王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

29
Fri
2013

そして3月3日のこと


あー、またもや間が空いちゃいましたが、前回の続きです。
カリが虹の橋に旅立った翌日3月3日、荼毘に付した日のことも記録しておこうと。
今回も長文ですが、よろしければおつき合いください。


火葬場を予約したのは、前日の夕方でした。
前回の記事にも書いたように、カリの最期を覚悟し始めた頃から、
火葬場の情報も集めていて、あたりはつけていました。
条件としては、
・立ち会い仮葬であること
・専用車で火葬する移動式はNG
・シンプルに火葬のみ、セレモニーは必要なし
・できれば近隣区内で


この4つの条件を満たす場所を探したところ、幸い住まい隣の区に、
人間の斎場の敷地内に併設されたペット専用の火葬場というところがあったので、
そこで、翌3月3日午後2時ー3時の予約をとりました。


して、3月3日当日。
斎場内の最後のお別れをする部屋のスペースに、遺影を飾れるということを聞いていたので、
朝から、PCに取り込んである写真をプリントアウトしようとMacを起動したところ、
昨夜「虹の橋へ」の記事をアップした時にはちゃんと動いていたMacちゃん、
ちょっと動作をするたびに、レインボーカーソルがいつもより長く回るようになっていて、
こりゃ写真を選んで、プリントアウトするのにどんだけ時間かかるんだろう・・・
てか、ちゃんとプリントアウトできるんだろうか・・・ と不安になりかけていた
ちょうどその時!


ピンポーーン♪


日曜日の朝に、一体だれ? とインターホンに出ると、

kuroneko.jpg

が、荷物を届けにやってきた。

今日届くような荷物など、私も母も注文してないのに誰からだろう・・・と受け取ると、
送り主は、広島住所まかないさん

え? まかないさんのご実家は確かに広島だけど、今アメリカのはず。どーゆーこと??
と訝りつつ、そのA4サイズ少し大きめ厚さ2〜3cmほどのパッケージを開けると・・・


130326-1.jpg


えええええーーっ?? カリ・・・! (感涙) でも・・・なななんで??

カリの絵の登場にめちゃくちゃ感動しながらも、
一体何がなんやらどうなってんだか頭は混乱するばかり。
絵を見てすぐに、Amane Art Studioの雨音さんが描かれた鉛筆肖像画だとわかったので、
落ち着きを取り戻しつつ、おそらくまかないさんが雨音さんに
カリの絵を依頼してくれて描いてくださったんだろう・・・ と推察。

それにしても、このタイミング。
持っていく写真のプリントアウトができるだろうか・・・と不安になっていたところに
まさに「これ、持ってって!」とばかりにカリがやってきた。
しかも。
偶然っちゃ偶然にすぎないんだけど、意味を感じる部分もあるんです、
何かって、広島 住所からやってきたということにも。

私の親友であるカリの保護主は保護した時は東京在住でしたが、広島出身、
カリを保護したあと少なくとも1回は、カリを連れて実家の広島に帰省したこともあり、
何より、カリが我が家の子になる前に1年超暮らした里親さん宅は、広島で。
つまり、カリ広島に住んだことのある広島縁のある子なんです。
だから、このタイミングで、実際は広島から送られてきたんじゃないのに、
広島の住所から、そっくりなカリの肖像画が到着というのに、
なんというか カリの魂 みたいなものを感じずにはいられなかったんですよね。

らに、というか は・・というか。
以前、このカリの絵には物語がある・・・ということを書いたと思いますが、
そのことについて、簡単に書いておこうと思います。

絵を描いてくださった雨音さんが体験された話です。
まかないさんが「急ぎ」でカリの絵の依頼を雨音さんにしてくださった頃、
雨音さんはちょうど他の納期付きの絵を手がけられていた時と重なり、
また、急ぎでお願いしてくれたとはいえ、そうすぐにカリが逝くとは
まかないさんも雨音さんも思ってらっしゃらなかったんでしょう、
ちょうど雨音さんも体調を崩されていたこともあって、特に慌てるということもなく、
3月1日、前日の徹夜明けで睡眠をとってなかったので一旦睡眠をとった後に
カリの絵を本格的に仕上げようと考えて、眠りにつかれたんだそうです。

ころが、
眠りについて3時間ほど経った頃、カリにおこされたんだそうです。( ´▽`)
雨音さん、こういう体験は、初めてではないとのこと。ただ、まだ生きてる子が
やってきたのは初めてのことだったようですが..... ( ̄艸 ̄;)
で、喩えるのは難しいとのことなんですが( だろうなぁ・・・)、
カリそのまんまが目の前に現れたというのではなく、
ぼやけた形で、だけれども意思は強く、はっきりとカリだとわかる感覚で現れて、
「早く描いて」と言われてるようだった、んだそう。( ´艸`)

早く描いて! ・・・って上から目線な感じ、まちがいなくカリ太后様ですね。(笑)

絵が仕上がったのが、カリが亡くなる2日に日付が替わる直前の3月1日夜。
発送も、額縁が届く関係上、元々はゆうぱっくだったのが、
額縁屋さんも素早い対応をしてくださったので、急遽猫にぴったりのクロネコに。
しかもクロネコ便は、我が家に到着する宅配系で一番早く来る便です。
また、あとでわかったことですが、
発送の手続きをされた時間帯がちょうどカリが虹の橋に旅立った頃で・・・

そして、斎場に持って行く写真をプリントアウトできるんだろうか・・・と
不安に思う気持ちをまさに打ち消すタイミングで、カリはカタチを変えてやってきたと。
広島住所から。これ連れて行きんさい、と言わんばかりに。

さらに、まかないさんと雨音さんとやりとりの中で、まかないさんはこの絵をみて、
「なんか希望を見つめている感じがしてとてもいいと思います」と雨音さんにメールしていたそうで、
だから私が「ありがとうございます=^. .^=」の記事で書いた
「顔の周りは、希望の花、ガーベラで飾りました。」の一文をみた時には
びっくりしたんだそうです、いろんな思いが通じた気がした・・・と。


目に見えない現象や科学的に説明できないことについて否定的な方には、
何言ってんだ? 偶然に偶然が重なっただけじゃん・・・てことかもしれません。
事実、雨音さんはこのことを私に知らせてくださる時にその点を気にしてらっしゃいました。
私自身、霊感はまるでないし、スピリチュアルなんちゃら的なことに
のめり込むようなことは絶対にありませんが、
でも、現代の科学で説明できないからってあり得ないことと決めつけるのって、
人生ものすごく損する気はするんですよね。( ´▽`)

ま、そんなわけで、カリの魂は、太后さまらしく えらそうに 適確に、
最期を迎えるために必要な人・場所のところを飛びまわってたんだなぁと感じてます。


そのような経緯を経て、斎場に持参する遺影は用意できました。
斎場には、カリの保護主である友人も我が家から一緒に行くことになっていたので、
(彼女はかなり仕事が忙しく、平日であれば絶対に斎場には行けなかっただろうから、
 カリは彼女を思って、一緒に斎場に行ける日を選んだんじゃないかな・・・ ( ´艸`))
彼女が我が家でカリに最後のお別れをしやすいように、リビングのソファに
カリの棺箱を置いて開けて待っていると、それまで誰にゃんも近づかなかった棺箱に、


130327-1.jpg

ビブが近づいてきて、覗き込んだ!
手を伸ばしたり、中に入り込もうとしたりしないだろうか・・・と、
息を潜めて見守っていると・・・


130327-2.jpg

ただ覗き込んだだけで、すぐにスタスタと窓辺の方へ行ってしまいました。
それでも、ロックンや金四郎は、この日もまったく寄りつこうとしなかったんですけどね。
実はビブって、うちでは一番霊的なもの?を感じやすい子みたいなんですよ、
それについては最後に書きますが。



斎場での流れも、ご参考までに記録しておきます。


130327-petkasoitabashi.jpg 130327-3petkaso_in.jpg
左が、人間の斎場敷地内にあるペット斎場の入口。右はその中。最後のお別れをする部屋です。


カリの棺箱は、大判の風呂敷に包んでもっていきました。

130327-4.jpg

この風呂敷、カリの大脱走事件のあと、キャリーケースを包むために購入したもの。
仕出し屋さんで使われそうなかなりの大判です。

それから、カリとの最後のお別れの場所となるところに、
今朝届いた雨音さんが描いたカリの鉛筆肖像画と友人からのお花を飾りました。

130327-7.jpg



そして。
風呂敷をほどき、棺箱を取り出してふたをあけ、
カタチあるカリと最後の、本当に最後のお別れをしました。



蓋が閉じられます・・・




130327-5hako.jpg

ディノスかよっ!(笑)

この状況を目にするなり、友人と母はどうしてdinosテープはがさなかったの〜と言ってましたが、
私は、敢えてつけたままにしてたんですよ。

dinos・・・もしかしたら、


130328dinyas.jpg
以前、やらいちょうさんのところで展開されたディニャスシリーズ。( ´艸`)

やらいちょうさんところで、みどりちゃんとロックンが事業化(?)したdinyas に変貌して、
スムーズに虹の橋に運んでもらえるかもしれんし・・・( ´▽`)


そして、いよいよ・・・


130327-6.jpg


ほらね。dinyas がアクセントになってちゃんと魂を運んでくれるって感じでしょ?( ´艸`)

この後1時間ほど待って、そして、骨になったカリたんと対面です。

さすがに写真はないですよ。( ̄∀ ̄||)
撮る人いるのかな・・・

骨を前に、担当の方が、どこの骨かの説明をしてくださいます。人間の時と一緒ですね。
担当の方、さすが人間の斎場の方でサービス訓練を受けてるんでしょう、
情緒的すぎず、かといって事務的になりすぎず、ちょうどいい案配で対応してくださいました。

それから、私、母、友人の三人がそれぞれ骨を拾って骨壺に入れます。人間の場合と一緒です。
私は、足の骨を選んで入れました。虹の橋でも思い切り走れるように。。。
つて、最終的には全部骨壺に入れるんですけどね。(^-^;)

骨壺にカリの全ての骨を入れて、骨壺のカバーを選び、それで儀式はおわりです。

130327-8.jpg

この日の予報は曇りだったけれど、青空が見えてましたよ。


そして。
その日の夜。
ビブが、リビングの隅で、天井に向かって、しばらく啼いていました。

すぐに、カリがきてるんだな・・・ と思いました。

なぜそう思ったかというと、

ビブは、人におねだりする時にはよく啼くけれどその時は必ず顔を見て啼く子で、
 漠然と宙をみて啼くことは、過去に一度見ただけで、その時以外に記憶がない。

その過去に一度見たという時の状況は、私の父が亡くなった2日後の夜。
 父は実家で闘病・最期を迎えたので、すぐ実家近所に越していた私は、
 亡くなった翌日まで実家で父のそばにいて、亡くなった2日後に久しぶりに自宅に戻り、
 寝ようとしつつもなかなか寝つけなかった夜中、
 私の寝室の整理ダンスの上に乗ったビブが、この時も天井の隅をみつめて
 しばらく啼いていて。
 素直に、あ、父の霊だか魂が来てるんだな・・・と思った経験があった。

とまぁ、野次馬ビブですが、霊や魂に対しても、野次馬モードにスイッチが入る・・・
ってことですかねぇ。(^▽^;)


とにもかくにも、

130328-1.jpg

此岸ではちっちゃくなったカリ太后、
来週の4月2日で彼岸・虹の橋生活も早いもので1カ月経つんですよねぇ・・・
うまくやってるといいなー。( ´▽`)



himeojigi.gif RB_nb_KRgyu.jpg  RB_n_KaR_kuri.jpg

関連記事
スポンサーサイト

30 Comments

おむおむ  

ああ…また泣けてしまった……。
すごいですね。
カリさんは、わかっていたんだ。
カリさんに関わるすべての人たちのところに魂が届いたのですね。
そして、自分の遺影の写真を、クロネコヤマト( ´艸`)で送って来るだなんて。
実はうちも、ちょうどこのぱんとらさんのブログを読もうとした時に、クウが部屋に私を呼びに来て(私を呼びに来る時は別室で遊ぼうという時かお外に出たい時、またはお腹がすいた時。)、別室に行きたいような感じだったので、別室で私とクウはこのぱんとらさんのブログを読みました。
クウもじっと私のそばにいました。
何か通じるものがあるのかな…?
そしてビブちゃん、ぱんとら家を代表(?)して、カリさんと語っていたのですね。
猫さんにも、霊感が強い子っているのですね。
カリさん、良かったね。
今ごろ虹の橋で、ぱんとら家のことを自慢げに、貫禄たっぷりに語っているのかな( ^艸^)
今回も長いお話だとぱんとらさんはおっしゃっていられましたが、一気にすっきりと拝読させていただきました。
奇跡。。。?と、いうのかな?偶然、と言われればそれまでだけど、ぱんとらさんの愛はちゃんとカリさんに届いている、ということなのでしょうね。
これまでも。。。これからも。




2013/03/29 (Fri) 21:21 | EDIT | REPLY |   

とろろ姉さん  

私も霊感もなければ、いわゆるコワい話聞いても全くコワいと思えない大槻教授のような人間ですが(でも人間に驚かされるオバケ屋敷とかはコワい!^^;)..............

『巡り合わせ』『引き合わせ』『偶然』『必然』『奇跡』............あるいは全部合わさったもの............はあると思っています。

カリちゃんは、ぱんとらさんに愛されていたし、ぱんとらさんのことも愛していたし、みんなに愛されて応援されていたし、色々重なり合って、普通では考えにくいようなことがたくさん起こったんではないでしょうか。

カリョちゃん、お空に行ったり、はたまたその辺を飛んでたり、気ままに過ごしてるんじゃないかな〜〜??(^m^)
きっとそばに居る時も多いと思います!

骨..........ね、妹撮ってました。(^^;)
ワシも見ました。(^^;)
恐竜の化石みたいだけど.........りょくちゃんかぁ........って思いました。

2013/03/29 (Fri) 22:54 | EDIT | REPLY |   

うき  

こんばんはー。もう一ヶ月か、早いですね。
私は霊感とかないし、鈍いと思うけど、でも科学では説明しきれないことってあると思います。
カリさん、頑張って広島まで行ったんだねえ。すごい仕切りですね(笑)

ビブさん、そんなカリさんと今までのこととか、これからのこととか、会話してたのかな。
「これからは、あんたさんが頑張りや」とか言われて「いや、断わる。だって姫だし」とか?
今もまだ時々、会話してそう。不思議猫ビブさんだし^^

そういえばうちは深大寺と成城学園のお寺さんのとこと悩んで、
深大寺より少し近いし、最後くらい奮発と思って、成城学園のほうにしたんです。
そこは人間の墓所の奥に焼き場があったんですけど、敷地内ににゃんこが一杯、住んでました。
応接間で待ってたけど、息抜きに外に出るとネコズが来てくれて、ほっこりしました。

2013/03/30 (Sat) 01:02 | EDIT | REPLY |   

iomoca  

うん(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
こういう事絶対あると思います
私も霊感とかあまり強い方ではないけれど・・・
カリョちゃんの力は本当だと思います。
すごいな~~やっぱりカリョちゃんは頼れる家長ですね

素敵な絵
カリョちゃんらしいな
ちょいウルウル(T-T) 泣き虫だもん 許してね

うきさんもおっしゃってるけど、ビブ姫に託したんだろうな
これからの事!
今度はあんたが家長なんだからね!って・・
でもやっぱり拒否した気がする~~( ´艸`)
それもビブ姫らしいし(笑)

今のペットの火葬はこんな感じなんですね
うちの先代のにゃんときはこんなじゃなかったな~~
あ!二十歳だからつい最近の話だけどね
20年前の話じゃないからね(*≧∀≦*)

辛い話をいっぱいありがとうございました

2013/03/30 (Sat) 05:45 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

まかないさん、粋なことしますね〜。
しかも絶妙なタイミング。
そうなんですか広島にそんな縁が。
ペット葬をここまで詳細にみたことが無いので
非常に勉強になりました。
カリさん、こんなに大事に送ってもらえて
今は虹の橋でくつろいでいることでしょう。
ディノスには笑いましたよww

2013/03/30 (Sat) 08:38 | EDIT | REPLY |   

まろにゃん  

みんな縁でつながっている。
普段はあまり気がつかないけれど、
非日常じゃない場面では、その糸が見えるような
そんな気がするわ。
ディノスもカリちゃんにふさわしい。
きっとむこうで皆に自慢してるよね。
斎場でしっかり写真を撮るぱんとらさんもすごい!
その事も自慢してるだろうね~

2013/03/30 (Sat) 10:20 | EDIT | REPLY |   

まかない  

また号泣してしまいました。
カリちゃんは広島に縁があったんですね。不思議な縁ですね。
しかも、そこまですごくいいタイミングだったんですね。
でももっと早くお願いしていれば、カリちゃんにも見てもらえたんですけどね。
そこがちょっと残念でした。

ここまで立派に送ってもらったから、カリちゃんもちゃんとした遺影を飾って
欲しかったのかなぁ。
それで雨音さんに「早く描いて」ってなったんですかね。
うちは立派な葬式を出してもらったってスモちゃんやビリちゃんに自慢
してると思います。

気のせいかもしれないですけど、猫が何かを見てる、とか何かを感じてる
っていうのはありますよね。
モンちゃんにかまれた後、にらんでる目線が私の脳天の上を見てた時には
なにと戦ってるんだろうと(笑)ちょっと怖かったですけど。
モンちゃんがスモちゃんのような行動をすることもあるし。
スモちゃんはおじが亡くなった時、天をみつめてにゃんにゃんなきました。
霊媒体質な人間もいるように霊媒体質な猫もいるんでしょうね。
ビブちゃんがきっとそうなんでしょうね。
きっとカリちゃんが「来てるって言え」って言ってたんですよ。

2013/03/30 (Sat) 13:41 | EDIT | REPLY |   

まかない  

えーん、書いたのがなくなってるー。
思い出しながら書こう、しくしく。

カリちゃんは広島に縁があったんですね。
しかも、ここまでいいタイミングだったとは知らなかったです。
もう少しだけ早く雨音さんにお願いしていれば、カリちゃんにも見てもらえたのにな
と思います。そこが私には残念です。

すごく立派なお葬式をしてもらったから、ステキな遺影を飾って欲しかったんでしょうね。
だから雨音さんに「早く描いて」ってなったんでしょうね。
向こうで、スモちゃんやビリちゃんに、うちは立派な葬式だしてもらったって自慢してると
思いますよ。

気のせいかもしれないですけど、猫が何かを感じてるような時ありますよね。
スモちゃんはおじが亡くなった頃、天井を見てにゃんにゃんなきました。
モンちゃんは、私をかんだ後、にらんでる目線が私の脳天の上だったので、
何と戦ってるのかと(笑)、怖かったですけど。
霊媒体質な人間がいるように、霊媒体質な猫もいるんでしょうね。
ビブちゃんもそうなんでしょうね。
ないてたのはきっと、カリちゃんが「来てるって言え」って言ってたに違いない
です。

2013/03/30 (Sat) 13:50 | EDIT | REPLY |   

まかない  

ごめんなさい、あるじゃん 最初にかいたやつ。。。
すみません。
けっこうおぼえてるもんですね(笑)。

2013/03/30 (Sat) 13:51 | EDIT | REPLY |   

らちあに  

http://tareneko.blog80.fc2.com/

繋がりの中で生きているんですね、我々も猫さん達も。

2013/03/30 (Sat) 15:23 | EDIT | REPLY |   

まりまお  

さすがだね、カリちゃん。
最後まで自分の事を周りに指示して行くなんて。
不思議に思われる事も
そんな事ないって思ってても
やっぱり、ああ、そうなのかなあって。(^^)
これらもいっぱいミラクルを起こしてくれそうだね。

2013/03/30 (Sat) 16:27 | EDIT | REPLY |   

茶々にゃん  

もう1ヶ月だよね。
早いなぁ・・・

カリちゃんの絵、初め写真と思ってました。
とても素敵ですね!
カリちゃん、広島に縁があったのね。

私も霊感とかはないけど、こういう事ってあるよね。
人間も四十九日までは家に居てるって言うもの。

うちもあるよ。
海の声が聞こえたり、空が階段の所から上をずっと見ていたり。。。
よく海が降りて来るの見てたんですよね~
なんか海の気配がする時が今もあるよ。

カリちゃんもちょこちょこ帰ってきてるんだね。
そしてビブちゃんに色々お話してるんだと思う。


それから先代の弟が旅立つ時、決して仲良しではなかったけど
腹違いの姉ちゃんが傍にきて一緒に見送ったし、
空は殆ど啼かない子なのに、海が旅立った時大きな声で泣いたし、
ベッドに寝かせた海の所に行って何か話してるような感じだったよ。

みんなそれぞれ感じる物があるのですね。

カリちゃん、立派なお葬式をしてもらって喜んでるね。
きっと虹の橋でみんなに自慢してるよ!
カリちゃんは幸せだ!!!

ぱんとらさん、いつもコメありがとう!

2013/03/30 (Sat) 20:25 | EDIT | REPLY |   

海月  

すごいなあ、色んなことが示し合わせたようにかみあってる...
カリたん、去り際もあっぱれです。
肖像画のできばえもすばらしいわ。

2013/03/30 (Sat) 21:18 | EDIT | REPLY |   

nico.  

不思議なくらい、全てがつながって起こることって、ありますよね。
狙ったら絶対どっかでほころぶだろうなってことが、魔法が
働いてるみたいに。
ひょっとしたら、猫って大事な時には魔法が使えるのかも^^*。

雨音さんの絵、写真以上に想いが詰まってて
素敵です。(写真は写真の良さもありますが^^)。
最後を飾るのにこれ以上の物はないですね。
カリさんはみんなから愛されてたってことを再確認して
安心して虹の橋にお引っ越し出来たと思います。
今頃いっぱい美味しい物食べて、仔猫の頃のように
キャッキャ走り回ってますよ^^。

2013/03/30 (Sat) 21:52 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です

おむおむさん
すみません、今回は、極めて事務的に、ところどころ笑いを入れて・・・と書いたつもりが・・(^-^;)
そうなんですよね、すごいと見ればそうかもしれないし、
単なる偶然が重なったっちゃぁ偶然で処理できることで。( ´艸`)
クウちゃんも、何か感じてくれたんだろうか・・ 猫の感覚は、
人間にははかりしれないですもんね。
読んで下さって感想をお聞かせくださって、ありがとう。
そろそろカリさん供養記事は終わりです。うるさいカリも納得してくれたでしょう。( ´▽`)

2013/03/31 (Sun) 11:27 | EDIT | REPLY |   

雨音  

カリちゃん、お久しぶり!
あの時は本当にありがとうね。
カリちゃんの意思の強さはこれからも私の中で忘れられない大きな経験となったよ!

ぱんとらさんも綺麗に撮影して下さってありがとうです。
梱包を開けて私の画だと直ぐに解って下さった事にも嬉しい驚きでしたが
広島のお話、とっても深くて読んでて鳥肌が立ちました!

まかないさんと同じく私も号泣し、色々複雑な想いがありましたが
今になってみると全てカリちゃんが導いてくれた事なのかなって思わずにいられません。
ぱんとらさん、ホント凄い子と過ごしていたんですね。(名前負けしてないと思う。笑
出逢えた事、まかないさんにも感謝しなければ^^
描かせて頂き、本当にありがとうです。

私も霊感がある方だとは思ってないけど、暫くはぱんとらさんの近くにいるんじゃないかな~って思います。
そしてその後も度々遊びに来てくれると思いますよ^^

2013/03/31 (Sun) 13:45 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

とろろ姉さん
ぷははは、プラズマ原理主義者の大槻教授〜。ある意味あの人は
オカルト信奉者の表裏にあるからなぁ。( ̄∀ ̄||)
全部合わさったもの.....かどうかわからんけど、シンクロニシティはあるよね。
たぶん、愛情の深さとか関係なくそーゆー事象は起きる時は起きるとは思う。
私は死んだことも死にそうになったことないんで、空飛んだりはわからんのですが( ´▽`)、
私の祖父が臨死体験者で、死の淵から戻ってきた時には、
しばらく気持ち悪いことゆーてたよ、幽体離脱はあるみたいやね。
骨!撮りましたかー。(笑) 思ったんだけど、死に顔も人間の場合は普通撮らないよね。
うちの親族はこれまで撮ってなかったけど。猫や犬はフツーに撮るよね。(^-^;)

2013/03/31 (Sun) 17:14 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

うきさん
早いですよね、1カ月。猫にとっては4〜5カ月。
ビブロッキンの3にゃんずが、カリがいなくなった状況をどう考えてるのか、
知りたいんだけど、わかりませんにゃ。(^-^;)
あはは「これからは、あんたさんが頑張りや」とか言われて「いや、断わる。だって姫だし」
って笑える。
カリはビブのことライバル視してたから、自分の座をビブに譲る気はないだろなー。
ビブは、カリの目がなくなったからか、甘えに来る頻度がめっちゃ増えてますわ。( ´▽`)
お寺かぁ。お寺とか墓地って、猫さんけっこういるんですよね。野良も多い。
うちは、家の菩提寺(隣駅)にペット塚があるんで霊園やお寺は必要なかったんだけど、
とはいえ、そこの塚に骨を入れる気は今のところありません。
なので、荼毘に付した時は無宗教でした。だから今もお線香は焚いてない。

2013/03/31 (Sun) 17:45 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

iomocaさん
↑うきさんへのコメレスにも書いたんですが、
カリはビブに対抗心があったから、託すことはないだろなー。
ビブがカリに、どうしてそんなとこにいるん〜、なんで飛んでんの〜みたいな
ヤジウマ目線での疑問を投げかけてたんじゃないでしょか。( ´艸`)
最近のペット火葬って、火葬専用車で自宅付近までやってきて、
停車した場所でその専用車で火葬するってのが多いみたいよ、二十歳だからわかると思うけど。(^-^;)
そのスタイル以外のところを探したんだけどね。
お気遣いありがとう、でも、辛い話・・ではないんだわ、フシギと。

2013/03/31 (Sun) 18:48 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

やらいちょうさん
そうなんです、広島市内に住んだことのある猫です。
広島で目の専門病院にも行ってるんです、どのへんにあるのかな。
ペット葬ですが、棺箱が置かれた写真あるでしょう、
あの後、棺箱が、自動的に下に降りていくんですよ、
で、実際に火葬する場所は、あのスペースのさらに奥にあって、
下に一旦おりて、そのままベルトコンベアに乗って奥の火葬場へ自動的に進むしかけのようです。
よくできてます。( ´艸`)
それと、あのスペースに同時に入るのは、一組だけ。その気配りもよかったな。
ディノス・・・ マジであのテープはがす気になれませんでしたわ。( ´▽`)

まろにゃんさん
縁..... 「えにし」って感じだよね。
斎場の写真、入口付近のは私が撮ったけど、その隣の写真はサイトから拝借したもの。(^-^;)
斎場では、あのスペースに同時に入るのは1組だけだけど、周辺には何組かいて、けっこうみんな撮ってたよ。
てか、最期の写真とか撮ってて思ったのは、ニンゲンの最期の写真って、撮らないよねぇ・・・?
骨の写真はもちろんのこと、死に顔の写真も、少なくともうちの親戚・家族は
これまで撮ったことないんだけど、普通どうなんだろう。。。
猫だと撮るんだなぁ・・と鶏ながらすごく冷静に客観的に考えてた自分がいましたわ。
それでも、骨を撮らなかったのは、骨になって出てきたところに
カメラもって行くって感覚にはなれなかったから。
あと、骨撮りたかったら、あとで骨壺から出しゃいいか・・・なんてことも考えてたな。( ̄∀ ̄||)

2013/03/31 (Sun) 19:51 | EDIT | REPLY |   

クロタンママ  

ご無沙汰してしまって申し訳ないです。
コメントをなんて入れていいのか・・・
まずは、ご冥福をお祈りいたします。
今回の絵の話、本当にカリさんらしいですね~
縁とは不思議なものだなーっな感じました。
私も似たような体験をしたんです
だから余計に・・・
ディノスの箱、素敵な選択でしたね♪

2013/04/01 (Mon) 10:38 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

まかないさん
まかないさーん、何度も投稿してくれてありがとねー!( ´▽`)
そうなんですよ、広島、しかも広島市内に縁のある子だったのよ。
カリが広島に住んでた頃は、まかないさんはもうアメリカだったのかな・・
あの絵はカリが運んできたようなものだから、きっと見てますよー。( ´艸`)
早く描いて!は、Macがおかしくなりつつあるのを見越してたのかも。
カリが亡くなった翌週に、1年前の仕事にクレームがついたのよね、
1年前のだよ、なんで今になって。てか、カリの最期の週にクレームついても
おかしくないのに、まるで逝くのを待ってたかのようなタイミングだったの。
クレームが1週早くきてたら、満足のいく看取りはできなかった。って話はしましたね。(^-^;)
それも偶然にしても、ありがたい偶然だったな。あとしんどかったけど。( ´△`)

モンちゃんが噛んだあと脳天の上みてるのは、
しまったーと思って目線をあわせないようにしてるからだったりして?( ̄∀ ̄||)
叔父様が亡くなられた時に、スモちゃんも・・そうでしたか。
ビブはね、ほんとに天井向いて啼くことなんて、これまでにその2回しかないんです。
「来てるって言え」か・・・(笑) たぶんそう言われたら、ビブはびびって隠れちゃうだろうから、
野次馬ビブ、ふわふわ浮いてるカリが普通じゃない!と思って助けるつもりで、
「何してんのー」と呼びかけたって感じかなー。窮地や非日常な状況になると
必ずかけつける子だからね、ビブは。(^▽^;)

2013/04/01 (Mon) 18:07 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

らちあにさん
そうですね。スタンドアローンじゃ、人間は生きられないってことですかね。
猫は個で生きてる感じがしていたけど、実際飼うと違いますもんね。
外猫さんでも、ほとんどの子が、何かしら人間とのつながりを求めてるらしいですよ。

まりまおさん
まぁねー、自分のことを指示して逝ったとしたら
確かにたいしたもんだけど。(^-^;) まぁ偶然にしても、
偶然がこれだけ寄席集めたのはたいしたもんだなぁと。
ワタシ的には、実は最期の迎える寝床を、
ワタシのニオイのする引き出しを選んでくれたってのが大きくてね、
めっちゃきゅーんときすぎて、ちゃんと書くの忘れてたくらい。(^-^;)
いい意味での飼い主泣かせやわ。( ´▽`)

2013/04/01 (Mon) 18:20 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

茶々にゃんさん
早いですよね、1カ月。年取るはずよ。<ちがう(^-^;)
えええっ、海ちゃんの声が聞こえたり、気配がしたりって、
茶々にゃんさん、それって霊感感じてるってことなんじゃない?( ´艸`)
よく言うのは、なんの関連性もないところで、突然、亡くなった人やペットのこと
思い出すときって、近くにいるっていうよね。
まぁ、うちの祖父が、臨死体験していて、死の淵から戻ってきた直後って
病室で普通の態度で「○○さん(既に死んでる人)来たんか」と
誰もいない場所をみながら言ったり、みんなが自分の周りで悲しんでる姿を見た話等々、
びっくりすること言ってたよね。
霊の見える人は、気にしてたら生活できないって話だわねぇ。

くっちゃんは、海くんが旅立つとき、啼いたのかぁ・・・
想いを伝えたかったんだろうねぇ。(涙)
うちは誰も泣かず・・・( ´△`) 避けてたからなー。
でも、そういう子たちの方が多いようですよ。
ビブが天井を向いてないていたのは、荼毘に付したその日の夜だけ。
たぶん、そのあとは、カリの魂が浮遊していても、慣れっこになってきて、
野次馬モードにスイッチ入らないのかも。( ̄∀ ̄||)

カリは、いろんなところを転々としてきたから世渡り上手(笑)、
海くんともうまくやってるといいなー。(^ー^)

2013/04/01 (Mon) 18:47 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

海月さん
そうなのよ、示し合わせたように・・
まぁそれも人間の脳がそう解釈してるってことなんだけどね。(^-^;)
それにしても、都合良く解釈できるネタを
たくさん提供してくれたなぁと感心してます。( ´▽`)

nico.さん
猫に魔法・・ 確かに。
魔法使いの猫だから、化け猫なんて話に展開されるのかもね。( ̄∀ ̄||)
あぁ、カリは化け猫、猫又になりそうだなぁ。(笑)
確かに、雨音さんの絵がこなかったら、
ワタシはどの写真を選んだかな・・・とふと考えましたが、
すぐに思いつきませんでしたよ。(^-^;)
それにしても、虹の橋に有名猫がたくさん渡ってますよね、
案外カリさん、有名猫の腰巾着になってたりしてなー。( ´▽`)

2013/04/01 (Mon) 18:58 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

雨音さん
雨音さん、ほんとにありがとうございました!
↑まかないさんへのコメレスの時に、
なんで「早く描いて」って言いにいったのかなぁと考えて、
Macがトラブルのを予感していた?なんて書いてみたけれど、もっと簡単な話かもしれません。

実は、カリの写真ってあんまりないんですよ、カリさん、写真撮られるの好きじゃなくて、
カメラ向けるとすぐ横向いて、カメラ目線はほとんどもらえなくて。
そんなこともあって、カリの写真といってもロック中心に撮ったものになってしまい、
単独写真というと、闘病が始まってからのものがほとんど。( ´△`)
カリは、まちがっても闘病の時の写真は使われたくなかったのかもしれませんね、
それで、雨音さんに、早く描いて!と。
まぁ、いろいろ理屈がつけられるほどにネタを提供してくれて
思い出にしてくれるカリに、感謝ですわ。( ´▽`)

え? 今も近くにいるんですか? んーー、ワタシ、霊感ほんとにないわー。(^▽^;)

2013/04/01 (Mon) 19:06 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

クロタンママさん
こちらこそ、ご無沙汰してますーーー。( ´▽`)
すみません、気遣わせてしまって申し訳ない。

縁とは不思議なもの・・という体験をされたんですかー。
どういう体験なのかしら・・・
後付けで、物事に意味を持たせて関係性を見いだそうとすると
それなりに何かしらえにし的なものは見いだせるのかもしれないけれど、
それにしても、フシギですよね。普段は意識していないけれど、
何かどこかで..... もしかしたら4次元とは別の次元で.....
繋がってるってことなのかもしれない・・( ´艸`)
ディノスの箱。ステキな選択といってもらえると素直に嬉しいわー。(^▽^;)

2013/04/01 (Mon) 19:14 | EDIT | REPLY |   

shimeji  

カリたんが亡くなったのはついこの間の様な気がするのにもう1月経つのですか…
時間が過ぎ去るスピードの速さに愕然とします。

ペット斎場があまりに立派で豪華で、実はこれにも少々驚きましたw
ディノスの箱、良いじゃないですか! 素敵な思い出と一緒に送り出してあげられて^^

不思議な偶然が沢山重なって、しっかりとカリたんの最後を看取ってあげられて
本当に良かったと思います。
暫くの間は時々ふっと思い出して寂しくなったり涙が出たりする事もあると思いますが
それもまた自然な心の在り様ですよね…

2013/04/02 (Tue) 11:47 | EDIT | REPLY |   

kitcat  

ステキな絵

○ まさに、神が采配下としか思えないような、絶妙なタイミングで、カリちゃんの柄が届いたのですね…。
 とてもいい表情で、見ているだけで優しい気持ちと、そして勇気を与えてくれそうです。
 ちょっと前がののちゃんだったから、万感の思いがします。
 ただ、この別れがあったおかげで、他の人の悲しみが少し理解できるようになった、少しやさしくなったのかもしれないな… と自分では思います。
 カリちゃんには、何度もありがとうを言いたいな。       <ののちゃんより>

2013/04/02 (Tue) 15:56 | EDIT | REPLY |   

コメントありがとう  

管理人です^^

shimejiさん
斎場はビミョー感漂わせて立派でしたわ。(^-^;) でも待合室の建物は、
小さなプレハブで、手続きだけしたら後は、人用の斎場待合室で待つことができるので、
よく考えたな・・・って感じでしたよ。
それより、移動式の火葬車での火葬ってのが想像つかないのだけれど、
今けっこうあるみたいです。
そうそう、思い出すのは当たり前ですよね、でも、思い出話ってのが
まだまだ口にできないんですよ、自分でもフシギだなぁと。


kitcatさん&ののちゃん
偶然なんでしょうけど、あとでニンゲンがちゃんと意味づけできるように
これだけよく偶然を重ねてくれたなぁと、感心しています。(^-^;)
あ、わかります、愛猫など愛するペットを亡くされた方のその時の気持ち、悲しみが、
それぞれ違いはあるだろうけれど、ある程度リアルにわかるようになったな.....と。

↑気づかれましたか? カリの棺箱がソファの上にみえてビブが外見てる写真の
上左に見えるカレンダーは、ののちゃんのです。
先に逝ったののちゃんに、しっかり見守られてるカリ、なのですよ。( ´▽`)

2013/04/02 (Tue) 19:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment