王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

23
Sat
2013

3月2日その後と3月3日のこと


東京は、桜満開ですよー。

130322-0.jpg
つて、iPhoneで逆光のところテキトーに撮ったしだれ桜、これは六分咲きってところ。


「カリ最期のとき」のコメントに、管理人への労いと励ましの言葉とともに
ご自身の愛する猫や犬やうさぎたちの最期のこともお知らせくださりありがとうございました。
お辛い記憶を呼び起こさせてしまったようで申し訳なく思うと同時に、
みんなこれだけ愛されて最後までしっかり生きたんだなとあらためて感慨深くて。
そう、「死」ではなく、「生ききった最後」なんですよね。

そして、いただいた中では、文字通り眠るように旅立った子は思いの外少なく
多くの子たちがカリと同様の最期を迎えられてたことも知れて、
カリが特別大変だったんじゃない、これは安らかに旅立ったってこと・・・ということを
改めて確認できて、正直ほっとしました。
そうそう、病気だろうと事故であろうと老衰であろうと、
猫の9割以上が目を見開いて逝くそうです。
もし最期の瞬間に立ち会えず、帰宅して目を見開いて旅立った姿をみたとしても、
決して苦しんで逝ったんじゃない、ということです。


て。カリが最期を迎えたそのあと、
ビブロッキングの3にゃんずは一体どういう様子だったか・・・
記録しておこうと思います。

管理人が、最後の力を振り絞るカリに一生懸命に声をかけていた時、
ビブがその部屋の扉の外で、一緒に 絶叫していたことは書きました。( ´艸`)
そんなビブの絶叫も、カリが断続的な呼吸となってからは聞こえなくなっていました。

カリの最期を確認してしばらくぼんやり... そう呆然ではなく脱力というかぼ〜・・・っとした後、
カリの身体の隅々までゆっくりと慈しみながら隅々まできれいに拭きました。
脇にあった皮下腫瘤はものすごく大きくなっていたけれど、結局自壊しなかったんですよね。
Dr.マジシャンが最初に言っていた通り、猫の皮下腫瘍はそう簡単には自壊しない
舐めるから自壊が促進される・・・ ということのようです。

きれいに拭いた身体の後方寄りのお腹のところに、
後ろ足で挟むカタチで保冷剤を置きました。あとお尻寄りの背中にも。
ついさっきまで、内臓は温めた方が良いということで、
湯たんぽを置いていたところに、今度は保冷剤です。(^-^;)
内臓にあてる保冷剤は、早めに置いた方がよいそうです。
そのあと保冷剤を置いていても、かなり長い間横腹のあたり温かかったんですよね・・・

これら一連の作業は、カリが亡くなった場所、引き出し寝床で行ったわけですが、
その間、誰にゃんひとり、そばはもちろんのこと、部屋にも寄りつきませんでした。

一通り弔いのカタチに整えた後、荼毘に付す段取りをとるべくリビングに戻ると、
ビブがリビングのタワーの一番高い所にいて、静かに外を見ていました。

ロックと金四郎は?とあたりを探すと、金四郎はトイレ部屋の上のベッドにいましたが、
ロックンは見あたらない。

びびりん坊ロックン、明らかに異常を察知して・・・
もしかしたら、管理人がカリにひどいことをしていると思い込んで逃げて隠れたのかもと失笑、
いつもよく隠れる場所を探してみたけれど、やっぱり見あたらない。

まぁ家から出た訳じゃないので、そのままにして、
いわゆるペットの火葬を行う施設に連絡すべくサイトを検索。
実は、今年に入ってから、そういった施設についても事前にチェックして
あたりをつけていたので、時間はかからず、翌日日曜日に予約を入れました。

そうこうしている間に、ロックンを探し続けていた母、ついにロックン発見。

ったく、どんだけ臆病なんだか・・・( ´▽`)

130321-0.jpg

ここは、リビングの隣室の隅に置いてある低いタワーの足もと。
以前、トイレでがんばるカリの顔をロックンがペロペロしていた、

130322-daen.jpg

この↑写真の奥に見えるミニタワーの足もとです。
写真写すのにカーテンの裾をめくってこの様子なのだけど、
見つけた時はカーテンの下の方がふっくら膨らんでいるのに母が気づいて。
写真写したあとそのまま無視してあげたら、しばらく"隠れてるつもり"だったみたい。( ´艸`)

夕方には、カリの訃報を知らせていた妹が、落語終了後に駆けつけて、
まさかこんなにすぐに逝くとは・・・と驚きながら、カリに対面。
その後、妹と一緒に棺(といっても段ボールですが)に入れるお花を買いに行きました。
泣きはらしたボロボロの顔だったけど、こういう時ってそんなこと全然気にならないものなのよね。

カリの顔の周りをガーベラ(花言葉は希望・辛抱強さ・崇高美・・・)で飾りたかったので、
近所のその日ガーベラを置いていた花屋さんでガーベラと、スイートピーやフリージア、
アネモネなど春らしい明るいお花をたくさん買いました。

そうそう、カリの棺代わりの箱は、ちょうど半年前になる8月、
たまたまディノスで買った大型のステンレス食器洗いカゴが入っていた箱を見たときに、
これサイズ的に縦横高さピッタリかも・・・と、この時期に不吉かなと思いつつも
抗がん剤を始めたのに転移がみつかって最終回の抗がん剤もやめたあと、
既に覚悟もしていたので、とっておいた段ボール箱。
実際、その後、我が家に届くどのダンボール箱よりもあつらえたようにピッタリの箱でした。

カリの亡骸は、最初は管理人部屋の引き出し寝床にタオルをかけて安置し、
その後棺箱にいれてリビングに連れてきたり、元の引き出し寝床に置いたりしたのですが、
結局、誰にゃんも元の引き出し寝床の中や箱の中を覗きに来ませんでした。
新しいモノコトに興味津々であるはずの猫さんが覗きに来ないって、やはり不自然・・・
避けてるようにしか思えませんでした。

ただ、ごはんは、3にゃんずとも、ちゃんと食べていました。
キッチンに寄ってくる感じは、所在なくうろうろしながらだったけれど、
とりあえず、食べてくれたのにはホッとして。

ころが。そんな興味なさ気なにゃんずでしたが、
夜、寝る段になって、管理人が管理人部屋のベッドで寝るべくカリの棺箱を携えて部屋に入ると、
なんとか落ち着きを取り戻したロックン、あとをついてきました。

カリの棺箱を引き出し寝床に置いて、隣接するベッドのそちらを頭に管理人がベッドに入ると、
ロックンはいつも通りに、引き出し寝床を見下ろせる高台のベッドに入りました。
これは↓イメージ画像ですが、いつものこの場所から、

130322-3.jpg

亡骸となったカリを見ていたのかもしれません。

管理人、眠ろうにもさすがになかなか眠れず、ベッドの端に座り棺箱の中に眠るカリを撫でながら
いろんなことを話しかけました、出会った頃のことから最期までがんばったことへの労いまで・・・
話しかけてるうちに、当然のことながら涙が溢れて声を出して泣いてしまい・・・

ると、高台からロックンが
階段上になってる棚をトントンと順に降りてくる音が。
あえて降りてくるロックンの方を見ないようにして、そのままカリを撫でていると、

ロックン、ベッド の私の にやってきて、香箱のような格好で り、
大きな瞳で、管理人 をじっと 見つめるんです。(T 个 T)

イメージ画像ですが、↓こんな感じでベッドの上の隣にいて・・・

130322-4.jpg

もっとかわいかったけどね。( ´艸`)
で、そんなロックンのあまりの健気な愛らしさに管理人さらに号泣、
ぎゅっと抱きしめたかったけれど、そうすると逃げるとわかってたので、
今度はロックンを優しく撫でて・・・

するとロックン、しばらくして、するっとベッドから降りました。
あ、いよいよさっきまで管理人が撫でていた棺箱のカリの顔を覗くのかな・・・
と思ったら、

なんと!引き出しタンス前を 素通り して、
カリが亡くなる前日にも少しの間いた ERECTAシェルフに足を掛けて、奥を覗き、
一応シェルフの中に入った・・・かと思ったらすぐに出てきて、そのまま部屋を後にして。

シェルフ奥にカリがいないか探したんだろうか・・・
つまり、棺箱の中の亡骸はカリじゃないと思ってるってことなのか?
ロックの行動の真意がわからなのが残念でなりません。ロックンしゃべってくれよー。( ̄∀ ̄)

結局ロックン、リビングの方でしばらくいた後に、再び管理人部屋に戻って来て高台にあがり、
管理人とカリの亡骸と共に、同じ部屋で朝を迎えたのでした。

その間、金四郎もビブも一度も管理人部屋の方には姿を見せず・・・


うーむ、垂れ流して的にとりとめなくダラダラ綴ってたら収拾つかなくなってきたわ。( ̄∀ ̄||)
翌3月3日のことは、次回に続くってことで、よろしくです。


今日は朝から夜まで出っぱなし。飲みっぱなしとも言う。( ´艸`)
気持ちよく桜が愛でられたらいいなー。

みなさんも、春を楽しんで良い週末を。( ´▽`)


himeojigi.gif RB_nb_KRgyu.jpg  RB_n_KaR_kuri.jpg

関連記事
スポンサーサイト

22 Comments

やらいちょう  

猫さんって凄く繊細で思慮深くて
また霊感の強い生き物ですよね。
みんにゃ、カリさんの状況を理解していたでしょうし、
虹の橋に向かったカリさんの姿も見ていたんじゃないでしょうか?
東京は今週末が見頃のようですね。
無数の桜の中にカリさんの分身を見つけることが出来るかも?
今日は思い切り飲んでくださいなww

2013/03/23 (Sat) 08:31 | EDIT | REPLY |   

海月  

段ボール...不吉でも用意しておいてよかったかもしれませんね。
サイズが合うのってなかなかみつからないし。
海月の猫友さんちの子が去年がんで亡くなって、葬儀が済んだら同居猫全員に黒い喪章首輪を作ったそうです。
「亡くなったらすることを決めておくと気が楽」とおっしゃってました。

んで、なきがらに誰も近寄らず...って、たしかに不思議ですね。
うちはフェレットやうさぎが亡くなると、かわるがわる様子を見に来たり、棺桶用の段ボールに入ってみたり^^;でした。

ロックん、さすがこまやかな気くばり。
お花見で少しでも哀しみが小さくなりますように。

2013/03/23 (Sat) 11:19 | EDIT | REPLY |   

まかない  

最期と他の猫の件なのですが、私もフシギというか、ふに落ちないことがありました。
ビリちゃんが逝ってしまって、スモちゃんは全然そばにいなかったので、
後でどこにいるのか探してもかわいそうだなぁってスモちゃんをビリちゃんの亡骸の
側につれてきたら、モーレツな顔して逃げて行きました。
よく考えたら、ビリは苦しんで悲鳴のような泣き声をあげながら逝ったので、スモちゃんに
聞こえてなかった訳もないので、知ってたはずですね。
ビリちゃんが亡くなったことを認めたくなかったのか、動かなくなったビリちゃんを
見たくなかったのか、動物ってそういうものなのか、今でも分かりません。
モンちゃんもそうでした。
スモちゃんの亡骸の側を通った時は駆け足です。
ロック王子の場合はどうだったんでしょうね。
「あぁ、カリたんここにおったのにな」って感じなんでしょうかね。
カリちゃん大好きでしたもんね。

桜の季節ですね。
桜ってとてもキレイですよね。でもはかなくもあるんですよね。
そういうのが日本人はすきなのかなぁ。

2013/03/23 (Sat) 12:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/03/23 (Sat) 18:48 | EDIT | REPLY |   

iomoca  

多分みんにゃ知っていたと思う・・
ビブちゃんと金ちゃんは勘がよくて~
ロックンは勘が鈍い??
じゃなくて~~ロックンはカリたんといたかったのかも?
ほんと話が出来たら良いのにね

ダメだ~~また泣けてきた・゜・(ノД`)・゜・

今日は青山で飲み会っすか???
思いっきり飲んできてくださいね
またいつiomocaとも飲んでやってくださいまし

2013/03/23 (Sat) 20:45 | EDIT | REPLY |   

ぽん母  

ぱんとらさん、ゆっくり桜が見れて何よりです
酒も美味しいかな!?
かりょちゃんは何から何まで計算してくれてたみたいだね~^^
ねこさん達にはきっと魂の抜け出た体はもうカリちゃんじゃないんじゃないのかな
みんにゃ魂になったかりょちゃんと話してるんでないの?
ってみんな私の勝手な妄想だけどね^^;

2013/03/23 (Sat) 21:15 | EDIT | REPLY |   

shimeji  

そうですか… カリたんの亡骸にはみんなあまり近づかなかったのですね~
我が家のくろたんが亡くなった時は、お花でいっぱいの棺を
ほかの仔達が入れ替わり立ち代わり覗きに来ていました。

あ、でももしかしたらくろたんは病院で亡くなってから家に戻って来たので
亡くなる瞬間を他の仔は知らなかったからなのかな…

カリたんと最後の夜を過ごしながら悲しむぱんとらさんの近くで
そっと見つめながら寄り添うロックん、なんていじらしいのでしょうね~ (T-T)

美しい桜の花を眺めて、楽しいお酒を飲んで、少しでもぱんとらさんの心が癒されます様に^^

2013/03/23 (Sat) 23:03 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

そうでしたか…。カリちゃんが亡くなった時、ビブっちも金ちゃんも立ち寄らなかったのですね。
ロックン…なんて愛おしい(T_T)ぱんとらさんに寄り添って…きっとぱんとらさんを心配していたのでしょうね。
棺箱のお話、私も似たようなお話を聞いたことがあります。
職場の人の話ですが、21年生涯をまっとうした猫さんがいて、その猫さんは老衰で亡くなったのですが、亡くなる前、いつもはダンボールは折りたたんで処分するのを、なぜかある日、そのひとつ分だけ置いとこうと思っていたのが、結局、その猫さんの棺箱になったようです。サイズも大きさも、ぴったりだったようです。
その職場の人は『◯◯ちゃん(その猫ちゃんのお名前)が棺箱を選んだのだろうなぁ…。』と、おっしゃっていました。
不吉な予感だけど…猫さんから自らその棺箱を選ぶというのは、何かあるのでしょうね。
カリさんは最後まで、飼い主想いの、親孝行な猫さんだったと思います。


東京も桜が満開ですか。
鹿児島もきれいですよ~!
お花見いけずじまいでしたが、お花見と関係なく、私も今日(もう昨日だ!)飲み会でした。
桜、今外で雨が降っているから、散らないといいなあ~(ノД`)

2013/03/24 (Sun) 00:39 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/03/24 (Sun) 18:06 | EDIT | REPLY |   

kitcat  

カリたん…

◯ (同じくiphone なのに、何できれいに撮れないのだろー??)
 さて、カリたんが亡くなって、他のニャンズたちは、匂いとか雰囲気で「違うもの」って認識するのかもしれませんね。他のうちでも煮たようなことを聞きました。
 でもロックん、優しくて癒されますね… ぅんぅんいぃ子です!
 でも、本当にお別れとなると、これまた辛さがもう一回きちゃって、かなりショックだったと思います。
 人間って弱いもので、そんなにすぐに死を受け入れることなんてことはできませんね。
 1年くらい引きづりそうです…。  うちは…          <ののちゃんより>

2013/03/24 (Sun) 22:18 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

やらいちょうさん
なるほどー、虹の橋に向かった姿を猫たちは目撃した・・・ かもしれませんね。
おそらく、猫に限らず「死」の概念をもたない動物は、
亡骸になった動物は、動物という種類に属さないモノになってしまってるのかもしれませんね。
ニオイが別物になってしまってるのかも。
本能の鈍くなった人間にはわからんことです。
青山墓地の桜を少し愛でたんですが、そこにカリの分身みつけるより
他の分身が出てきそうで、早々に切り上げましたわ。(笑)

2013/03/25 (Mon) 13:55 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

海月さん
いやーほんと、段ボールは用意していてほんとによかったです。
頻繁に段ボール箱って届くんだけど意外とないんですよね、しっくりくる箱って。
同居猫全員に黒い喪章首輪・・・ すごいなぁ( ´▽`) 弔うのに最低限必要なモノにしか
頭が回りませんでしたよ。余計なことはしたくないって気分だったかも。

なるほどー、もしかしたら種が違うと平気なのかもしれん。
というのも多頭飼育してる人に聞くと近づかなかったって回答多いですよ。
子猫を同時に保護してその中の1匹が死にそうになり、
その子は兄弟のそばに寄ろうとするのに、元気な兄弟たちは皆避けたって話も。
野性の本能なんだろうけど、弱ってる=病気かも=伝染りたくないってことなのかな。
お花見は人出多くて早々に切り上げ、桜の見えないところで飲んだくれてました。(笑)

2013/03/25 (Mon) 14:08 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

まかないさん
スモちゃんのモーレツな顔って・・・ どんなんだったんだろう。( ´艸`)
ネットでいろいろ調べたら、やっぱり亡骸には近づかないのがほとんど、
死にかけの時にも近づかないどころか、威嚇したりする子もいるんだと。
やっぱり野性の本能なのかもよ、弱い生命力が伝染ったら困る....みたいな。
「死」の概念はないから、生きてないと「別物」と捕らえちゃうのかもしれないね。
なにかしら嗅覚・聴覚に訴えるものとかあるのかも。
ロックンは駆け足じゃなかったけど、そこには何もないかのごとくの
逆に不自然なほどに無視してましたねー。あんなに慕ってたのになぁとフシギだったし、
同じくあんなに慕ってた金四郎は寄りつきもしなかったからなぁ。

桜。はかないという印象を日本人が強く持つようになったのは、
やっぱり「同期の桜」のせいじゃないかね。ぱっと散って潔いなんてさ。
私は、誕生日の頃が関西ではちょうど満開の時期にあたるんで、
桜が一番好きな花だったけど、年とともに、梅の良さもわかってきましたわ。
まぁ春はお花のシーズンで、花粉症無関係な人間には良い季節です。^^

2013/03/25 (Mon) 16:26 | EDIT | REPLY |   

nico.  

動物って、本能で「死」という物を知ってる
気がします。
亡骸に対する敬意で、逆に興味本位で近寄って来たりは
しないのかも。
ロックンは猫とゆーより人間に近いっぽいから^^
人間のように「最期のお別れ」を惜しみたかったのかも
しれません。

こちらはまだ桜、咲きません〜〜〜。

2013/03/25 (Mon) 17:33 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  

色々と胸にグッと迫ります。。。

ほんとに、猫もしゃべってくれたらいいのに!!と思いますが、しゃべってくれないことで、これまた人間がさらに考え、迷い、成長する手助けをしてくれているのかも。


そうだそうだ、ぱんとらさんにお伝えしようと思ってたことが。
先日うちの妹と会い、カリちゃんの話をして、りょくちゃんの思い出話にもなったのですが、妹は『〜してあげた良かった』って思うこともいっぱいあるけど、きっと、りょくちゃんがしゃべれたら、『そんなにしてくれなくてもいいのよ〜』って言ったと思う、って言ってました。

猫は色々とわかってるんだと思う。。。

2013/03/25 (Mon) 23:37 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

鍵コメさん
まりちゃんが虹の橋に渡ったのは、春でしたっけ・・
カリの場合は、去年の真冬の2月5日から闘病開始で、
次の冬シーズンを乗り切って虹の橋に渡ったから、
看取ったあとに、寒い冬を迎えるのよりは、
暖かく花咲きほこる春でよかったな・・ってのが正直な気持ちかも。^^
そうですね、新しい出発の季節・・そうとらえたいと思います。
いつか、飲もう飲もう!(笑)

iomocaさん
そうね、みんにゃわかってたと思うよ。
で、こんなのんびりした家猫たちだけど、やっぱり野性の部分は残ってて、
それで亡骸は亡骸でしかなく、無視したんじゃないかなと。
青山で飲んだけれど、ギャラリーにうかがう昼前から飲んでて(笑)
ギャラリーに酒臭いニオイでまさに「おじゃま」してしまいましたよ。( ̄∀ ̄||)
その後大阪からやってきていた古くからの友人と中野で
午前様で飲んでおりました。花見は、青山墓地をちらり・・・って程度でした。(^▽^;)
おぉ!また、飲もう飲もう!!

2013/03/26 (Tue) 14:58 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

ぽん母さん
そうそう、私もそう思いました、猫たちには魂の抜けたカラダは
もうカリとは違うただの亡骸でしかなかった、と。
で、それもそう思うよ、魂となったカリとコミュニケーションとる子は
とってんだろうなと。動物には、そういう感覚がまだ備わってるだろうから。
つて、家猫長いあいだやってると、そういう勘もさびるんだろうね。^^;
酒はおいしかったわー。(笑) 今年に入ってからは、外でしこたま飲むことがなかったから、
久しぶりに飲んだわー。機会があったら飲みましょう!

shimejiさん
えーーーっ!!! 入れ替わり立ち替わり見に来たんですか??
うーむ、初めて聞く情報です。私の知り合いたちから聞く情報は、
どれも、他の猫は亡骸を避けたってもの。亡骸どころか、死期が近づいてきたら
仲良かった子でも寄りつかなくなったって話もありましたよ。
こうなってくると、くろたんの人徳ならぬ猫徳の賜か・・・って気もしてきますね。( ´艸`)
カリは、近づいたら化けて出て来られるかも〜と恐れられたか?(^▽^;)
お酒も癒されますが、shimejiさんのところでクレマチスを見ていて
私も今年はベランダガーデニング再開しようかなって気にもなってきて。
4月になってから考えよ!って来週じゃん。(^-^;)

2013/03/26 (Tue) 15:11 | EDIT | REPLY |   

shimeji  

参考までに…

くろたんが亡くなった時の旧ブログの記事です…

http://shimeji.typepad.jp/weblog/2011/08/%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%9F%E3%82%93%E5%AE%89%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AB.html

みんたんと小雪が棺の傍にいる写真をupしています。

ベランダガーデニング、ぜひ再開しましょう♪

2013/03/26 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/03/27 (Wed) 13:40 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

おむおむさん
新しい記事にも既にコメントくださってて、ありがとうございます。
職場の方の段ボールにまつわるお話、それも偶然っちゃ偶然だったり、
アタマん中で都合良く合理化してるっちゃそうかもなんだけど、
でも、あるんですよねぇ、そういうのあると思う方が人生楽しいけどな、
霊感商法は別ですが。( ̄∀ ̄||)
桜。鹿児島と東京の満開時期って同じなんですかね。
桜前線って東西南北あまり関係ないのが面白いですよね。^^

鍵コメさん
BGM、やっぱり嵐でしたかぁ。嵐ファンが、誰もが知ってる代表曲がないのが、
SMAPには追いつけてないところ、とか言ってたな。
ファン心理としては、SMAP抜いた実績欲しいんかねぇ・・
飲もう飲もう。ってオフ会苦手なワタシですけどね。(^-^;)

kitcatさん&ののちゃん
猫は「死」の概念はもってないけど、生と死は当たり前に見分けてて、
カリの亡骸でもカリでないと認識してるってことですかねぇ。
ってことは、個体をどこで識別してかってのは、魂ってことになるなぁ・・・
人間21グラム。猫は何グラムなんだろう。
もしカリ1猫しか飼ってなかったら、今の状況どんなだっただろう・・・と
ぼんやり考える事あります、耐えられるかなぁとか。
カリは唯一無二の猫には違いないけれど、生活上他に3にゃんいると、
ペットロスにはなれないなぁとも。(^-^;)
それより、あと3猫看取るんだなぁ・・・というずしんとくる感情は持ったかなぁ。

2013/03/30 (Sat) 07:16 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

nico.さん
そうですね、「死」の概念は持ってないから、
辛いから苦しいからといって「死にたい」とはならないだろうけれど、
生と死の区別はきっちりついてる感じですよね。
亡骸への敬意かぁ・・ ロックンとキン坊みていたら、
そんな崇高な雰囲気ないんですよねー。(笑)
大好きだったカリがいなくなったのはわかってるはずだから、
頭ん中、どう整理してるんだろうなぁ・・( ´艸`)

とろろ姉さん
それありますね『そんなにしてくれなくてもいいのよ〜』って言ってたってこと。
とろろ姉さんが「気にすることないから・・・と猫も思ってくれているよ」ということを
伝えてくれてるのはよくわかってて、嬉しいんだけど、それとは別に、
猫は分かってるだけに「そこまでしないでよー」的な猫にとって過剰なこともあったかなぁという
反省もあったりさー。まぁ、いろいろ考えて思いを馳せることも供養かねー。( ´▽`)

2013/03/30 (Sat) 07:28 | EDIT | REPLY |   

★コメントありがとう  

管理人です。

shimejiさん
いやー・・ くろたんすんごくきれい。ほんと眠ってるみたいですねぇ・・
みんたんは、くろたんが無事虹の橋に行き着けるか心配そうにみてるようにもみえる。
小雪ちゃんは、カメラ目線って・・( ´艸`)
うちではビブがみんたん的行動をとったけど、ロックンも金四郎も
結局まったく寄りつかなかったです。カリのこと大好きだったふたりだからこそ、
カリが逝く時に、猫同士にしか感じられない何かを感じ取って、
それで亡骸はカリではないと認識したのか、みたくなかったのか。
フシギです。

鍵コメさん
ありがとう。飲もう飲もう飲もう!!
そうそう0655の歌、ワタシもいろんな時に口ずさんだな、あの歌詞のところ。
ワタシ〜ねこだけどー、こいつの気持ちーなぜかよくわかる〜〜♪
・・だったと思います、カリたん。
北上すればもう1回花見かぁ、そそられるなぁ。( ´▽`)

2013/03/30 (Sat) 08:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment