ̄∀ ̄||)

診察室は4室あったかな、その前の通路が待ち合いスペースになっていて、
そこでしばし待機。
5分ほどして、ひとつの診察室から若い男性に呼ばれ、部屋に入る。
彼は、名前と研修医であることを私に告げて、
「専門医 (腫瘍部門の長)と担当医の診察前に、これまでの状況をお聞かせください」
とテキパキと要件を述べて、まずはカリを触診。
カリの身体を触ってしこりの場所と大きさを確認しながら、
カルテにある猫の身体図?に描き込んでいく。が、その動きは、
研修医だから致し方ないんだけど、モタモタしてましたなー。(^-^;)
これからがんばって良い医者になってくれたまえ。

そんな中、ふと診察台をみると、黒い汚れが点々とあるじゃないですか。
なんだ?これ・・・と触ったら、土? 泥??

( ´艸`)ムププ 
カリたん大脱走武勇伝お印足裏についたですわ。



研修医、一通り触診して、カルテにしこりの大きさ個数と場所の記入を終え、
カリたんを一旦キャリーに戻して、診察台を挟んで着席。
次に、私からカリのこれまでの診察・治療歴について説明することに。
事前に、今年の2月5日、TZ病院で左胸のしこりが悪性腫瘍と診断されてから
先月TH病院でここの病院を紹介してもらうまでの流れとその治療内容について
時系列にして1枚にまとめてきていたので、それを元に話を進め、質問に答えていく。

ここまでで15分くらいだったかなぁ。
腫瘍部門の長である専門医と担当医(この先生も腫瘍部門)が診察に来るまで、
その診察室でしばらく待つように言われ、研修医がその場を立ち去ろうとした・・・

その時!

ガッシャーーン!!

診察台の上に置いていたキャリーケースを研修医がひっかけて、
中のカリたんもろともキャリーケース床に落下。(∂△∂;)

カリにしてみれば、本日2度目の大ハプニング。
落下したキャリー、組立部分がはずれてズレてるもんだから焦ったのなんのって、
1日に2度も脱走されたら笑えないですからっ。(;´Д`)

しかも、ふと見るとズレた部分からカリのかわいい足先が出てるじゃないですかっ!
研修医は、びっくりしすぎた反動なのか異常に平然として、
他人事のように「大丈夫ですか?」なんて聞いてくるもんだから、
「足が挟まって出てるんですよ、大丈夫じゃないでしょう。」と、
とりあえずは抑え気味に、でも語気強く言いましたよ。
そしたら、研修医、覗き込むだけで、
「たぶん大丈夫でしょう」とのっそり言うじゃないの。
思わずワタシ、
「たぶん大丈夫でしょうって、ですかっ!
 ちゃんと見てくださいよ!」


と今度は強く怒りました。当たり前です。
ちゃんと確認もせずに、大丈夫でしょうって推測ですますなんて、
思わず、あんたは東電か!と言いたくなりましたが、さすがにやめました。( ̄∀ ̄||)
そんなワタシの怒りに押されて研修医、慌ててカリの足先を触って確認、
大丈夫ですと言って、謝りながらその場を去りましたさ。

ただでさえ、新しい病院での診察はキンチョーするってのに、
我々・・・カリ太后と管理人ですね・・・は、朝っぱらから、
やんなくてもいい鬼ごっこ的かくれんぼまでやってきて、
神経すり減り状態だってのに、なんでここまで災難が波状攻撃してくんだよ、
この後の診察でさらに嫌なことが起きる前兆・・・なんてことないよなぁ、と
本気で泣きそうになりましたよ。(´・ω・`)

1211kari_nihonga_jiyu450.jpg

そんな心身共にヘロヘロ状態のアタシとカリ太后が待つ診察室に、
お待ちかねの専門医が登場したのは、研修医退室から10分後くらいだったでしょうか。


じゃじゃーーん♪


専門医(=腫瘍部門長)が、背後に担当医と先ほどの研修医を引き連れて登場!
年の頃40代前半、身長170cm弱って感じのイケメンですがな。( ´艸`)
てか、雰囲気がミュージシャンかアーティストって感じで。

この先生、米国獣医内科学(腫瘍学)専門医の認定、日本人第1号なんだそうだ。
入室するなり、キャリーが診察台から落ちたことを謝罪・・・ そうなんです、
研修医が落としたんじゃなく、隣の診察室の犬が吠えたことで
キャリーの中のカリが驚いて動いて?落ちたってことになってたけど、
まぁそれはいいです。(  ̄3 ̄)

で、名刺いただきました。
獣医師から診察の現場で名刺いただいたのは初めてです。
なのに、名刺をどこにやったか・・見あたらん。( ̄∀ ̄||)
もとい。
診察台を挟んでのそんな挨拶もそこそこに、
再度キャリーからカリさんを出すことになったので、
低くした診察台に乗せたキャリーから嫌がるカリさんを引っ張り出したところ、

今度は、おしっこ攻撃カリさん。(TДT;)

かわいそうに、いい加減にしてくれ!ってな気持ちはわかるよ、カリ。
つて、おしっこの大半は、私と診察台にかかったんだけども。( ´△`)
診察台を拭いたり、私の洋服にかかったのを拭くためにとペーパータオルをもらって
拭いたりしてる間に、いつのまにやら専門ドクター、
対面にあった椅子を移動させ ↓
sinsatusitu_.jpg

上の図に示した位置に座り、(担当医・研修医は立っている)

ななななんとっ!

ドクターってば、

カリたん抱っこして、ナデナデ してるじゃないっすか!


ドクターの膝の上で、ドクターのおなかに背中をひっつけて、
いわゆるパンダ座り状態カリたんですよ。

最初は、ショックでシッポがめっちゃぶっとくなってたのだけど、
先生のマジシャンちっくな手つきによるナデナデで、
どんどんおとなしくなっていったのでありました。はー・・・

猫の落ち着きポイントを熟知してらっしゃるんですかねぇ、
カリに優しく話しかけながら、マジシャンちっくな手さばきで
頭から足先まで、ナデナデもみもみマッサージをしつつ、
腫瘍の場所を確認されていくのですよ。

抱きかかえた体勢でのナデナデもみもみチェックをひととおり終えると、
次に、診察台に仰向けに寝かせて、
先ほどチェックした腫瘍の場所を念入りに触り、
腫瘍の個数のチェックをしながら、前もって研修医が描き込んだカルテに
書き足して行きます。研修医、場所と個数を間違ってたようで、
マジシャンドクターに、指摘・指導されておりました。


ひととおりの触診を終えて、いよいよ、
マジシャンドクター(腫瘍部門の長ですよww)から説明を受ける段となり、
上の図の位置のまま、つまりドクターは、コーナーを挟んだ位置に座って、
おもむろに A4方眼紙PADを取り出し
そこに文字を書きながら、所見・治療に関しての説明を始めたんであります。


と。

ずびばぜん・・・
この先、いよいよ本題なんでありますが、
管理人の息切れはなはだしく、時間切れでもあり、とりあえず更新、
またもや、つづく・・ということで、お茶濁しプレイさせてくだちゃいな。( ̄∀ ̄||)

それと、今回の病院の名前も、ブログ上では伏せることにしました。
専門医・担当医・研修医以外の所属部署などは便宜的な仮称にしております。


前回のコメ亀レスは、これから書きますんで、よろしこん。( ´▽`)


himeojigi.gif 応援ありがとう。カリたん乳がん闘病のんびりがんばってます♪
  RB_nb_KRgyu.jpg  RB_n_KaR_kuri.jpg
関連記事
スポンサーサイト

21 Comments

うき  

カリさんもぱんとらさんも本当にお疲れ様です!!
その研修医、1回、しばいときましょか? 大事なカリさんに何するねん!!
マジシャンドクターはカリさんに優しくしてくださったのね。
カリさん、あちこちマッサージしてもらえて良かったね。

ところでパンダ座り。。。さすがマジシャンドクターっすな。
病院に連れて行くと、緊張して体を硬くしたりする子もいるから、
獣医さんでも腫瘍の場所が中々分からなかったりするけど、
パンダ座りだと、お腹側のほうが分かりやすくなるもんね。

2012/11/26 (Mon) 18:42 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

わー(@_@;)!カリたんがキャリーごと机から落ちた時はこちらも肝を冷やしましたよ~!研修医!大事なカリちゃんにちゃんと謝れーヽ(`ε´#)ノ
動物は“もの”じゃないのだから大切に大丈夫だったか確認してほしいですよね。。。しかも自分の愛猫だもの。ぱんとらさんが怒るのもめっさわかります!!
マジシャンドクター、すごいですよね(^^)パンダ座りで触診って、想像しただけでカリちゃん可愛い( ´艸`)
研修医が触診してしこりがあった場所、間違ってたのですね(^^;)
ちゃんとマジシャンドクターが発見してくれて良かった!当たり前か(^^ゞ
都会は色んな獣医師が揃っていて良いですよね~。
やはり私がいる地域(鹿児島県)より、都会の方が動物の医療も発達しているのかなあ~~。


2012/11/26 (Mon) 20:52 | EDIT | REPLY |   

iomoca  

ま~~~~災難は続きますね
でも何ですか?その研修医はヽ(`Д´)ノ
カリョたんをキャリーごと落としておいて
簡単に「大丈夫です」なんて!!!
ありえん(ーー゛)
ほんと何もなくてよかったですよ
ここで怪我でもしてたら・・・
しかも犬のせいなんて~~~有り得ない!!!

けどマジシャンのような専門医がいたなんて
すごいわ
パンダ座りのカリョちゃんを見てみたかったです
可愛かっただろうな(´∀`*)ウフフ

続き・・・・年内には更新してくださいね(笑)

2012/11/27 (Tue) 04:46 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

とても長い長い1日だったね。
ハプニングてんこもり~!
カリさんにしたら天中殺な日だったわね。

それにしても研修医、自分が引っ掛けて落としたって気づかなかったのか。
それに気づかなくても落ちたのなら、大丈夫か!って心配してちゃんと確認するのが
人ってもんでっせ。
疲れてたのかもしれないけど、お勉強の前に人間修行が必要だねー。

思い出して書くだけでも息切れしそうだけど
頑張って最後まで書いてね、ぱんとらさん。
気になるエンディング。

2012/11/27 (Tue) 07:45 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

http://yaraichou.blog111.fc2.com/

大丈夫か研修医ww
患者を落下させるなんてありえないですね。
医学を学ぶ前に所作を学ばないと。
で、専門ドクターはゴッドハンドですか?
猫さんのツボを熟知しているとか?
ここまではさすがと思わせるドクター。
もうアクシデントはないですよね?
と祈りつつ・・・

2012/11/27 (Tue) 11:37 | EDIT | REPLY |   

桃とらマン  

研修医だからダメとは言わないけど、この研修医さんは
いかがなものか・・・
全然大丈夫じゃありません!!!
もぉかりちゃん知らない場所に来た上に災難だったね。。。

専門医さんさすがですねぇ~。
緊張状態のかりちゃんをそこまで。
すごいな。
そして次はいよいよ説明。。。。
聞きたいような怖いような複雑な心境です。
それにしても本当に息切れする内容ですね。
ぱんとらさんもお疲れさまです。

2012/11/27 (Tue) 11:42 | EDIT | REPLY |   

タンタン  

金曜日はお会いできてうれしかったです~♪
あの日、この事を聞きたくってお尻むずむずだったんですけど、、、
聞かないで我慢しておいてよかったですよ~~~~。

カリちゃん大病なのに
元気でご飯食べて逃亡劇まで繰り広げているカリちゃんを見ていると
すっかり緊張感が緩んでいるタンタンですよ。(--;)

ぱんとらさんの巧みな話術にすっかりはまってますよ~。
本を出版したら必ず買いますよ! 一冊だけですけどぉ。
つづく、、、を待ってます♪


2012/11/27 (Tue) 17:16 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

うきさん
お気遣いありがとう。( ; ´∀`)
研修医、最初のやりとりの雰囲気では、
いい意味で力入ってる!がんばってる!って感じなのと、
いつもは下っ端でへーこらしてるのが、飼い主と1対1になって、
ちょっと偉そうにしたい・・・って雰囲気もあって。( ´艸`)
自分がひっかけたって意識がなかったんかもしれんね。
でも、あーいう時に性格が出るのも確かだけど。
パンダ座りさせてるのには、マジでびっくりした。
その場面想像してくださいよ、単純に意表ついてるでしょ。(笑)


おむおむさん
研修医、おそらく一瞬パニクったんだと思うよ。
あと、自分がひっかけたって意識もあまりなかったかもしれん。
そもそも、そんな場所に置かせたままにしてるのが不注意でもあるんだよな、
私、診察台に置くときに、大丈夫ですか?って聞いて置いたぐらいだから。
「大丈夫でしょう」にはさすがに腹立って怒ったけど、
基本的には、若者がんばれ、良い獣医になれってあたたかい気持ち(笑)で
見てたんだけどねー。研修医は決してイケメンではなかったけどさ。( ̄▽ ̄;)
動物病院の現状としては、特に東京には病院が密集しているらしく、
しかも二次診療の専門病院が充実してるようです。ただ、二次診療があるかわりに、
いわゆる町医者にはひどいのもけっこうあるって話もありで。
なんにせよ、獣医探しは難しい。

2012/11/27 (Tue) 17:18 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

iomocaさん
キャリーのズレたはめ込み部分から足先が出てるのみたときは、
ほんと心配しましたよ。ケガがなくて良かったわー。
マジシャンドクターはいってみれば権威でしょ、
研修医の立場からしたら、一緒の場にいるだけで緊張するだろうから、
落としたとは言えなかったのかも。あるいは本気で自分がひっかけた感が
ないのかもしれない。
パンダ座りのカリョ、びっくり顔なんだけど、おさまっていて
思わず写真撮りたかったけど、そーゆー雰囲気ではなかったんで我慢しました。( ´艸`)
次回は、今週中の予定。は未定。^^;

2012/11/28 (Wed) 17:46 | EDIT | REPLY |   

nico.  

研修医、まだ世慣れてないのかなー。
まずは、ワンコが吠えたとかなんとか色々あったとしても、
とにかく謝らないと!
カリさん、アンヨなんともなくて良かったです。まったく!

マジシャンテクのドクター、スゴイですね(@@;)
猫ちゃんをリラックスさせる、何かコツのような物が存在する
ということ?!それとも、経験値の多さの賜物なのかなあ?
医療については教えてもらっても何もできないけど^^;、
見知らぬ猫ちゃんとも仲良くなれるコツは、ぜひとも教えて
もらいたいですなあ。

診察までに色々ハプニングがあってカリさんもぱんとらさんも
クタクタになったと思いますが、お疲れさまでした。
次回は結果ですね。何かカリさんにとって有意義なアドバイス
が得られてたら良いなあ。。。

2012/11/28 (Wed) 18:12 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃんん  

ばんとらさんもカリちゃんも大変な一日でしたね。
お疲れさんどした。

研修医くん、カリちゃん落としてちゃんと診なアカンやん!
カリちゃんにもばんとらさんにも謝らなあかんわ!ブリブリ 私まで腹立つよ。
うって代わってドクターすごい!
やっぱり経験値が多いからかなぁ。
ほんまに凄いね。
カリちゃん、気持ち良かったかな?
カリちゃん、ガンバ!!!

東京の方は、猫専門の病院や腫瘍専門の病院や専門の病院があって良いですね。

2012/11/28 (Wed) 21:46 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  

今回もまたドキドキ............(T^T)
キャリーケースごと落ちて足が挟まってたとこで、もう気を失いそう〜〜〜!!

でも、そちらはなんともなくて(ほんまか〜〜!?)良かったです。

カリョちゃん、かくれんぼ好きなのかーーーー(ToT)
カリョちゃんの絵、使っていただけて嬉しい.............(T^T)

2012/11/29 (Thu) 00:28 | EDIT | REPLY |   

海月  

カリさん、キャリーごと落とされるなんて災難だったのね。
研修医って学生気分が抜けなくて気配りができんやつとかいるのかも。
パンダ座りは難易度高いです。アサヒを保護して爪切りのためにパンダ座りさせられるようになったんも、1年たってからだし...
ドクター、すごいなあ。
ともかくお疲れさまでした。
次は何事もありませんように。

2012/11/29 (Thu) 14:41 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

まろにゃんさん
実は、天誅殺!と書こうと思ってやめたんだけど、ほんとその通り。
んー、自分が引っかけたってことに気がつかなかった・・・ってことに
しておきたい気分ではあります。
ただ、引っかけてなくても、彼が部屋を出ようとした時に起こったことで、
犬が吠えたこととは関係ないんのは事実。ってもういいけど。(^-^;
人間修行、けっこう難しいもんなんですよ、新人って。これからだよな。
なので、大目に見てるところあるアタシ。(^艸^)


やらいちょうさん
はい、あり得ないんですけど、研修医なんで大目に見てやろうという
アタシにしては寛大な気分。(笑)最近の新人ってそつなく優秀なのに限って
こんな感じだったりするんですよね、これからの育て方なんだな。
マジシャンドクター、あっという間にカリを魔法にかけたわけで、
それ見せられただけで、とりあえず尊敬のまなざしになりますわね。(^艸^)
あとは、経験に裏打ちされた論理的な説明。納得でした。

2012/11/29 (Thu) 17:47 | EDIT | REPLY |   

まや*  

ぱんとらしゃま、こんばんは!
何だか読んでるだけで、内容てんこもりもりすぎな1日ですー><;
とにかくカリちゃんのはさまった足が無事でよかった (;-_-) =3
しかし、なんでいつのまに犬が吠えたのが理由にっ(  ̄□ ̄#)
ってひっかけたんに気付いてなかったんかなぁ;;;
にしても、ちゃんと見てくださいましーーっ!!!
んでも、マジシャンドクターすごい (」゚ロ゚)」
さすが経験がものをいうってやつなのでしょうか?!
ハプニング続きだったから、マジシャンドクターのゴットハンドで
カリちゃんもちょっとリラックスできてたらいいのだけど^^
お茶濁しプレイ、続きが気になってうずうずです〜
(ってこの記事UPするのけっこう大変だと思われますがっ!)
カリちゃん、引き続き毎日お祈り&応援してるからねー^0^
ずっと元気でおってくれんと困るんよー!
↓キャリーのドアのんは、うちの最初のキャリーのその部分が
何か外れやすいような気がしてて、それで気になりだしたんですよー^^;
そのキャリーは一時ア太朗の春夏の寝床になり、
ア太朗の新しいおうち(ウッドデッキのとこ)ができてからは使ってないのです^^;;

2012/11/29 (Thu) 18:13 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/29 (Thu) 18:31 | EDIT | REPLY |   

まかない  

えぇ”ここで終わり(笑)?

最初は
「たぶん大丈夫でしょう」
事件でどうなることかと思いましたが、なんだかよい先生っぽいかんじでしょうか。
そういうこと言うかな。人間ちゃんとあやまって欲しいですよね。

当のアメリカにいる動物の癌専門化とやらは、変な自負があるのか、みんなけっこう高飛車感がありますけど。
猫をなでなで、なんて先生(癌の専門家の)にそういえばいなかったです。
なんか研究したいの、治療したいの、しないならもういい、そんな感じ。

猫を実際になでなでするような先生、私は好きです。
猫にさわりもしないで、何が分かるんでしょう。いくら超音波やレントゲンを見ても。
でも癌の専門家にそんな人いなかった。

続きとても楽しみです。

2012/12/01 (Sat) 07:34 | EDIT | REPLY |   

ポンパパ  

研修医とドクターマジシャンの経験値の差が歴然^^;
獣医でもほんとに犬猫すきなひととそうでないひととの違いは
診察にも表れますね^^

がんばれー研修医^^

(ボクのほうがおまえもなーって言われそうだけど。。(笑))

しかしかりたんビックりしたね^^;
きっと次はしっかりと診察してもらえたんでしょうか。

かりたん頑張ってね^^

2012/12/01 (Sat) 22:54 | EDIT | REPLY |   

こだま  

大脱走なうえにキャリーごと転落だなんて、
ホントカリたんにとってもぱんとらさんにとっても
長い長~い1日だったのですね。。
でも猫の扱い方に慣れてる先生っていいですよね。
それだけでポイント高いって思ってしまいます。
続きの展開がドキドキです。

2012/12/02 (Sun) 21:22 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

桃とらマンさん
いつもありがとう。
まぁ説明内容は、最新記事にある通りで。
しょうがないね、転移が早すぎたからなぁ、カリのがんは。
あきらめずにここまできて、やっと納得って感じ。(^-^;)


タンタンさん
そうなんですよね、大脱走の時、既に腹水溜まってたってのに、
よく走ったなぁ、と感心しますわ。
まぁ走ったこと、あとで後悔してたかもしれないけどね。(^艸^)
先日は、あまりお話できずに残念でしたよ。
あれだけの人数でみんなと満遍なく会話するには、何時間必要なんだろね〜。(^-^;)


nico.さん
マジシャンドクターすごいでしょ!
ふと見たらカリを抱いてナデナデしていた・・・って図、
想像してみてくださいな、けっこうシュールでしょう。( ̄▽ ̄;)
やはり眉間のナデナデはやってたわね。
気持ちよくさせるツボ、鉄則みたいね。


茶々にゃんさん
マジシャンドクター、よく考えてみたら、
もしかしたらあの時のカリ、フリーズ状態だっただけかも。(笑)
でも、そうやって獣医になでなでされながら
身体の状態を見てもらえてる様子を眺めるのって、悪くないです。
あれは、飼い主に対して、リラックスして安心してくださいという
メッセージであり、メンタルケアだったりもするのかも。
ま、カリスマドクターは、最初の1回だけだけどね、診てくれたのは。^^;


とろろ姉さん
カリョたん、かくれんぼ好きみたいで、困っとるんよ。
今朝も、私の気持ちの中で、うっすら病院連れていこうかな・・・って
考えただけでそれを察知、家の中でのかくれんぼ開始されちゃって、
病院連れてくのはやめたけど、出てきて貰うのに、あれやこれや
時間もかかって、会社遅刻よ。ったく。
つーか、会社遅刻上等!ってもんよ。( ̄∀ ̄||)


海月さん
あやうくブログ6周年イベント、体重当てクイズに応募し損ないそうでしたが、
なんかバタバタしちゃってシャレっ気もなんもなく、応募したずら。(^-^;)
あー、39.39とか46.49とかにすりゃよかった。
つて、46.49じゃ重すぎるわ。( ̄∀ ̄||)
パンダ座り、うちではビブがなんとかやらせてくれるかな、
それでも短時間、確かに難易度高いですねぇ。さすがマジシャンドクターww

2012/12/03 (Mon) 13:19 | EDIT | REPLY |   

ぱんとら  

まや*さん
毎日のお祈りと応援、本当にありがとう。
おかげで、脱走してもすぐに捕獲できたし、
足挟まってもケガなかったし・・・(笑)
キャリー、ア太くんの春秋の寝床になってたんですかー。(^艸^)
うちは、あのキャリー、今回の病気になってからずっと使ってこれまできてるんで、
逆に他のキャリーに変えづらくなってんですよ。
でも、もう少し軽いキャリーにしないとなぁ・・


鍵コメさん
医者は顔じゃないからねー。(笑)
顔なんかついてりゃいいわけで(爆)、知識と腕と心、だよなー。
あー、難しい。^^;


まかないさん
しないならもういい、って、まるで鬼院長だわ。(笑)
抗がん剤はやりたくないと言ったら、じゃぁ何しに来た!だもんなぁ。
なんだかすんごい昔のことに思えるけど、あれって8月末。
あれからもう3カ月なんだ。。 カリがんばってるなぁ。
マジシャンドクターは、アメリカでの修行がいい意味にプラスになってんだろね。
ノースカロライナ州立大学獣医学部腫瘍科で修士とったみたい。


ポンパパさん
そうそう、犬猫好きじゃないというか、怖がる獣医さんっていますよね、
どーゆーこと?とビックリするけれど。
金儲けできると思って獣医になってんだろか。
はい、カリはしっかり診察してもらいました。
診察結果もわかりやすくしっかり説明してもらいましたよ。
がんばれ声援ありがとうございます、では私も、

がんばれー、ポンパパ税理士!なんちて。(^艸^)


こだまさん
猫の扱いに慣れてない先生もたくさんいるってことですよね。
あの鬼院長も、慣れてたなぁ。優しく扱うという意味ではないけど、躊躇がなかったな。
注射1本の打ち方でも、わかりますよね、慣れてないって感じは。
でも、カリたん、病院通いはまったく慣れてくれませんわ。(^-^;)

2012/12/03 (Mon) 15:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment