王子降臨☆気まぐれロック魂

A cat has 9 lives*猫に九生,抱腹生活

04
Thu
2013

のら道

CATEGORYねこを読む

まずは、告知から。

■ 東日本大震災 被災動物救護シェルター『にゃんだーガード』写真展
2回目となる横浜での写真展は、7日(日)まで開催中。入場料無料です。

 130704_shasintenposter.jpg
 ◇開催日  7月3日(水)~7日(日)
 ◇開場時間 10:00~20:00
 ◇開催場所 かなっくホール 交通アクセス・map
       〒221-0044横浜市神奈川区東神奈川1-10-1
       ●JR東神奈川駅、京浜急行仲木戸駅から、
        連絡橋「かなっくウォーク」で徒歩1分
       ●東急東横線東白楽駅 徒歩10分
 横浜に続いて千葉、札幌・・・と全国巡回。スケジュールは実行委員会ブログでご確認ください。


■ 映画『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』@渋谷ユーロスペース、5日金曜まで。
神奈川・愛知・新潟でも公開中、その後全国順次公開。公開劇場情報は、こちら
intonekotoningento2.jpg
↑ 画像クリックで、予告編に飛びます。目を背けたくなるようなシーンはありませんよ。( ´▽`)
いのちの意味を問うドキュメンタリー。

写真展も映画も、東日本大震災で被災しながらも懸命に生きる動物たちと
そんな彼らを救おうとする人々の"いのち"に向き合う姿を映し出してるのだろうけれど(未見)
正直、自分自身のメンタルが充実していないとなかなか対峙できないコンテンツでもありますね。
映画、明日までかぁ、行けるかなぁ。


と、写真展と映画のこと考えてたら、ふと思い出した本。
『のら道』と書いて『のらどう』と読みます。The Spirits of the Wildsという副題も。

130704-norado.jpg 文・写真:石津昌嗣 
ひとことでいえば、のら猫の写真集なんですが、
猫をかわいく見せようとか端正に仕上げようという方向の写真ではなく、
また、センチメンタルにお涙頂戴的なニュアンスも直截的には感じられない、
まさにのらの生き様を投影したようなざらついた躍動感溢れるボケ・ブレ・逆光写真に
のら猫自身(?)の外連味のないまっすぐなコトバが添えられた、のらの生活を綴った写真集。

奥付のあとに「野良からのらへ」という14ページにわたる散文があるのだけれど、
これがねぇ、改めて読んでも、静かに心揺さぶられましたね。
ある晩、街で野良犬を見つけた話で始まるのだけれど、
後半では、飼ってる猫のガンのことも出てたりして、そうだったなぁ、
この本を買って読んだ時にはカリも病気じゃなかったなぁ、なんてことも思い出して。

 のら道とは、生きることと見つけたり。 
 The way of the "Nora-do" is found in life.

化粧扉の次本扉のコトバであり、締めの一文の最後のコトバであり。

何気にブックデザインのセンスがいいなと思ったら、
アートディレクションは、長友啓典でしたわ。


himeojigi.gif にゃんきんぐににゃにゃにゃにゃーん =^. .^=
  RB_b_150-60.jpg
関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

iomoca  

写真展は行けそうだわ
映画、横浜は来週までなんだけど・・・
行きたいな~でも行けないかな???う~~~ん
見たら間違いなく号泣だろうな
めちゃ泣き虫なんで・・・

のら道って、何か心に響くな
生きることと見つけたりか
私も色々考えないと!!なんてね

今日、ねこらんまん観てきました(*^▽^*)
なかなか良かったです
雅叙園のトイレが(*≧∀≦*)
って~何しに行ったんかしらね???へへへ

2013/07/04 (Thu) 20:20 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/05 (Fri) 01:07 | EDIT | REPLY |   

やらいちょう  

岩合さんのような野良猫写真も好きですけど
演出の少ないストレートな写真も興味ありますね。
ありのままの野良さんの姿を見る側も先入観無く見るべきでしょう。
週末に本屋で探してみます。

2013/07/05 (Fri) 07:58 | EDIT | REPLY |   

まや*  

「犬と猫と人間と」、見に行きたいけどこっちではないんですよね〜;;
(前回もなくって;)
『のら道』は知りませんでした、、
表紙の写真もいいですね。
また今度チェックしてみよう!
↓そういえばだいぶ前の記事で、ちらっと三味線のことにふれてたような、、、
私も三味線今はキライです。理由は、ね、;;
でも大ぼけの私は、小さい頃、三味線はネコさんからなんだよって聞かされた時、なぜか、自然に落ちたネコさんのヒゲを使ってるんだと勝手に解釈し、
それから数年後事実を知った時は驚愕でした;;;
でもうち、三味線あるんです><;←ばーちゃんので、見た事ないけど;;
↑ぴゃーたくん、お見合い決定おめでとう♡!!

2013/07/05 (Fri) 18:29 | EDIT | REPLY |   

nico.  

そちらでは、いろんな動物に関する催し
がやっているんですね。

『のら道』、スピリッツ・オブ・ワイルド。
ただただ無心にひたすら「生きる」ことのみに
執着する姿は(野生の動物のように)、それだけで
心にずしんと来るエネルギーがありますね。
だから、自分のメンタルが充実してないと・・・って
の、すごくわかります。
私、動物映画とか動物絡みの本が苦手で^^;
きっとメンタルがヤワヤワなせいだなあ。

でも、目をそらすばかりじゃダメだなとも
思うのは思うんですけどね。。。

2013/07/05 (Fri) 21:26 | EDIT | REPLY |   

おむおむ  

『がんばって生きているよ』
正しくそうですよね。
一昨年の年末あたりにテレビで見たのですが、愛護団体の方たちが避難区域に行き、限られた時間の中で必死になって残された動物たちを救おうとえさで呼んだりして、それはもう大変そうでした。
動物たちも怖がったり警戒したりしているので。。。
私もメンタル弱いです(:_;)
だからこういう写真展に行くと、必ず泣きじゃくるだろうなぁ。。。
でも近くでやっていたら行きたい。
ハンカチ持って。

え!あのぴゃ~たくんに良いご縁が♡♡あの、いつも我々に自分のシンボルを見せびらかしてくれた(くれた!?)子ですよね!?(笑)
子猫の成長は早いもの。どんな大人猫さんに成長してくれるでしょうね(^^)


2013/07/05 (Fri) 21:59 | EDIT | REPLY |   

まかない  

震災の映画、政治家にも見てもらいたいですよねぇ。
まともな神経な人の方が苦労する。。。なんて世の中なんでしょうね。

長友啓典って誰なのってぐぐったら、ああー、あの広島の犬のポスターの人。
あのポスター欲しかったんですよね。
いいですね、あの人のアート。

のらさん達はかわいそうでもあり、自由でもあり、美しくもありますよね。
顔つきが飼い猫さんとは全然違いますよね。
里帰りしたら見てみよう。

2013/07/06 (Sat) 14:33 | EDIT | REPLY |   
ぱんとら">

ぱんとら  

コメントありがとう^^

ぱんとら">

iomocaさん
そうそう、のらたちの生きている姿そのものから、生をあり方を感じる.....というか、
人の道に通じているようなところもあるんだろうね、そんなことも書いてあった。
「ねこらんまん展」なかなか良かったですか。(笑)
雅叙園のトイレ、有名よねぇ。あそこもしっかり観光スポット。( ´艸`)

2013/07/07 (Sun) 10:23 | EDIT | ぱんとらさん">REPLY |   
ぱんとら">

ぱんとら  

コメントありがとう^^

ぱんとら">

鍵コメさん
この写真展の告知紹介を記しながら、鍵コメさんのこと思い出してました。^ ^
自分のできることをしっかりやってらして、ステキだなぁと。
私も無理せずできること.... 結局は些少の寄付になってしまうのだけれど、
それでも、どんな形でもコミットすることとそれを続けることが大事だと思ってます、
つて、言うほど簡単なこともでもないのだけどね。(^-^;)

2013/07/07 (Sun) 11:34 | EDIT | ぱんとらさん">REPLY |   
ぱんとら">

ぱんとら  

コメントありがとう^^

ぱんとら">

やらいちょうさん
実は、岩合さんの写真展のことを記事にした時に、
写真展を観に行かれた保護活動をされている方から、
「外猫の厳しい現状を考えると、わあ!可愛いでは済まされない気もしましたが
猫のたくましさを見て安心しました」というメールをいただいて、ものすごく共感したんですよね。
だから何だ?ですが、まぁかわいいってだけじゃないぞってことで。( ̄∀ ̄||)
そんなことをやらいちょうさんのコメントみて思い出しました。

2013/07/07 (Sun) 11:43 | EDIT | ぱんとらさん">REPLY |   
ぱんとら">

ぱんとら  

コメントありがとう^^

ぱんとら">

まや*さん
まやちゃん、こんにちは。「犬と猫と人間と」はDVDになって出てますね、
図書館で扱ってくれればいいんだけれど。誤解を恐れずいえば、
まやちゃんのような外の猫に理解があって実情を見る目を持ってる人よりも、
現実をよく知らない方に観てもらうべき映画だと思います。( ´艸`)
三味線のこと、文楽の話の中で書きました。練習用は犬の皮ってことが衝撃的で。
日本の伝統楽器でだけれど、いずれは人工皮革かそれに代わるものでつくることになるんだろうな。。

2013/07/07 (Sun) 11:55 | EDIT | ぱんとらさん">REPLY |   
ぱんとら">

ぱんとら  

コメントありがとう^^

ぱんとら">

nico.さん
写真展は、大阪では8月末から、映画の方は、7月13日から大阪でもやりますよん。( ´艸`)
野良や不幸な猫たちの実態を知らない方々(けっこう多い)に少しでも現実を
知ってもらいたいってことだと、いいように?解釈しています。
てか、nico.さんがおっしゃってる部分、多数の人の感情にあることで、
そこを無理なくクリアすることが訴える側の最初のハードルなんだろうなとも。
だから、猫写真家でもある岩合さんのこのあとの言動に期待したり。( ̄∀ ̄||)

2013/07/07 (Sun) 12:08 | EDIT | ぱんとらさん">REPLY |   
ぱんとら">

ぱんとら  

コメントありがとう^^

ぱんとら">

おむおむさん
ボランティアの方々の活動には本当に頭が下がるばかりです。
被災地はペットもさることながら、家畜たちは経済価値がなくなったということで
殺処分されてしまう、あるいは餓死・・ 動物愛護の観点にとどまらず
「いのち」とどう向き合うか、大きな課題であることが浮き彫りにされましたよね。
疲れてても、胸にずしんとくる内容のものは観るのを躊躇しますよねぇ。
そーなんですっ、ぴゃーたくん、いつもωを誇示していた(笑)あの子です。
どんなオトナ猫さんって・・オトナになってもω見せびらかしてたらいやですね。( ´艸`)

2013/07/07 (Sun) 17:32 | EDIT | ぱんとらさん">REPLY |   
ぱんとら">

ぱんとら  

コメントありがとう^^

ぱんとら">

まかないさん
政治家でもみんながみんなどうしようもないヤツってわけじゃないんですよね。
愛護法を実態に即したものに変えるのに奔走する議員もいるし。
それにしてもABEはどこへ向かおうとしてるのか・・
広島の犬のポスター、私もググッて確認。「ヒロシマ・アピールズ」のポスターと
PIECES FOR PIECEのポスター、すごくいいな。どちらもK2の相方黒田征太郎のイラストなのね。
「のら道」、最初に登場するのらくん、自ら「家」を拒否してのらを選んだ・・・という設定。
そうそう、のらさんが家猫になると、表情が柔和になりますもんねぇ。

2013/07/07 (Sun) 17:48 | EDIT | ぱんとらさん">REPLY |   

Leave a comment